「フリーパスみたいなもんや」お付きの者や若い衆を連れ…元・山口組幹部が語る、ディズニーランドで“並ばずに乗れた”意外なワケ

「フリーパスみたいなもんや」お付きの者や若い衆を連れ…元・山口組幹部が語る、ディズニーランドで“並ばずに乗れた”意外なワケ

加茂田松太郎 『烈侠』より

懐に手榴弾を忍ばせて…「首を縦に振らなかったらピンを離すぞというわけや」山一抗争の主要人物が語る、抗争勃発の“裏側” から続く

 1984年から89年にかけて山口組と一和会の間で起こった“山一抗争”は、死者29名、負傷者70名(警察官、一般市民含む)を出した史上最区の暴力団抗争である。

 ここでは、その「一和会」の副会長兼理事長を務めた加茂田重政氏が半生を語った『 烈侠 』(彩図社)より一部を抜粋。ヤクザの親分の“マイホーム主義”な意外な一面を紹介する。(全2回の2回目/ 前編を読む )

◆◆◆

■ヤクザの親分のマイホーム主義な一面

 テレビに出とった加茂田重政、あれはあれで虚像とかじゃなくて、あのままなんやろ。わしはようわからんが、子どもらもそう言うしの。そうなんやろ、やっぱり。わしはむちゃくちゃ気が短いしな。

 でも、堅気の者、息子の連れなんかにはめちゃくちゃ優しいて言われてたみたいや。他の極道からしたら、「性格がキツいキツい」って言われるけど、それは稼業のことでね。わしはね、若い衆には厳しくなかった。ぜんぜん厳しくないと思うわ。若い衆たちは、わしには厳しいこと言われてないはずや。

 そのかわり、若頭の飯田が来たときはすごい厳しく部屋住みの子に言うたりしてたけど、わしはそれ見てても知らんふりやし。無頓着と言ったらおかしいけど、若頭が言うとるのに、わしがさらに言うたら、若い衆は逃げ道がないやろ。そうやね、自分で考えろと、関係ないみたいな感じで放任にする。おのれの器量で伸びろ、という考えや。

 たぶん今でも、ヤクザの事務所に行くと「メシ食ったか」というのがありふれた挨拶やろ。部屋住みがおるところでは、必ず白米が炊いてある。わしは部屋住みとは一緒にメシを食うとった。部屋住みをおちょくりながらね。

 わしが自転車にパーッと乗って、部屋住みの者が駆け足でついてくるやろ。したら「後ろ乗れ」って言うて、二人乗りしたりとかな。わしが「肩揉んだろ」言うて肩を揉んでやると、前より肩がこってもうた、とか。部屋住みの者からしたら、親分に手間を取らせとると、恐縮しとるわけや。

 人間は冗談言うほうが好きでな。そういう笑かしてくれる者が好きやった。無口な者はわしは苦手やと思う。向こうがしゃべって笑かしてくれるのが好きなんや。

 ゴルフなんかもしとったよ。うちでやってた加茂田実業がコンペをやってて。ゴルフ場を貸し切りにして、賞品の一位は車とかや。けど、わしは常にフェアウェイに乗る。若い衆が球をフェアウェイに動かすんや。どこ行ってもフェアウェイに乗るようになっとる。どこに行っても次に乗っとんねん。だから、常にバーディーかパーやねん。そのうちわしは「主催者やから、そこで見とってください」て言われてた。

 野球は草野球のチームやっとった。けど、あんまり入れこまない。釣りも、生け簀みたいなところで、入れ食いみたいのをなんぼでも釣ってた。ま、いろいろやっとったけども、結局のところ楽しめる趣味いうたら、神戸サウナに行くくらいやった。ポカーンとなれるんが好きやった。それで飲みに行って、というのも多かった。ただ、家は空けてなかった。女のところに泊まるとかは一回もなかった。けっこうマイホーム主義やった。

 これは博打好きのほかに松太郎(編注:加茂田重政の父)から引き継いだ性格かもしれんが、博打のほかに子煩悩か、子どもの面倒見が良いところがあると我ながら思うわ。前にも言うたけど、松太郎は孫にはものすごく優しくて、仏様みたいな感じやった。喧嘩のさなかも、子どものことが気になるねんな。

 地元、ということならばやっぱりわしは番町が居心地ええわ。豪華な家もいらん。一度わしも「カネあるんやし、子どもの教育のことでも考えて、引っ越したらどうや」とまわりが言うから、灘区のほうまで大きな家を見に行ったけど、高級住宅地に住むというんはわしの柄やないし、すぐ止めて引き上げたわ。家やって、大邸宅で部屋がなんぼあるいうても、実際に使う部屋は結局限られるから。

■釣りの銀貨は全部息子に「細かいカネの計算はようせんのや」

 カネはあれば遣うとった。細かい計算なんかしない。息子が言うには、「クリスマスに靴下に10万円入ってたの俺ぐらいやろ」と。羽振りが良かったんやな。

 帰ったらポケットに入ってる銀貨を全部出して、息子に渡して。その代わり、お札とかそんなんじゃなしに、銀貨を全部置いて。それが日課や。でもそれも一カ月にしたら大きい。細かい計算はわからんが。カネの細かい計算はようせんのや。カネがあったら、遣う。あとは子どもにやる。大雑把やけど、これでええやんか、て思う。

