東京から1時間ちょっと…“なぜか県庁所在地になった町の駅”「長野」には何がある?

東京から1時間ちょっと…“なぜか県庁所在地になった町の駅”「長野」には何がある?

“なぜか県庁所在地になった町の駅”「長野」には何がある?

 県庁が置かれるような町は、たいてい城下町にルーツを持つ。宿場町・港町、またはそもそも“古都”だったという京都や奈良のような例外もあるが、ほとんどは江戸時代までの城下町が、その都市機能をうまく活用しながら県庁所在地になっている。幕末まで300ほどの藩が全国あちこちに散らばっていたのだから、とうぜんのことだ。

 ただ、そうした中でも例外はある。たとえば、長野県の県庁所在地・長野市である。長野県には松本や上田などの城下町があるにもかかわらず、それらを差し置いて長野市が県庁所在地になった。明治初期、1871年のことだ。

 そしてこの長野市、江戸時代には真田氏が治めていた松代藩の領内だったが、城下町ではなかった。長野市の発展の中心は善光寺。つまり、長野の町は善光寺の門前町として発展し、人口35万人を超える県庁所在地になったというわけだ。

 その長野の町のターミナルが、長野駅だ。長野オリンピック直前の1997年10月に北陸新幹線(当時は長野新幹線と呼んでいました)が開業。いまでは東京から長野までいちばん速いタイプの「かがやき」に乗ったら1時間ちょっと、各駅停車の「あさま」に乗っても2時間とかからない。

 この時間距離の短さに反して地図を見ると長野県の中ではだいぶ新潟寄りの北側にあることに驚いてしまうのだが、とにかく新幹線に乗れば長野駅はあっというま。いったいどんな駅なのか、見に行くことにした。

■“なぜか県庁所在地になった町の駅”「長野」には何がある?

 長野駅の新幹線の改札を出ると、まあこのあたりは特別語るほどでもないどの駅にもある自由通路だ。とても幅が広くてたくさんの人が行き交っているのはさすが県庁所在地といったところか。自由通路には長野オリンピックのエンブレムが描かれている。

 長野オリンピックは1998年だから、かれこれ四半世紀。去年の東京オリンピックはあれこれトラブルを引きずりまくっているが、やっぱりオリンピックを開催した都市は、それなりにその経験を誇りに思っているということなのだろう。

 ちなみに、開会式の舞台になったオリンピックスタジアムは長野駅からかなり離れた南にあり、伝説の「ふなきぃ~」は同じ長野県内でもだいぶ遠い白馬のジャンプ競技場で行われている。

■自由通路を歩いて北側に向かうと「そちらが長野の中心市街地だ」

 自由通路を歩いて善光寺口・ミドリ口と呼ばれている北側に向かうとそちらが長野の中心市街地だ。反対側の東口ももちろん市街地が広がっていて、かつては鉄道用地で蒸気機関車の扇形機関車庫が置かれていたあたりも、とうに再開発されてメルパルク長野などが建っている。

 ただ、まずは長野にやってきたならば中心市街地に近い駅前を歩くことからはじめねばならない。

 長野駅善光寺口の駅前広場は、北陸新幹線の金沢延伸にあわせて2015年にリニューアルした真新しい空間だ。駅ビルの壁面には地元のスギ材を使った柱が並び、広場に向けてせり出す庇を含めて荘厳なデザイン。なんでも、“門前回廊”というらしい。長野が善光寺の門前町として発展してきた、その歴史を長野の玄関口である長野駅が表現しているというわけだ。

 広場の両端はバス乗り場とタクシープールになっているが、中央部分には人が集えるスペースも設けられている。訪れた当日は音楽イベントの準備の最中。時間が経って改めて来てみると、地元の歌手(たぶん)が歌っていて、地元の人たちが集まっていた。そういうスペースが駅前にあるということは、実に活気があっていいと思う。

 もちろん広場だけでなく、長野駅周辺は実に賑やかだ。駅前にはドン・キホーテが入った大きなビルがあり、駅前通りから北東側を見るとながの東急百貨店。なんで長野に東急が、という気もするが、それらの間には小さな路地のような道があって、その中には小さな飲食店がひしめいている。このあたりは、長野の人たちにとって駅前歓楽街のような位置づけなのだろうか。

■じつは“一般的じゃない”善光寺の個性

 駅前から少し西に進んで末広町の交差点へ。この末広町の交差点は、かつての北国街道で、同時にまっすぐ北へ行くと善光寺。すなわち善光寺の参道という役割も持つ。沿道はオフィスビルから商業施設まであらゆるビルが並ぶ繁華街になっている。少しだけこの参道を善光寺に向かって歩いてみよう。

 善光寺は7世紀に創建と伝わる古寺で、宗派を問わない懐の深さや古くから民衆の間で信仰を集めていたことなどで知られる。7年に一度の善光寺御開帳も多くの観光客を集める長野の一大イベントだ(ちなみに今年はその7年に一度の年でした)。

 一般的に、古いお寺や神社は偉い人(朝廷や幕府、大名など)に手厚く保護されて発展するのが常なのだが、善光寺に限っては庶民信仰から発展したという他の神社仏閣とは少々違う趣があるのだ。それからして、その門前町である長野の町の個性がうかがえる。

 また、善光寺の参道は北国街道という街道筋を兼ねる。江戸時代には門前近くに宿場町も設けられた。庶民信仰のお寺と街道の宿場町。そこから長野の町は発展していったというわけだ。

