《分裂7年》「親分のお気持ちを推察し断腸の思い」ヤクザの機関紙「山口組新報」が示す“神戸山口組との抗争・最終局面”

《分裂7年》「親分のお気持ちを推察し断腸の思い」ヤクザの機関紙「山口組新報」が示す“神戸山口組との抗争・最終局面”

6代目山口組の司忍組長(中央) ©️時事通信社 

 国内最大の暴力団組織「6代目山口組」が2015年8月27日に分裂し、傘下の有力2次団体であった13組織が離脱して結成した「神戸山口組」との対立抗争状態は7年が経過した。警察庁によると、これまでに双方の間の対立抗争事件は約90件で、8人が死亡している。対立抗争によるものではなく移籍をめぐる内輪もめのようなトラブルを含めると事件は100件以上となり、死者は十数人に上る。対立抗争状態は6代目山口組が優勢な状況が続いているが、8年目を迎えた今年に入り抗争再燃とみられる事件が多発しているのが現状だ。(全3回の1回目/ #2 、 #3 を読む)

◆◆◆

■分裂した2015年は山口組創設100年のメモリアルイヤー

 分裂から7年となるのを前に、6代目山口組は組織の機関紙である「山口組新報 第26号」(2022年7月1日号)を発行。6代目山口組若頭補佐で中核組織である弘道会を率いる竹内照明が1面に巻頭言を寄せた。その一部では分裂について以下のように書き綴っている。

〈「平成27(2015)年という年は、創設百年というおめでたい年でありながら、13名の脱落者を出した年でもあります。今日までの間、親分のお気持ちを推察し断腸の思いに苛まれる日々です。我々山口組は一日も早く本来のあるべき姿に戻り、山口組綱領前文のとおり、国家社会の興隆に貢献し、もって斯界の共存共栄を目指していかねばなりません」〉

 山口組は1915(大正4)年に神戸市で結成された。巻頭言にもあるように、2015年は創設100年のメモリアルイヤーであった。2015年の年始早々の1月25日に神戸市内の山口組総本部では記念行事が開かれ、稲川会や松葉会、会津小鉄会などの友好組織の最高幹部が集まりお祝いムードに包まれた。この日は6代目山口組組長の司忍の73歳の誕生日ということもあり、行事はさらに盛り上がりを見せた。

■警察幹部が分析「直参でありながら勝手に出て行った脱落者への非難」

 しかし、この年の8月、6代目山口組から傘下の主要組織だった山健組、宅見組、侠友会、池田組、正木組の5組織を中核とした13組織が離脱。神戸山口組を結成し、公然と反旗を翻したのだった。巻頭言に書かれた「13名の脱落者」とは、離脱した組織の代表者である山健組組長の井上邦雄や宅見組組長の入江禎らを指していた。

 巻頭言では、「我々山口組は一日も早く本来のあるべき姿に戻り…」と記述されている。この点について、長年にわたり組織犯罪対策を担ってきた警察当局の幹部は、「これは親分である組長の司から子分としての盃を受けた『直参』と呼ばれる直系組長でありながら、勝手に出て行った離脱者たちへの非難、さらには神戸山口組を解散させて再統合することを意味するものと解釈できる」と読み解いてみせた。

■分裂の原因は「カネ」と「6代目体制」

 分裂の原因について、この警察当局の幹部は、「カネと人事だった」と指摘する。「直参は毎月、百数十万円の上納金を納めるほか、6代目体制になり盆暮れや司の誕生日などに5000万円、1億円を上納していた。こうしたカネは大きな負担だった」

 警察当局の幹部は続けて、「組長の司、ナンバー2の若頭、高山清司とツートップを弘道会出身者が独占し、強権的な組織運営がなされていたことも原因」とも付け加えた。ツートップだけでなく山口組新報の最新号で巻頭言を書いた弘道会会長の竹内も、7人いる若頭補佐のうちの一人として最高幹部に名を連ねている。