 わしは、缶コーヒーを結構飲む。缶コーヒーをワンケースで買うて、冷蔵庫に入れておいて、昼くらいに缶コーヒーを飲むのが日課やった。それを繰り返してくと、当たり前やけどなくなる。誰か来たら来たで、「めんどくさいからそれ飲めよー!」て言うて飲ますし。それで、コーヒーがないから「缶コーヒー買うてきてくれるかー」と、これは若い衆とかには言わんで、息子に言う。わしは心配性なんか、なくなったら補充、補充てしとうなって、息子も「わかったー」て。

 朝は喫茶店に1000円渡してコーヒーとかとっとるんやけど、で、当然喫茶店からは釣りをもらう。で、「釣りの銀貨が貯まっとるから、それで買うてきてくれ」と。「銀貨が貯まってるし、銀行持ってくのもめんどくさいから」て。で、「ええでー」言わせて行かせたら、それが銀貨でのうて全部10円玉だったというんやな。

 ややこしい話やけど、自動販売機にカネを10円玉で入れていったら、一定の時間のうちに入れないとダメらしい。だからがんばって繰り返しても10本くらいしか買えないと。「なんや、そんだけか?」となる。10本も買えなかったんやないか。だから5本だとか6本買うて、他の自動販売機に行って買う。近所の仲間うちだから、向こうも知ってるからね。「若、何しとんのー?」って言われて「コーヒー買いにきよる」て応える。10円玉で買うわけやから、大変やったというけど。

 でもまあ、わし豪快で大雑把なことばっかり言うとるみたいやけど、一方で細かいとこもあるで。時間はきっちりしないと嫌やしの。時間にはむちゃくちゃうるさい。人の名前は憶えないんやけどね。

 あとは物の位置やね、タバコはここ、灰皿はここ、というような。几帳面なんや。薬もきちっと並べとかんといかん。10円玉とか100円玉とかもここ、テレビでもリモコンはここって。自分で言うのもなんやが、ほんまはものすごく几帳面でな、繊細な面も持っとる。だからどっちがほんまか、自分でもようわからん。豪快な加茂田重政がほんまなんか、でも繊細な面もあるのかと。

■ディズニーランドでは並ばない。若い衆がバーっと…

 家族で外食とかは、けっこうあったで。でも食うたらすぐわしは席を離れて行ってまうんや。そんなん待てんやないか、なあ。まあ、他の誰と行ってもらしいんやけど、癖があんねんな。嫁にこんこんと言われても絶対に待てないのや。昔から、たとえば若い衆と二人でメシ食いに入っても、自分が食べたら出てまう。若い衆がまだ食べてても。そういうところはせっかちなんやろ。

 そういえば、娘の修学旅行までついて行ったこともある。たしか、娘が6年生のときの三重への修学旅行やった。娘は兵庫駅から電車に乗るんやけど、運転手と三人で兵庫駅の前で待ってて、電車が出るときに「こっちも出るからな」みたいな感じで合図する。

 で、先にわしらが車で着いて、娘たちが(三重県伊勢市の)夫婦岩をずっと見学してるのに、こっちのほうから「おーい! おーい!」って呼んでね。そのとき雨が降りはじめたんや。すぐカッパを全員ぶん、若い衆に用意させて、みんなに被せるように言うて持って行った。

 先生は「こういうことされると困ります」って言うとったけど、「濡れたらどないすんねん!」って言うて。「(娘だけ)ひとりに用意してるのと違う、みんなに被せって親分が言うてます」みたいなことも言わせてな。「友達みんな聞いてるから恥ずかしい」て娘は言うとったけど。でもな、娘も他の子も、風邪を引いたらあかんやろ。

 それから夫婦岩のところからすぐのホテルの一番上にある、天皇陛下が泊まった部屋におって、先生に言うて、夫婦岩に行ったら上向いて手を振らせ、みたいなことをね。それで先生も「お父さんがあんなに言うてるから、あそこまで行ったらかめへんから手振ったらええから」ということになって、手を振らせた。娘はそれが恥ずかしかったのか、ずっと憶えとる。

 息子などは、ディズニーランドとかに行ったときに、遊ぶのは全てフリーパスで遊ばせてやったりもした。そのときは他の家の子と違うなと思うたんやないか。乗り物でみんなが並んでるのを横目に、スッと入れてやるわけやから。

 お付きの者も警護の若い衆も、全員がディズニーランドに入るわけやけど、わしを取り巻いて入って、サッと園内に散らせる。バーッと散って、その間に乗り物の行列に並んで順番を押さえるわけや。無理に割り込むとかは当然ないで、さすがにな。無理やり割り込むというのは、絶対にさせん。そして、あらかじめ若い衆が順番をおさえたところに、わしらの家族が入るというわけや。そやから、フリーパスみたいなもんや。

 孫もわしなりにかわいがったよ。孫が生まれたから、そんなら、言うて毎日1万円孫にやっとった。娘は「そんなんせんで!」と怒っとったが。

(加茂田 重政)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?