「主婦が消費者金融からお金を借りるのと一緒ですよ」106億円を“溶かして”逮捕の大王製紙元会長は、出所後なぜカジノに戻ったのか?

「主婦が消費者金融からお金を借りるのと一緒ですよ」106億円を“溶かして”逮捕の大王製紙元会長は、出所後なぜカジノに戻ったのか?

「主婦が消費者金融からお金を借りるのと一緒ですよ」106億円を“溶かして”逮捕の大王製紙元会長は、出所後なぜカジノに戻ったのか?の画像

 2011年、ある衝撃的なニュースが巷間を騒がせた。大手製紙会社・大王製紙の会長だった井川意高氏が会社法違反(特別背任)の容疑で東京地検特捜部に逮捕されたのだ。

 逮捕の事実はもとより、それ以上に世間に衝撃を与えたのが、カジノでの負けを埋め合わせるため子会社から「106億8000万円」という大金を借入れていたことが明らかになったことだった。

 17年に4年間の刑期を終えた井川氏は、この6月に 『溶ける 再び そして会社も失った』(幻冬舎) を出版した。そこで明かされたのは、出所後に再びカジノへ足を踏み入れ、再度9億円もの大金を溶かしたことだった。

 ギャンブルに取りつかれた男は、なぜ再び沼に足を踏み入れたのだろうか――?

◆◆◆

■ギャンブルで味わった“脳髄が痺れる感覚”を味わいたくて

「精神鑑定を受けたらギャンブル依存症だと言われました。でも、僕自身はそんなことはないと思っているんですよ。遊びのなかで何が好きかと言われたら、ギャンブルが好きなだけで、その程度なんですよ。

 実際に刑務所に入って、ギャンブルができない時は、やりたいなんて一切思いませんでしたから。まぁその程度といいつつも106億円も溶かしてしまったんで、自分でも限度は超えていると思いますが……」

 淡々と語る井川氏の口調からは、100億円を超える金額を失ったという悔恨や、それでもまたカジノに足を向けてしまったという後悔の念を感じることは全くない。

――一般人の感覚からすると、106億円もの大金を失ったら、二度とカジノに近づかないのではないかと思います。出所後に再びカジノに行ったのはなぜなのでしょうか。

井川 普通は「二度とギャンブルなんかするもんか」と心に誓うと思うんですけどね。なぜか出所するとふと、ギャンブルで味わった“脳髄が痺れる感覚”を味わいたくなった。そう思ったら居ても立ってもいられず、すぐに3000万円をバッグに詰めて、また韓国のカジノに行ったんです。

■ディーラーと文通し、刑務所内で高級車を大量購入

――そもそも106億円を失っているわけで、原資はどこから……?

井川 もちろん106億円は大金です。ただ会長職を首になったとはいえ、大王製紙本体やグループ会社の株を持っていたので、それを売ったりして工面しました。刑務所にいるときも、自動車雑誌を取り寄せて、刑務所内から馴染みのディーラーに文通で指示しながら、限定版のフェラーリを買ってもらったりしていましたから。

 当然、刑務所に入っているので実際に車を眺めたり乗ったりすることはできないんですけどね。それでも「刑務所から出たら、どの車に乗ろう」とか考えているのが楽しかったんです。

――普通の人とは感覚がだいぶ違いますね。

井川 買いそろえた車は、たぶん20台くらいだったのかな。全部、渋谷にあるセルリアンタワーの地下の駐車場に止めていたんです。駐車場代が1台で8万円かかるので、毎月100万円以上かかっていたんですよ。出所後になんだか急にバカらしくなって、刑務所を出たあとすべて手放しましたね。

 結局、車に乗るのが楽しかったわけじゃなくて、刑務所内で「車に乗ってどこにいってみようか」と考えている時間が楽しかったんだと思います。そうして車に飽きると不思議なものでまたカジノ熱が出てきたんですよね。

■本物のギャンブラーにはゴールがない

――そこから再びギャンブルの「沼」に足を踏み入れるわけですね。

井川 韓国のカジノではまず、4日で3000万円が9億円まで増えました。全部バカラです。ただ、過去には150万円まで負けが込んでから、一気に23億円まで増やした経験があったんです。あの時の脳髄の痺れを経験してしまうと、どうしても物足りなさを感じてしまいました。

 ギャンブルって「臨死体験」なんですよ。使ってはいけないお金にまで手を出して、「さすがにこれ以上負けるとやばい!」というところから、運の流れがまわってきて、一気に勝ちを積み上げていくことがある。“マジック・モーメント”とか言われますけど、そのときの脳髄が痺れる感じは何にも代えがたいんです。

――9億円ものお金を手にしたら、「この辺で勝ち逃げしよう」という考えにはならないんですか?

井川 9億円の時点でやめられる人は、そもそも9億円まで増やせないんですよ。100万円が1000万円になって、「あ、これで欲しい車が買えるからやめよう」と思える人は、逆に1億円までは増やせない。

 私の場合は1000万円になったら、「次は2000万円だ、その次は3000万円だ」と終わりがない。本物のギャンブラーにはゴールがないんですよ。結果的にその韓国で勝った9億円も全部溶かしてしまいましたから。

■韓国で9億円負けた後に、シンガポールのカジノへ

――9億円ものお金が手中から消えるという感覚がまったく想像できないんですが……。

井川 そこは額によって変わらないと思いますよ。主婦が旦那のへそくりにまで手を出して、それでも足りずに消費者金融からお金を借りて、「この次の金策はどうしよう……」とぞわぞわするケースってあるでしょう。それと同じ感覚です。

 実際にバカラをしている様子も、周りからするとディーラーと2人で淡々とやっているように見えるみたいです。額が大きいと一回一回、はしゃぐかと思われがちですけど、全然そんなことはなくて。VIPルームではありますけど、やっていることは静かにカードをめくっているだけ(笑)。

――出所後に再び大負けして、そこで「ギャンブル卒業」とはならなかった?

井川 実はいまはもうカジノに行ってないんですよ。韓国で9億円負けた後に、シンガポールのカジノに行ったんです。当初の軍資金だった1000万円がなくなり、デビットカードの限度額までおろして、さらに1500万円。それも溶けたので、日本にいる知り合いに電話して、シンガポールに住んでいる知人の口座にお金を振り込んでもらって、結局それもなくなったのでトータル4000万円の負け。

■今は96度のスピリタスを飲んでいる時が一番楽しい

 その間、カジノに1か月間延々とこもってバカラをし続けたら、さすがに飽きましたね。いまは“バカラED”の状態ですよ。そのあとちょうど新型コロナの影響で海外にも行けなくなったので、それ以来カジノは行ってないです。

――それだけ負けたらカジノにはもう二度と足を踏み入れない?

井川 正直わからないですね。一連の出来事を本に書いたことで人生を振り返りましたけど、決して悟ったわけではないですからね。周囲の人からも「井川さん、またやりそうだね」って言われています。

 今は毎晩飲み歩いて、96度のスピリタスを飲んでいる時が一番楽しいですね。アルコールだとギャンブルと違って生物的な限界がありますから(笑)。深みにはまりすぎないからちょうどいいんですよ。

インタビュー撮影=釜谷洋史/文藝春秋

「人間って遊園地の1日券を持って生まれてくるようなものだと思うんです」 カジノで106億円失った大王製紙元会長が“絶望しなかった”ワケ へ続く

(味道苑)

関連記事(外部サイト)