 旧北国街道、善国寺参道を歩いて行くと、ほどなくかるかや山前という交差点にぶつかり、さらに進むと新田町の交差点。参道らしさが色濃くなっていく。そして新田町の交差点にはTOiGOというテレビ局(SBC信越放送)の入った複合ビルがあり、東西には昭和通りという大通りが通っている。

■この町に起こった「百貨店戦争」

 実は、駅前にあった東急百貨店も、かつてはこの新田町の交差点にあった。1958年に地場の百貨店・丸善銀座屋として誕生している。その頃にはいまのTOiGOの場所に長野丸光という百貨店が既に存在しており(長野丸光は1949年に権堂町で開業した長野市内でいちばん古い百貨店)、互いに激しくお客を奪い合ったという。

 ふたつの百貨店が向かい合う交差点ということは、すなわちその場所が町にとって最大の商業地であるということだ。東京の日本橋に三越や高島屋、銀座にも三越と松屋があったりするように、複数の百貨店が共存している場所は、相当のパワーがある町なのだ。

 長野の新田町交差点ももれなくその通りで、南北に通る北国街道・善光寺参道と、東西の昭和通りが交わる道路交通の要地として大いに栄えていたのである。

■駅と中心市街地の微妙な距離感

 このうち昭和通りは、1913年に開通した大正町通りをルーツにもち、それを発展させて改修、1935年に昭和通りとして改められた。昭和初期の不景気に伴う失業者対策事業だったという。そうしてその道沿いには商業施設が建ち並ぶようになり、長野でいちばんの繁華街になっていった。すなわち、長野駅とは少し離れた場所が長野の中心市街地だった、というわけだ。善光寺と北国街道宿場町からはじまる町らしい歴史といっていい。

 しかし、時代とともに状況が変わってゆく。丸善はライバルの丸光の後塵を拝し続け、1960年代には東急グループの傘下に入る。東急グループ創業者の五島慶太が長野出身だったという縁によるものだったとか。

 その際、東急の判断もあって店を長野駅前の現在地に移す。これからの時代は町の中心市街地は駅前に移っていくという判断があったようだ。なかなかの慧眼ともいえるが、卵と鶏論争みたいなもので、町外れの駅前に百貨店ができたことが中心市街地の移転を促したという部分もあるわけで、どちらがどちらとも言えないような気もする。

 ともあれ丸善(東急百貨店)が駅前に移ったことで新田町に残った丸光は一人勝ち……と思いきや、1970年前後はまだまだ鉄道の時代。駅前に百貨店ができて便利になれば、人がそちらに集まるのもとうぜんの成り行きだ。

 そうして人の流れは駅前に偏りはじめ、新田町の丸光は徐々に売り上げを減らしてゆく。1980年代にはそごうの傘下に入り、看板を長野そごうにかけ替えている。それでもバブル崩壊後にはダイエーとの競争もあって厳しい環境は変わらず、2000年に閉店。跡地がTOiGOになったのである。

■「昔の東京の地下鉄もこんな感じだったよなあ」

 その間、長野駅前にも大きな変化があった。長野駅前にターミナルを持ち、湯田中方面などに線路を延ばしていたローカル私鉄の長野電鉄の線路が地下に潜り、その上に長野大通りという新しい大通りが整備されたのだ。

 つまり長野駅前の地下には長野電鉄の駅があるのだが、その長野電鉄はしばらくの間、長野大通りの地下を走る。中心市街地の外れで地上に出て、あとはローカル線として終点めがけて走って行くのだが、とにかく長野には“地下鉄”があるというわけだ。

 といっても、東京の地下鉄のようなものとは少々違い、ターミナルの長野駅からしてローカル色というか昭和っぽさが濃厚に漂う。お隣でこちらも地下駅の市役所前駅にしても、無機質なホームと無機質なコンコース。そういえば、昔の東京の地下鉄もこんな感じだったよなあ、とちょっと懐かしくなるくらいのそういう空間だ。

■長野市の町の“中心”

 その長野電鉄市役所前駅は、ちょうど昭和通りと長野大通りの交差点に位置する。その交差点から東にいけば駅名の通りの長野市役所。西側に行けば新田町の交差点に出る。

 新田町交差点付近も、決して衰えたとかそういうことはなく、善光寺の門前町としての長野の町の歴史を受け継ぐがごとく、長野の中心市街地のひとつとして賑わっている。善光寺への参道は、昔からの中心と新しい中心の長野駅前を結ぶという、そういった役割をも担っているのだろう。

 長野駅前に戻ってくると、夏の夕暮れに立派な駅舎が実によく映えていた。長野駅はもともと1936年に建てられた仏閣型駅舎が名物だった。もちろん長野の町のシンボルである善光寺にちなんだものだ。

 この駅舎は、1985年になってすぐ脇にMIDORI長野が開業してからも現役であり続け、生まれ変わったのは北陸新幹線(長野新幹線)が開業した1997年のこと。そのときに伝統ある仏閣型駅舎を捨てて、ごく一般的な橋上駅舎に生まれ変わった。そしてそれが、2015年にリニューアルを施されて現在の形になったというわけだ。

 駅と駅前広場のリニューアルに合わせ、ごちゃついていて雑多な印象だった町も一変。2017年度の都市景観大賞にも輝いている。もちろん、昔の仏閣型駅舎のほうが良かったという人もいるだろう。が、広々とした空間はたくさんの人を集める新幹線時代の駅舎にとっては欠かせない。そういう意味で、いまの長野駅は善光寺とならぶもうひとつの長野市の町の“中心”として、これからも長く働いていくことになるのだろう。

写真=鼠入昌史

(鼠入 昌史)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?