〈現地写真多数〉「今まで、こんなこと一度もなかったのに…」豪雨被災者がこぼした驚きと悲しみが入り混じった“悲痛な心情”

〈現地写真多数〉「今まで、こんなこと一度もなかったのに…」豪雨被災者がこぼした驚きと悲しみが入り混じった“悲痛な心情”

土砂流出・大雨により、多くの道は通行止めになった

 2022年8月3日から5日にかけて、東北と北陸地方を豪雨災害が襲った。複数の一級河川が氾濫。結果的に多くの家屋が浸水するなど、大きな被害が発生している。

 福井県の中央部に位置する南越前町今庄では、8月3日から雨が振り始め、24時間降水量が357ミリ、6日までの降水量は426ミリに達し、その降水量は観測史上最多だ。この大雨により河川が氾濫し、山は崩れ、全ての交通網が寸断された。JR北陸本線、北陸自動車道、国道8号をはじめ、その他の国道、県道、林道など全てのルートが断たれ、福井県の北部と南部は完全に分断されたかたちである。

■発災から3日が過ぎても断水は続く

 なお、筆者の義理の両親は福井県南越前町に住んでおり、義母と電話で会話は出来ているが、高齢者の二人暮らしで、義父は耳が聞こえない。義母は雨が収まった後、道路上を横切る濁流を飛び越そうとして転倒し、危うく川へ流されそうになったという。その際、両脚を強打して負傷してしまい、車を運転することができなくなってしまった。

 発災から3日が過ぎ、初の週末を迎えたが、依然として断水が続いているという状況であった。

 そこで、私は岐阜県の自宅を出発し、一人で南越前町の両親宅を訪れることにした。普段から酷い道を走り慣れているという背景もあってか、妻からも「両親の様子を見て来てほしい」と頼まれた格好である。

 事前に調べた情報では、「現地に行く道はない」「高速道路や主要な国道・県道にも通行止めの情報が出ている」という状況だった。

 私はといえば、通行止めの情報が出ていない道を片っ端からあたってみようと思い立ち、まずは県を跨ぐ林道へと向かう。しかし、福井県に入るまでもなく、岐阜県内で土砂崩れによって行く手を阻まれたのだ。

 続いて滋賀県から国道365号を進んでみることとする。しかし、滋賀県内でも浸水の被害が発生していた。

■全ての道が物理的に通ることのできない状態……

 重機で作業をしていて通れなかったため、休憩のタイミングを待って声をかけてみる。事情を話すと、「この先の状況は分からないが、とにかく行けるところまで行ってみなさい」と言ってくれた。道路上の障害物を避けて蛇行しながら走行したが、福井県に入ったところで道路上の大量の土石流に遭遇。それ以上進むことはできなかった。

 国道8号は通行止めが続いている。並行する海沿いの国道や、実質的に廃道となっている県道で迂回を試みたが、いずれも失敗に終わった。そのほか、計9つのルートの可能性を探ったが、結局、全ての道が物理的に通ることのできない状態だった。この日は、南側からは絶対に両親宅へ行けないことを確認し、帰宅した。

 昔から豪雨災害は日本中で発生していた。台風を起因とするものがほとんどだったが、近年では単に大気の状態が不安定というだけで線状降水帯が発生し、豪雨災害に発展することも少なくない。

 大量に降った雨は濁流となり、川に架かる橋を押し流してしまう。山の許容量を超える豪雨は、土砂崩れや土石流を引き起こす。2018年の西日本豪雨や、2021年の熱海市伊豆山で発生した土石流災害は記憶に新しいだろう。土石流のパワーは凄まじく、家屋を簡単に粉砕する。

 また、河川に流れ込んだ大量の雨は、氾濫を発生させる。川から溢れた水は、人や車を押し流し、簡単に人命を奪ってゆく。岐阜県の可児川で2010年に発生した災害では、奥様が流され行方不明となっている男性から、直接話を聞いた(詳細は こちらの記事 で紹介している)。思いもよらない瞬間に日常が終わり、それは二度と戻ってこない。とても他人事とは思えなかった。

