《北朝鮮元高官が実名告白》外交を左右する“北の猛女2人”の素顔「金与正は幼い頃から金正日の密談に聞き耳を…」「崔善姫外務大臣に贈られた『日本円の札束入りプルコギ』」

《北朝鮮元高官が実名告白》外交を左右する“北の猛女2人”の素顔「金与正は幼い頃から金正日の密談に聞き耳を…」「崔善姫外務大臣に贈られた『日本円の札束入りプルコギ』」

金東水氏

 いま北朝鮮で金正恩の実妹、金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党宣伝煽動部副部長が存在感を強めている。

 8月10日、全国非常防疫総括会議で新型コロナウィルスの流入源は韓国だと強く批判。8月19日付けの北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」では、韓国新政権の北朝鮮政策について「実現とは、かけ離れた愚かさの極致だ」と痛烈に批判した。

 筆者の目の前にいるある男がこう明かす。

「『与正が男だったら、彼女が指導者になっただろう』。金正日が生前にそう漏らしていたようです」

 この男の名は「金東水(キム・ドンス)」。政府高官の立場を捨てて母国を脱した「高位脱北者」だ。

■高位脱北者が明かす“北の実態”

 金東水氏は多くの政治エリートを輩出した平壌外国語大学卒業後、外務省に入省。スイス、ノルウェーの各大使館で外交官を務め、イタリア大使館で二等書記官として勤務していた1998年2月に「脱北」し、韓国にわたった。

 権力の内側で多くの機密情報に接してきた高位脱北者の証言は、韓国や米国など「西側諸国」の対北政策に大きな影響を与えてきた。過去には、仮名や匿名でメディアに登場することもあったが、今回、金氏は実名、顔出しで筆者のインタビューに応じた。

 北朝鮮が、国家ぐるみで日本人を含む他国民を拉致する犯罪行為に手を染め、核とミサイルによる恫喝外交で国際秩序を脅かしていることは世界中のメディアの報道で詳らかにされている。しかし、巷にあふれる情報はどこか無機質で、独裁国家を統べる為政者の素顔や息づかいまではうかがい知ることはできない。

 金日成、金正日、金正恩。3代にわたって続く「ロイヤルファミリー」は、どのようにして強固な権力基盤を作っていったのか。恐怖支配の手段とした粛清の実態、権力移譲の裏側で起きていた数々の事件、絶対権力者に人生を翻弄される女たち――。

 秘密のベールに包まれた独裁国家で起きた数々の物語を、その目で目撃してきた男の証言はあまりに衝撃的で、あまりに生々しい。

◆◆◆

 2022年6月11日、ある女の名前が世界中のメディアを駆け巡った。

 北の官製メディア「朝鮮中央通信」が、朝鮮労働党が同月8~10日に開催した、朝鮮労働党と政府の重要政策を決める「中央委員会総会拡大会議」で、崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官を外務大臣に昇格させる人事を決めたと伝えたのだ。

「彼女の人事を報道で目にした時、懐かしい気持ちとうんざりするような気持ちが同時にわき上がりました」

 金氏は苦笑交じりにこう打ち明けた。

 北朝鮮との対話交渉を所管する「韓国統一省」の発表などによると、崔氏は1964年生まれの58歳。金氏と同じ平壌外国語大学を卒業し、北京やマルタなどへの留学を経て外務省入りした。2018年、19年の米朝首脳会談で実務の中心を担うなど、対米交渉に長く携わってきた「米国通」だ。

 軍人出身で対米強硬派の李善権(リ・ソングォン)から外相を引き継いだ背景に、米国との対話再開を視野に入れる金正恩の外交方針の変化も囁かれている。米朝関係を探る上での「キーマン」に急浮上した崔氏について、金氏が特別な感情を抱いたのには訳がある。

■崔善姫氏と結婚話が浮上したが…

「彼女は大学の2年後輩。外務省でも同僚で、上司の取り計らいで結婚の話まで出たこともありましたから。仲人役は外交官時代の担当課長だった李容浩(リ・ヨンホ)氏と、金桂寛(キム・ゲグァン)氏でした」

 2人はその後、李氏が外相、金桂寛氏は、省ナンバー2の第1外務次官にまで上り詰めている。

「知り合った頃の崔氏は、『北朝鮮の生粋の政治エリート』というように見えました。彼女の養父は崔永林(チェ・ヨンリム)元首相。金日成国家主席の『責任秘書』、つまり、最側近だった人物ですから。その血筋に加え、語学も堪能で早くから将来を嘱望されていました」

 北の始祖である金日成と父親との太いパイプは、娘の崔氏にも引き継がれた。金正日が開くパーティーには崔氏の姿が必ずといっていいほどあり、金一族とは家族同然の付き合いだったという。