■「水は高い所から低い所に流れるが、カネは強い所に吸い込まれる」

 このような体制について警察当局の幹部は、「6代目体制は事実上の弘道会支配、名古屋支配だ」とも述べた。5代目体制の山口組は神戸市に拠点がある山健組が中心だったが、6代目体制になって名古屋市に拠点を構える弘道会へとパワーシフトがあったため、このような表現となった。

 6代目体制で支配を強めた弘道会を、山健組とともに、「二大派閥」と呼ばれるまでに押し上げたのは、高山だとされている。高山は武闘派であるとともに経済ヤクザとしても知られている。

 6代目山口組の事情に詳しい指定暴力団幹部は、高山の経済ヤクザぶりについて、「シノギ(資金源)は中部国際空港の利権が大きかった」と指摘する。「1000億円は稼いだと言われている。砂利や生コンなどの建設資材の調達、ダンプカーでの運搬など、何でもカネが落ちるように利権を拡張していったと聞いている」と解説する。

 そのうえで実態について次のように強調した。「力のある組織にはカネが集まり、カネが集まれば若い衆も集まる。組織が大きくなれば新たなシノギの話も舞い込んでくる。そうなると、うまい具合に転がっていく。水は高い所から低い所に流れるが、カネは強い所に吸い込まれるというものだ」

■2019年秋、神戸山口組幹部が大型の自動小銃で銃殺され潮目が変化

 分裂直後は神戸山口組に加入する組織が相次ぎ、勢いがあったのは事実だった。しかし、2019年秋に6代目山口組側が引き起こす凶悪事件が続発したことで事態は急変した。同年10月、神戸市の神戸山口組山健組(当時)の事務所近くで、同組系の組員2人が同時に射殺されたほか、翌11月には兵庫県尼崎市で神戸山口組幹部、古川恵一が銃撃され死亡した。

 古川が殺害された事件で使用されたのは、「M16」という大型の自動小銃だった。古川は数十発の銃弾を浴びせられており、残忍さが際立った事件だった。双方の事件で逮捕されたのはいずれも6代目山口組系の幹部や元組員たちで、この時期には神戸山口組系の事務所へ車両が突入する事件なども続発した。

 古川殺害事件は犯行形態の残忍さから対立抗争の潮目を変えることとなり、この事件をきっかけに神戸山口組を脱退する傘下組織が相次ぎ、以後、6代目山口組側は優勢となっていく分岐点とも言えた事件だった。警察庁による最新データによれば、2021年の6代目山口組の構成員は約4000人で、神戸山口組は約510人となっており、勢力差は明らかだ。

■「そもそも分裂したのは高山が服役中であることをチャンスと見て、山健組などが決起した」

 6代目山口組が攻勢を強めた理由について、当時の状況を知る警察当局の幹部は、「何よりカリスマ性のある高山の出所の影響が大きい」と指摘する。高山は2010年10月、恐喝事件で逮捕され、刑事裁判で懲役6年の実刑判決が確定して服役。2019年11月に刑務所を出所したが、その前後に6代目山口組側が引き起こす事件が続発した。

 前出の警察当局の幹部は、「6代目(山口組)側の2次団体による事件が続発したのは高山に向けて、『神戸(山口組)を攻めている』と自らの存在のアピールと考えられる。そもそも分裂したのは高山が服役中であることをチャンスと見て、山健組などが決起したと考えられる。6代目山口組の分裂問題は、何もかもすべて高山を中心に動いている」との考えを示した。

 分裂から間もなく7年になろうとしていた今年6月、神戸市内にある神戸山口組組長の井上の自宅へ向けた発砲事件が発生したり、前月の5月には大阪府豊中市内の神戸山口組宅見組組長の入江の自宅に車が突入する事件も起きるなど、一時期は鎮静化していた対立抗争は再燃が危惧されている。

 抗争が長期化するも最終局面を迎えつつあるなか、6代目山口組の優勢な状態は今後も変わることはないとみられる。だが、事態収束に向けた糸口はまだ見いだせていない。(文中敬称略、一部の肩書は当時)( #2 に続く)

《抗争8年目》「何もかもカネだ」山口組分裂騒動・神戸山口組の弱体化に拍車をかける「“組長の引退”問題」 へ続く

(尾島 正洋/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?