 翌日、発災4日後となる日曜日は早朝からスタートし、東海北陸道と国道158号で大きく北側へ回り込んだ。このルートで福井市方面へ行けることは分かっていたが、その先、南越前町へは通行止めの情報が出ていた。そのため前日は避けたのだが、もうこのルートしか可能性が残っていない。

 途中、検問があったが、南越前町に行きたいと伝えると通してくれた。今庄駅が近づいてくると、災害の生々しい痕跡が目に入ってくる。見慣れた店が泥まみれになっている姿が視界に入る。心が痛い。

 駅前を過ぎると、バリケードが設置されていて足止めされてしまった。両親の家は、まだ先だ。もうこの道にしか、可能性が残っていない。私はバリケードの前に立っている方に声をかけた。

「そこまでなら通れますよ!」とゲートを動かしてくれた。これでやっと両親宅へ行ける。そう思ったのも束の間、前方をよく見ると、道が無い。

 2車線ある車道の大部分が、道路の南側を流れる日野川によって削り取られていたのだ。崩れ落ちた路面に、オレンジ色のセンターラインが一部だけ残っている。

 現場の方の指示に従い、歩道に乗り上げて可能な限り北側に寄って走行する。南側はアスファルトが残っていても、その下に地面があるとは限らない。アスファルトごと崩れ落ちて川に転落してしまうかもしれない。通行させてくれたことはとてもありがたい。とはいえ、生きた心地はしなかった。ゲートを開けてくれたとはいえ、こうした場面では当然のことだが、自己責任での通行となる。

 慎重に通り過ぎたが、その後もアスファルトが剥がれていたり、沢の水が道路上を横切っていたりと、難所が続く。何度も通り、見慣れたはずの道路だが、あまりにも変わり果てており、現実の光景とは思えなかった。

■事前の想像を遥かに上回る被災状況

 慎重に運転して両親宅に到着すると、二人ともお元気そうで、ようやく緊張が解ける。

 発災時のことを聞くと、経験したことがない大雨が長時間降り続いていた当時のことを話してくれた。

 バケツをひっくり返すというよりも、「消防のホースで放水されているような状態がずっと続いた」「集落を流れる小川に架かっている橋に、上流から流れてきた建築資材が引っかかっていた」「1時間後に様子を見に行くと、橋ごと流されて無くなっていた」のだという。

 避難所に行くこともできず、濁流が自宅まで30センチの距離に迫ったそうだ。家のすぐ裏は山の斜面である。不安な夜を過ごしたことは容易に想像できる。

「集落内にも土砂が流入していて、沢の水が道路上に流れ続けている……」とも伝えてくれた。そこで、私は「水の流れだけでも変えることができないか……」と、車からショベルを取り出して現場に向かった。

 しかし、現場を見ると、事前の想像を遥かに上回る状況であった。

■「今まで、こんなこと一度もなかったのに……」

 少なく見積もっても、ダンプカー数台分の土砂を取り除かなければ、水の流れを変えることもできないだろう。

 無力感を感じながら、私は義母の車を運転し、街へ給油と買い出しに行くことにした。義両親は発災以来、一度も集落から外に出ていないという。国道上に流れ出す土砂、道路脇に撤去された大量の流木、そして崩れ落ちてしまった道路を見て、とても衝撃を受けていた。

「今まで、こんなこと一度もなかったのに……」

 義母の言葉には、驚きと悲しみが入り混じっていた。山からの土砂に埋もれている家も、泥水に浸かっている家や店も、みな親交のある人たちのものだ。

 義母によると、この地区が水害に見舞われたのは、江戸時代以来のことだという。

 同じ町内に住み発災から4日が過ぎていたものの、被害の全容を全く知らなかったのだ。そして「こんな怖い道、脚が良くなっても私には運転できない」とも話した。これは実質的に孤立している状態。しかし、自らがそうした状況に置かれていることも知らなかった。

