「いつ性教育について教え始めればよいですか?」専門医が保護者に伝えている“意外な答え”

「いつ性教育について教え始めればよいですか?」専門医が保護者に伝えている“意外な答え”

©iStock.com

「身体病と同様に、精神病の原因になる…」西洋から伝えられた“オナニー有害論”が日本の性教育に与えた“恐るべき影響” から続く

 泌尿器科医で、性の健康について詳しい今井伸氏によると、近年、腟外射精障害に悩む男性が増加しているという。その一因として同氏が指摘するのが、オナニーの正しい方法について学ぶ機会が不十分で、間違ったオナニーが習慣になっているというパターンだ。

 しかし、正しいオナニーの仕方を教育することに、ある種の後ろめたさを感じる人も少なくないだろう。保護者はいったい、いつ、どのように性教育を始めれば良いのか。今井伸氏の著書『 射精道 』(光文社新書)より一部を抜粋し、性教育の歴史とともに紹介する。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

■有害論に対して「オナニー無害論」が誕生した大正期

 大正時代に入ると、オナニーに対するネガティブな認識はさらに加速しました。当時は「通俗性欲学」という考えが流行し、その大家であった性科学者の羽太鋭治(はぶとえいじ)と澤田順次郎の共著『変態性欲論』(1915年発行)では、オナニーの害として、早漏やEDなどの生殖機能障害だけでなく、精神病、脳病、視力障害や聴力障害なども挙げています。この考えは、学校や教育家を通して教育現場にさらに広まっていきました。

 オナニーだけでなく買春も禁じられていたために、若い男性たちは性欲の発散法をすべて奪われる形になり、苦しい状況に追い込まれていきました。

 ところが、1920年になると、山本宣治(やまもとせんじ/生物学者)、小倉清三郎(おぐらせいざぶろう/性科学者)、北野博美(きたのひろみ/性風俗研究家)、丸井清泰(まるいきよやす/精神科医)らが、「マスターベーション無害説」を主張しました。僕が尊敬してやまない山本宣治氏は、同志社大学の講師時代に執筆した『人生生物学小引』(1921年発行)に、「自慰(オナニー)大害無し」と記しました。さらに、正当性を検証するために、1924年、性実態調査を行い、20歳男性の93%がオナニーを経験していることを報告。その後に執筆した多数の論文でも、「オナニーは無害」と主張し続けました。

 自他共に認めるオナニー推奨派の僕と、この山本宣治氏の違いを挙げるとしたら、山本氏は「オナニーは無害」だけれども「オナニー推奨」はしていないという点です。同じように、北野博美氏も「過度のオナニーは有害」と著作に記しています。丸井清泰医師も同じく、害はないが「(オナニーは)決して賞(ほ)むべきことではなく、推奨すべきことでは無論ない」と著作に記しています。

 そのため、オナニーは無害と言いながらも推奨はしない、もしくは過度なオナニーは有害という立場を取った識者たちは、「弱い有害論」と言われることもありました。

 大正期の男子学生たちは、罪悪感を抱きながらも膨れ上がる性欲を収めるべく、ひっそりとオナニーをしていたことがうかがえます。

■性欲の昇華を推奨した昭和の性教育

「有害!」とオナニーに強い抑制をかけた明治期から、「無害だけれども推奨はしない」とやや緩和された大正期の流れは、そのまま昭和へと移行していきました。

 社会衛生学を専門とした医師、星野鉄男が1927年に記した性教育本である『性教育に就(つい)て』には、「男性の8割、9割が一度はかかる習慣であっても悪い習慣」「頭のいい子が、このオナニーの習慣にとらわれて、とんだ悪い成績になってしまったという例がある」とあります。

 その一方で、精神分析学者の大槻憲二(おおつきけんじ)は、『続・恋愛性慾の心理とその分析処置法』(1940年発行)で、オナニーについて、買春に比べれば「青年の性処置法として最も合理的」と述べました。

 男性の持つ性欲に対してネガティブなイメージが強く残ってはいましたが、「買春よりはオナニーのほうがまし」という流れは、1956年に制定、翌年に施行された「売春防止法」でより決定的になりました。明治期から続いた性の統制は、そもそもは買春による性感染症から青年を守ることが主目的でもあったため、買春よりはオナニーをして感染症にかからないでいてくれたほうが、教育界、医学界、双方の意に沿うものであったといえます。

