「2100年の東京の最高気温は夏が42℃、真冬でも26℃の夏日に」地球温暖化によって待ち受ける“日本の過酷な未来”

「2100年の東京の最高気温は夏が42℃、真冬でも26℃の夏日に」地球温暖化によって待ち受ける“日本の過酷な未来”

写真はイメージです ©iStock.com

 近年、地球上では気候の急激な変化が起きている。暑いところは余計暑くなり、寒いところはそれに輪をかけて昇温している。おかげでシベリアの溶けた永久凍土からは太古のウイルスが蘇り、グリーンランドの氷床からは閉じ込められていた米軍基地が姿を現した。

 ここでは、NHK WORLD-JAPAN 気象アンカーで気象予報士の森さやか氏が、異常気象やその背景に焦点を当てた著書『 お天気ハンター、異常気象を追う 』(文春新書)から一部を抜粋。日本の夏が猛烈な暑さを記録する理由と、温暖化が進んだ先にある“日本の未来”について紹介する。(全2回の1回目/ 2回目に続く )

◆◆◆

■夏の暑さが世界でもとりわけ厳しい日本

 2021年の東京オリンピックは、日本の夏の暑さが世界でもとりわけ厳しいことを露呈する大会となった。太平洋高気圧のもたらす猛烈な湿気には、一流選手もお手上げだった。温暖化が進めば、暑さはさらに過激になって、猛暑日どころか、40℃超えの“激暑日”が普通になるかもしれない。

 2021年の夏、東京五輪の取材に訪れたアメリカ人記者の目には、日本の夏がこう映ったようである。「モダンで、フレンドリーで、美しくて、清潔である。信じられないくらい素晴らしい都市だ。この時期を除けば」。

 東京の夏は「晴れて、穏やかで、アスリートが実力を発揮できる、最適な天候」と、盛り気味にアピールしてみたものの、ふたを開けてみれば、トライアスロン選手が路上で倒れ、テニス世界王者も悲鳴を上げるなど、オリンピック史上最悪の炎暑となってしまった。

 アメリカ気象局が用いる体感温度の指標「ヒートインデックス」を使って、この暑さを数値で見直してみると、五輪期間中に東京で観測された気温34.8℃、湿度55%の状況は、体感温度43℃に相当していたことになる。このレベルは、熱けいれんや熱疲労の危険が高く、長い間太陽の下で運動をすれば熱中症が起こるとされている。どうりで一流アスリートも音を上げるわけである。

 さすがに、マラソンと競歩だけは、札幌での“避暑地”開催が許された。札幌は東京から北に800キロ、夏の日中の気温は東京よりも5、6℃低い。ところがオリンピックが始まると、札幌の方が東京よりも暑いという想定外の事態が起きてしまった。間の悪いことに、2021年の夏は北海道を記録的な熱波が襲ったのである。小平町(おびらちょう)という、かつて炭田で栄えた小さな町では、気温が38.7℃まで上がって、北海道内の8月の観測史上最高気温を塗り替えた。

 また札幌は18日間連続で気温が30℃を上回り、1879年の統計開始以来もっとも長い真夏日連続記録となった。予想外の暑さに青ざめた大会関係者は、朝7時に予定されていた女子マラソンのスタート時間を、急遽(きゅうきょ)競技前日の夜に1時間前倒しにすると発表したほどである。

 その夏は、太平洋高気圧がいつもより北に張り出し、連日晴天が続いて熱が毎日積み重なったうえ、近年の温度上昇やヒートアイランド現象などの影響が加わったとみられる。札幌の年平均気温は、過去100年間で2℃も上昇している。

■夏の蒸し暑さを作り出す「太平洋高気圧」

 日本の夏がすこぶる不評なのは、高い湿度のせいであることは誰もが頷(うなず)くところである。その昔、兼好法師も「家の作りようは夏を旨とすべし(住まいは夏に快適に過ごせるように作るべし)」(※1)と忠告したように、夏の暑さは冬の寒さよりも耐え難い。体にねっとりとまとわりつく夏の蒸し暑さを作り出すのが「太平洋高気圧」である。

 太平洋高気圧は、一昔前まで「小笠原高気圧」と呼ばれていた。これは天気図がまだ日本周辺だけをカバーしていた時代の名称である。つまり天気図の範囲が小さく、太平洋全体が見渡せなかったために、高気圧の中心が小笠原付近にあるように見えたのである。

 しかし実際のところ太平洋高気圧は巨大で、東はアメリカ西海岸、西は日本、時に中国大陸にまで達し、北太平洋をすっぽり覆うほどの広さがある。実際のへそはハワイ付近にあるから、本来は「ハワイ高気圧」と呼んでもよさそうなもので、暖かい海上を住処(すみか)にするから日本列島にサウナのような夏をもたらすのである。

 このように、蒸し暑さの原因は太平洋高気圧にあるとして、40℃を超えるような異常高温が起こる場合には、他にも原因があることが多い。たとえば2020年8月17日に静岡県の浜松市で国内最高気温タイの41.1℃が記録された時にも、いくつかの原因が絡みあっていた。

■猛暑をもたらす“高気圧二段重ね”