 孤立した被災エリアには、驚くほど情報が入ってこない。東日本大震災の時、沿岸部で津波の被害に遭った友人は、自分の街だけが被害に遭ったと思っていた。豪雪被害で数日間、孤立状態になった友人は、自分が置かれている状況が分からず、それが一番不安だったという。救援が明日来るか、1週間後に来るか、もっと後になるか、全く分からなかった。食料や水も欲しいが、一番欲しいのは情報だったと話した。災害時に情報を積極的に届けることの重要性を、改めて認識した。

 市街地では、今庄駅も浸水し、線路上には泥が溜まっていた。駅周辺では、民家は床上まで浸水し、多くの人たちが泥まみれになりながら、瓦礫と化した家財道具を運び出したり、泥を掃き出したりしている。

 北陸本線の線路設備も大きな被害を受けていた。軌道敷の砕石が流出し、歪んだレールが宙に浮いている。じっとしているだけで汗が噴き出す炎天下で、懸命に復旧作業が行われていた。

■地元を知り尽くした「土建業者」の尽力

 被災地域では、多くのダンプカーや重機が行き交い、砂煙が舞い上がっている。大規模な災害が発生した時、人命救助をする上で真っ先に行うことは、道路を切り開くことだ。多くの救助隊が現地に入り、負傷者を運び出すためには道路が必要不可欠だ。道路上の瓦礫や土砂を取り除いて、とにかく緊急車両が通れるようにすることを“道路啓開”という。

 その後、道路を整えて復旧し、一般車両も通れるようにする。そうすることで食糧などの物資の輸送が可能となり、助かった命を繋ぎとめることができる。

 道路啓開や復旧の作業には多くの組織が携わるが、その中心にいるのは、いつも地元の土建業者だ。すぐ動ける距離に重機があり、オペレーターがいる。何よりも地元を知り尽くしている。民間企業の人たちだが、時には二次災害の危険も顧みず、命懸けで作業にあたる。

 土建業者は、普段は道路や建物を造ったり、維持管理を仕事としている。だが、ひとたび災害が発生すると、人命救助の最前線で活躍するのだ。公共事業を削減すると、廃業を余儀なくされる土建業者も少なくない。

 無駄な公共事業は削減されるべきだ。つまり、無駄な事業に税金を使うことが問題であろう。人々の役に立つ公共事業を継続的に発注し、各地で頻発する災害に備えておくのは、必要なコストであるとも私は考えている。

 義母を自宅に送り届け、帰路についた。行き着くまでに2日を要し、帰りも大きく迂回して大変な道のりだったが、来た意味はあったと思う。現地に来ず、テレビ等の報道だけを見ていれば、ここまで大きな被害が出ているとは分からなかっただろう。

 そして、完全に分断されてしまった道路や鉄道を一刻も早く復旧させようと奮闘する人々や、浸水した家屋の片づけを手伝う多くのボランティアの人々の姿があった。

 現地に来たからこそ分かったこと、現地に来なければ得られないことは、実に多い。

 現在、鉄道や主要道路は急速に復旧が進んでいる。国道8号は8月9日に片側交互通行で開通し、北陸道も上り線のみではあるが10日に通行止めが解除された。JR北陸本線はお盆直前の11日に運転を再開するなど、分断状態は解消された。

 生きた心地がしなかった崩れかけた道だが、実は歩道と車道の間にある縁石を全て撤去し、道路啓開によって通行可能とした道だった。さらに驚くことに、私がヒヤヒヤしながら通行した翌日、北側に新たな舗装路が完成し、安全に通れるようになったと、義母から報告があった。災害からわずか数日で、何もなかったところに舗装路が新設されていた。被災したインフラの復旧の速さには、いつも驚かされる。土木の力は、災害時にこそ真価を発揮するのだと思う。

 災害で負傷された方のご快復と、被災された全ての方が一日も早く日常を取り戻し、安心して生活できる日が訪れるよう、心から願っている。

(鹿取 茂雄)

関連記事(外部サイト)