統一教会「合同結婚式」韓国人夫との“韓日祝福”で地獄を見た日本人花嫁の告白「1人目はDV。2人目は金を使い込み失踪」

統一教会「合同結婚式」韓国人夫との“韓日祝福”で地獄を見た日本人花嫁の告白「1人目はDV。2人目は金を使い込み失踪」

万単位の信者が式に参加 ©共同通信社

 統一教会(現・世界平和統一家庭連合)への批判が高まる中、「合同結婚式」の存在に注目が集まっている。

 数万人の信者が一堂に会して行われる合同結婚式は教団内部では「祝福式」と呼ばれる。「原罪から解放され、救済が実現する唯一の方法」だと教えられ、信仰生活の最大の目標となっている。結婚相手の選択を教祖・文鮮明(2012年死去)に委ねたかつての合同結婚式では、外国人男性に嫁ぐ日本人女性信者が続出。縁もゆかりもない異国の地で生活してきた“日本人花嫁”は世界に約1万人いるとされている。

 そんな合同結婚式に参加した“元日本人花嫁”が「週刊文春」の取材に応じ、結婚後に経験した生き地獄の様子を赤裸々に明かした。

■母の目の前でも暴力を振るう2つ年下の韓国人と結婚

 小誌に壮絶な体験を語ったのは、冠木結心氏。統一教会の元2世信者で「カルト宗教からの脱会」3部作の著書がある。

 冠木氏は21歳だった1995年、合同結婚式に参加した。「相手は文鮮明教祖が『7代前までの先祖の因縁を霊視して決めた』という韓国人男性」で「中卒で仕事も家もない2つ年下の男性」(冠木氏)だったという。

 夫は日本語をろくに話せないまま来日。同胞が多く住む新大久保に入り浸るようになり、飲んだくれては朝帰りをした。気に入らないことがあれば、冠木氏の顔や頭を殴りつけたという。冠木氏が言う。

「夫は母の目の前でも私に暴力を振るうようになり、日本に来た目的が、永住権を得ることだったとも分かりました」

 冠木氏は、生まれたばかりの娘を連れ、1年あまりで離婚の道を選ぶことに。「統一教会では離婚がご法度であり、霊界を信じていた私はこれでもう天国に行けないと覚悟しました」と打ち明ける。

■「天国に行けない」二度目の合同結婚式に参加するも…

 2002年、冠木氏は2度目となる合同結婚式に参加する。「夫婦にならないと天国に行けない」との教えを信じていたからだ。相手はまたしても韓国人男性。冠木氏は、日本を出て韓国へ移住した。

 ところが、冠木氏の2番目の夫は当初、「8つ年上の大卒」と伝えられていたが、実際は14歳上で、学歴もデタラメ。しかもアルコールとニコチン依存症の日雇い労働者だった。

「生活を始めてから、夫は私のクレジットカードを使い込みました。その返済に追われ、私は最終的に自己破産しています」(冠木氏)

 やがて夫は飲食店経営に乗り出したが、借金を抱えていた彼は、闇金の取り立てに怯えて失踪。2番目の夫との間に2人目の娘を授かっていた冠木氏は、その3カ月後、母子3人で夫が逃げ込んでいた田舎の集落に合流する。しかし、そこではさらなる“地獄”が待っていた??。

■韓国で暮らしている日本人女性信者は7000人ほど

 かつて在韓邦人信者の生活を調査した大阪公立大学大学院文学研究科都市文化研究センターの中西尋子研究員が語る。

「統一教会が日韓間の祝福を本格的に開始したのは1988年、6500組の合同結婚式からで、桜田淳子さんらの参加で話題になった1992年の3万組、1995年の36万組でさらに多くの夫婦が誕生しました。調査は2001年から08年にかけて行いましたが、韓国で暮らしている日本人女性信者は7000人ほどとされています。大半が『韓日祝福』で海を渡った日本人花嫁とみられます」

 現在配信中の「 週刊文春 電子版 」では、冠木氏が統一教会を脱会して地獄を抜け出せた理由、数々の日本人女性を悲劇に追いやった教団の“姑息な男性信者集め”の実態、そして「韓日祝福」の家族で起こった殺人事件など、合同結婚式に参加した“日本人花嫁”がたどった末路を詳しく報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年8月18・25日合併号)

関連記事(外部サイト)