「金正日の寵愛を最も受けた愛人で、北の現在の最高指導者である金正恩の生みの親でもある高容姫(コ・ヨンヒ)から贈り物を受ける間柄でもありました。高容姫は、自らの名義で、『プルコギに』と鹿の足やキジの肉を贈っています。その贈り物の中にはドルや円といった外貨の束も混じっていた」

 ロイヤルファミリーの絶対的な威光も背景に、崔氏は順調に出世階段を上っていった。外務省に入省後は10年間、「翻訳局」に籍を置いている。

「そこでは国連問題や首脳会談での通訳を担当しています。金正日政権下で進められた核開発にまつわる交渉にも深く関わっている。その力量は周囲から、『技術的にも外交的にも完璧』と評されていました」

 組織での栄達を目指す上ではこの上ない相手といえたが、金東水氏は崔氏と契りを交わすことはなかったという。

「彼女は嫉妬心、出世欲が強い。自分の血筋を笠に着て部下を怒鳴り散らすこともありました。そうした一面を見ていたから、人生の伴侶にしようという考えは湧いてこなかった。冷徹で好戦的。それが崔氏の本質ですよ」

 そうした猛女ぶりは、対米交渉の場面でも片鱗をのぞかせていた。

「2003年から2007年に行われた北の核開発問題について、米国、韓国など6カ国で協議する『六者会合』では、外務相ら自身の上司を差し置いて持論を打っていました。米国の担当官から度が過ぎたスタンドプレーに対してクレームを付けられるほどでした」

■文在寅前大統領を「低能」「鉄面皮」と痛烈に罵倒

 北の外交を語る上で外せない女がもう一人いる。前述した金与正だ。

 2010年9月、金正恩は父・正日の健康悪化に伴い、朝鮮労働党代表の会議で、正式な後継者として権力を引き継いだ。時期を同じくして、兄に寄り添う与正の姿が捉えられ、その動向が各国メディアで伝えられるようになった。

 2016年5月には、党大会で、中央委員会委員に選出されて政治の表舞台に登場。その後も米国や韓国との交渉の場にたびたび現れ、2021年3月、党宣伝扇動部副部長の肩書きで発表した談話でその存在を世界に誇示した。

 国営メディアなどを検閲、統括する役目を担うこのポストは、かつて父・正日も務めた強い権限を有する要職だ。与正は、北の弾道ミサイル発射に関連するこの談話で、韓国・文在寅大統領を「低能」「鉄面皮」と痛烈に罵倒。自身に流れる酷薄な独裁者の血脈を強烈に印象づけた。

「与正が男だったら、彼女が指導者になっただろう」

 金氏は、この言葉を「高位脱北者」の同志で、韓国で再会した黄長燁(ファン・ジャンヨプ※故人)元国際担当書記から聞いている。

■「金与正vs.崔善姫」対立構図の真相とは

 金日成、金正日の代に仕え、北の政治体制の根幹を成す「主体(チュチェ)思想」の生みの親とも取りざたされる黄氏だが、大物脱北者だった彼の“与正評”が彼女の人となりを的確に示しているという。

「黄氏によると、与正は、幼い頃から政治に興味を持ち、正日と黄氏との密談にも聞き耳を立てていたそうです。政治介入し、地位を求める姿は幼少期と何ら変わっていません。正日も、そうした彼女の積極的な姿勢を評価していた面があった。自身の後継として考えた時期もあったはずです」

 外交の舞台でも存在感を示してきた与正だが、その彼女に、対米政策、核問題、南北(朝鮮)問題についてアドバイスを与えてきたのが、“猛女”崔善姫の前任の外相だった李善権であった。

 北朝鮮の動向を追うジャーナリストや研究者らの一部は、金与正の実質的な後見役を担ってきた李氏に関するこうした背景と、外相解任の経緯を捉まえ、「金与正vs.崔善姫」という対立の構図を描く者も少なくない。

■2人の“猛女”の手中に、世界の命運が握られている

 しかし、金氏はその見方を否定し、こう続ける。

「対米交渉の現場での崔善姫を『穏健派』と見る向きもありますが、実情は違います。彼女は非常に戦闘的で、そうした意味では与正と似ているんです。崔が仕えた李容浩元外相も崔と同様に米国問題のスペシャリスト。この2人を遠ざけることはないでしょう。むしろ、米朝交渉での与正のアドバイザー役に据える腹づもりなのではないでしょうか」

 では、この人事の狙いはどこにあるのか。

「北は次の核実験を念頭に置いています。外相を解任された軍人上がりの李善権は、韓国に対する対策の先駆者でした。韓国の対策を李善権が、対立する米国との折衝を崔善姫が担うことになっているのです。崔善姫は、核実験に備える総責任者に任命された形で、北が、次の核実験を狙っているのは明々白々です」

 世界の秩序が再び破壊されるのか。2人の“猛女”の手に、北朝鮮のみならず世界の命運は握られている。

(安藤 海南男/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?