 まず1つが「チベット高気圧」である。太平洋高気圧が、ハワイの方、つまり東から日本に張り出してくる高気圧だとすれば、チベット高気圧は、西の中国大陸から張り出してくる高気圧である。標高が高いチベット高原は、強い日光が照らすため空気が暖まりやすい。すると空気が膨張するのだが、下はチベット高原、上は成層圏という天井に挟まれ、空気は圧縮され、密になって高気圧になる。まるで、小さな箱の中で風船を膨らました時のように、大きくなれない風船の中では空気がパンパンになって気圧が高くなる。

 チベット高気圧もまた、太平洋高気圧に負けず劣らずの巨大サイズで、チベット高原を中心に、東はアジア、西はアフリカ大陸の北部までを覆うことがある。空の高いところにできている高気圧だから、大陸から日本に勢力を広げても、太平洋高気圧の陣地には影響を与えない。だからチベット高気圧の勢力が強く、日本にも張り出してくるようなときは、日本に2つの高気圧が積み重なって、連日の晴天と猛暑をもたらす原因となる。

 2020年に浜松で41.1℃が観測されたときには、この“高気圧二段重ね”に加え、フェーン現象が起きていた。フェーン現象とは、湿った空気が山を上り下りすると乾いた熱風に変わるという、手品のような現象である。

 マジックのタネは空気の性質の違いで、湿った空気は温度が変わりにくく、高度1キロごとに気温が6℃変化するのに対し、乾いた空気は温度が変わりやすく、1キロごとに10℃も変化してしまうことにある。まず湿った空気が徐々に気温を下げ、雲を作り雨を落としながら山肌を駆け上がる。頂上ですっかり乾ききった空気は、今度は一気に昇温しながら山肌を駆け下りる。結果、乾いた熱風が吹き付け、山火事が起きやすくなるうえに、プラスイオンを発生させて人を短気にさせたり、憂鬱(ゆううつ)な気分にさせたりするなど、マイナスの副作用もあるという。

■倍速で気温が上昇している東京

 日本では1990年代以降から高温の年が多く現れるようになっている。夜の気温が25℃を下回らない「熱帯夜」や、日中の気温が35℃を超える「猛暑日」が増え、一方で、冬には1日中氷点下となる「真冬日」が減っている。特にヒートアイランド現象の影響も受ける東京の気温上昇は甚だしく、年平均気温が100年で2.4℃上昇、これは国内平均のおよそ倍に当たる。

 気温が上昇する中、年々増えているのが熱中症で、定義は「高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能が“破綻”するなどして発症する障害」である。

 厚生労働省の調べによると、死亡者は1993年以前には年平均で70人程度だったものの、それ以後は700人近くまで急増している。死者の内訳は圧倒的に男性が多いのだが、それは屋外労働者が多いことの他に、男性は相対的に筋肉量が多いため体温が上がりやすいことなども関係しているという。また幼児は大人よりも汗腺が未発達のため汗をかきにくく、熱中症にかかりやすい。さらに乳幼児の場合、熱中症による死亡者の半数が車内に放置されたことが原因という、心の痛む統計もある。

 日本の暑さは、これからどれほど厳しくなっていくのだろうか。環境省が発表した2100年の未来の天気予報の内容はこうである。もし温暖化がこのまま進めば、8月には札幌を含めた全国の観測地点の約2割で最高気温が40℃を超える「激暑」となり、ある日の東京では42.8℃、熊谷では国内最高の44.9℃となる。さらに熱中症で1万5000人が亡くなり、そのうえ真冬でも東京の最高気温は26℃の夏日となって、熱中症は季節病ではなくなる。

■2085年に夏季五輪ができる8都市とは?

 こうなると、東京で3回目の夏季五輪など夢のまた夢である。しかしそれは日本だけのことではなくて、半世紀後には夏季五輪が世界のほとんどの都市で開催できなくなってしまう可能性があると、カリフォルニア大学バークレー校のカーク・スミス教授らは分析している。研究によれば、2085年に夏のオリンピックが開催できるのは、西ヨーロッパを除いた北半球の543の都市のうち、たった8か所に限られるという。

 その希少な場所はどこかと言えば、サンクトペテルブルクとクラスノヤルスク(ロシア)、リガ(ラトビア)、ウランバートル(モンゴル)、ビシュケク(キルギス)、カルガリーとバンクーバー(カナダ)、そしてサンフランシスコ(アメリカ)で、カルガリーやバンクーバーなどのように、かつての冬季五輪の開催地が、夏季五輪に適していくようになるという。

 すでにバンクーバーは冬にオリンピックを開くには暖かすぎて、2010年の冬季五輪では記録的な雪不足のため山肌が見えていたし、それを白く塗りつぶすために、ヘリコプターやダンプカーで連日必死に雪を運んだほどだった。

 この時の新聞にはこう書かれてある。「バンクーバーには何でもある。雪を除いたら……」(※2)。どこかで聞いたフレーズである。

〈※1 『徒然草』吉田兼好(兼好法師)著

※2 「Olympics: Vancouver has everything but snow as village opens」Otago Daily Times, 19 Feb 2010〉

「暑すぎてカップルが夜の生活を控え、人口減少の可能性も…」地球温暖化が人類にもたらす“5つの意外なリスク”とは へ続く

(森 さやか/文春新書)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?