「NYの焼き鳥屋で1人2万円…」日本人は海外旅行に行けなくなる? 衝撃の物価高と円安の“末路”

「NYの焼き鳥屋で1人2万円…」日本人は海外旅行に行けなくなる? 衝撃の物価高と円安の“末路”

写真はイメージ ©iStock.com

 国際的な物価高と記録的な円安で、夏休みにアメリカなどへ海外旅行した人がとんでもない値段を支払うことになったことは話題を呼んだ。ファイナンシャルプランナーの花輪陽子氏が、今後の海外旅行の動向と、注目のリーズナブルな訪問先について解説する。

◆ ◆ ◆

■「朝食が家族4人で1万円かかった」

 いよいよシルバーウィークですね。3年近く我慢をしてきた海外旅行がやっとできると思っている人も多いのではないでしょうか。9月7日から日本の水際対策は緩和され、日本人を含むすべての入国者に求めてきた陰性証明書に関して、3回目のワクチン接種を済ませたことを条件に、免除が決まりました。

 しかし、一時1米ドル145円目前まで進行した円安と世界的な物価高は海外旅行に深刻な影響を与えそうです。特に米国のインフレは深刻で、夏休みにハワイやニューヨークに旅行をした人たちが現地の物価に驚いた……ということが日本のメディアで度々報道されました。

「高級とは言えない平凡なカフェで朝食をとったら家族4人で1万円程度かかった。特別な物は食べていなくて、パンとコーヒーとかで……」

 最近ニューヨークに旅行したという日本人数人に聞いたところこんな答えが複数返ってきたのです。サンドイッチとコーヒーなどの朝食で1人20米ドル程度かかる店も多く、円安も拍車をかけ、日本円に換算するとそれだけで1人あたり2900円程度(1米ドル145円で換算)になったというのです。

 地元ならでは、といったローカルなお店に行けば5ドル程度(約725円)でサンドイッチとコーヒーを食べられるような場所もあるようですが、治安が悪く子供を連れて行くのは不安なエリアだったという声も聞きました。

 そんな状況ならば、安心して安価で食べられるのは、マクドナルドやスターバックスなどのチェーン店なのかもしれません。しかし、マクドナルドの価格を比べても日本よりずっと高いのです。

 各国の物価を測るビッグマック指数( https://www.economist.com/big-mac-index )でビッグマックの値段を比較すると、1位はスイス6.71米ドル、6位は米国5.15米ドル。日本は41位で2.83米ドルとなっていて、米国を0とすると日本は-45.1%。つまり、米国は日本の物価の約2倍になります。

■「適当な焼き鳥屋で1人2万円かかった」

 米国では朝食やファストフードでもこれほど高額を支払うことになるので、夕食ならばなおさらです。ニューヨークでは、「ふらっと立ち寄った適当な焼き鳥屋で1人2万円程度かかった」という声も聞きました。

 また、高額なのは食事だけでなくホテルの宿泊代も同様。マンハッタンのホテルは超高額です。シンガポールから旅行をした日本人駐在員がこんなことをぼやいていました。

「3つ星のビジネスホテルでも1泊3万~4万円かかった。日本だったら7000円くらいで泊まれるレベルなのに」

 なぜこんなに物価が高くなってしまったのでしょうか。いま、米国では平均時給が約32ドル(日本円で約4640円)でも働き手が見つからず、労働者不足を起こしています。ニューヨークでスーパーの惣菜を作る料理人に年収1000万円を支払うと言っても人が来ないという報道が日本でも話題になっていましたが、海外では日本と違って、企業がコスト上昇分をすぐに価格に転嫁するので、物価が上がりやすいのです。

■シンガポールでも観光客向けレストランは強気価格

 このような状況はニューヨークだけで起きているわけではありません。筆者が生活しているシンガポールでも観光客向けのレストランでは、“コロナ明け”の最近になって対応が様変わりしています。予約の際には1人あたり最低2万円以上を支払うことを前提に、カード認証をしないと予約ができないといった店が増えているのです。しかも、90分制などの枠が決められていて、食事の途中で追い出されるなど、ゆっくりできずに散々な思いをしたことがあります。

 日本食の値段も高く、 一風堂 のラーメンは1700円前後です。それでもいつも多くの客で賑わっています。日本のお寿司屋さんもたくさんありますが、高級店の場合はランチで1万円以内のメニューを探すのが難しいです。それでも、シンガポール在住の人が押し寄せて、なかなか予約が取れないのです。

 一方で、地元の人が行く中華料理店やホーカーズ(清潔な屋台のような店)では、日本並みの価格で地元料理を味わうことができます。一般的にどの国も地元民がもっとも価格やクオリティーにうるさいので、ローカルフードを楽しむことを目指して旅すれば、インフレの影響を受けにくいでしょう。シンガポールの場合は治安も良いので、安心して過ごせます。

■日本の庶民は海外旅行に行けないのか

 筆者はこの夏に2年半ぶりに日本に一時帰国をしたのですが、七夕の日に街でこんな短冊を見かけました。

「死ぬまでにアメリカに行ってみたい」

「オーストラリアで老後を過ごせたら」

 そんな願いは円安とこの物価高で打ち砕かれてしまいそうでとても切なくなりました。あらためて、日銀の異次元緩和は次世代へのツケが大きいと感じました。

 それでは、日本人はもう海外旅行に行けないのでしょうか。私は現地の物価を十分に調べた上で渡航先を検討すべきだと感じています。例えば、米国と比較をすると、ヨーロッパのほうが安いといえるでしょう(スイスや一部の都市などを除く)。

「ワインが数百円で飲めた」

「スペインのバルでお惣菜をたくさん食べて、1人2000円くらいだった」

 例えば、スペインやポルトガルなどは日本人にも人気があり、安価で飲食を楽しめるという声をたくさん聞きました。またフランスも、パリなどの一部の都市を除けばワインや料理も安く楽しめるようです。

 ただし、飛行機の燃油サーチャージが非常に高額で、日本から北米、欧州、中東、オセアニアに行く場合、1人4万7000円程度かかります(JAL、8~9月料金)。燃油サーチャージから換算すると、近場の韓国(5900円)やタイ、マレーシア、シンガポール、ブルネイ(2万4700円)などの東南アジアが良さそうです。( https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/fare/fuel/detail.html )

 シルバーウィークや年末年始などに海外旅行を考えている人は渡航先を慎重に検討し、現地での予算を多めに見積もったほうがよさそうです。できれば、地元に住んでいる人へ事前にリサーチしたり、ガイドを頼むと心強いかもしれません。

 また、スマホの電卓を活用して、円換算で計算をしてから買い物をする、メニューで値段を確認してから店に入る。そのようにこまめに事前計算をしておくと、カード明細を見て後から仰天という事態は避けられそうです。

(花輪 陽子)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?