■一般社会での性に対する認識の変化

 とはいえ、教育界が先導する性教育においては、当時も公式にはオナニーを認める流れはありませんでした。戦後の性教育は、売春防止法の少し前、1948年にまとめられた「純潔教育基本要項」から始まりましたが、「性的刺激の環境から遠ざける工夫」や「性的意識を転換させる工夫として運動競技や趣味娯楽を楽しむ」といった指導法が明記されています。性欲を他の形でなんとかごまかしたり、発散させたりしようとする指導内容であり、まさしく「寝た子を起こすな」を踏襲したスタンスといえるでしょう。

 この流れはさらに強化され、1963年、文部省が出版した『性と純潔』には、スポーツや芸術活動などで性欲を発展的に解消できるとする「性の昇華」という言葉が、はっきりと使われるようになりました。その後も、子ども向けの性教育冊子『中学生と思春期―男子編―』(1966年発行)、教師用の解説書『純潔指導』(1968年発行)と『生徒指導における性に関する指導―中学校・高等学校編―』(1986年発行)にも、おしなべてオナニーよりも「性の昇華」を勧める方針が記載されました。

 ところが、一般社会では性に対する認識は大きく変化していきます。1960年代頃には、処女性や童貞性を重視する「婚前交渉はご法度」といった認識と、「愛し合っていれば婚前交渉もかまわない」という認識が併存するようになりました。社会規範よりも、個人の選択が重要であるという価値観が徐々に広がりを見せてきたのです。

■「オナニーは必要な行為」という考えが主流に

 それに伴って、書籍や雑誌のなかで「オナニー容認」の流れも生まれてきました。複数の医師などから「オナニーにやりすぎはない」「性欲はスポーツで解消できるものではない」など、性欲の昇華も否定されるようになりました。

 この頃になって、ようやく男性の性欲に対するマイナスイメージが薄まり、気兼ねなく性欲を発散できる環境が生まれてきたのです。

 そして1979年10月に日本性教育協会から発行された専門誌『現代性教育研究』に、オナニーの効用についてはっきりと記述されました。オナニーは性欲をコントロールする上でも、自らの性をポジティブにとらえるためにも必要な行為であるという考えが、ようやく主流になっていきました。

 ところが、中学校の保健体育の教科書に「健康であれば、女子も男子もオナニーの回数で悩む必要はない」と記述されたのは、それから20年もたった2000年代のことでした。

■2000年代以降の性教育の課題は

 明治時代に西洋から輸入された「オナニー有害説」が払しょくされるまでに、およそ100年以上がかかり、ようやくオナニーは気兼ねなくしてもいいことであると認知されるようになりました。

 とはいえ、これまで述べてきた通り、オナニーの正しい方法について学ぶ機会は、まだまだ不十分です。それは、間違ったオナニーが習慣になったことで起こる腟外射精障害に悩む男性の増加を見ても明らかです。

 避妊に対する知識や性感染症の知識と対策についても、間違った認識を持っている人が少なくありません。成人男性でも、知識が不十分なためにトラブルとなっている方が珍しくないのです。

■性の正しい知識を得るために

 また、昨今では、アダルト動画を見過ぎて健康や性生活に支障が出る「ポルノ中毒」についての懸念も広がりつつあります。

 そのため、オナニーの方法も含めた細かな指導と包括的な性教育が必要になっていると僕は考えています。

 昨今、性教育のための一般書がベストセラーになったり、さまざまなメディアで取り上げられたりするようになりました。教育関係者だけでなく、多くの保護者が、家庭内における性教育について、真摯に考え始めていることが分かります。

 書籍だけでなく、最近では性教育のための専門のウェブサイトも数多く見かけるようになりました。僕自身も、TENGAヘルスケア社が運営している性のためのウェブメディア「セイシル」( https://seicil.com/ )で、若年層の性の悩みに回答を寄せています。

 現代は、性の正しい知識を得るためのオプションがさまざまに存在しているので、自分にとってアプローチしやすいものを選ぶとよいでしょう。

■子どもの性教育は恥ずかしがらず、隠すことなく、淡々と

 また、親御さんたちから「いつ性教育について教え始めればよいですか?」という相談もよく受けますが、僕はいつも「子どもさんが自分から聞いてきた時が、教え時です」と答えています。内容にもよりますが、まだ特に興味もない時期に、親がわざわざ教える必要はないと考えています。ただ、プライベートパーツの意識については、幼少期から入浴時などに親が教える必要があると思います。

 動物園に出かけた時などに、たまたま動物が交尾しているところに出くわし、「あれは何してるの?」と子どもが聞いてきた……などが、よくあるシーンです。その時には、自然な流れで子どもができる仕組みを答えてあげてください。

 そのような時に慌てないために、「聞かれたら、こう答えよう」と準備しておくとよいでしょう。夫婦で話し合っておくのもお勧めです。恥ずかしがらず、隠すことなく、淡々と説明できるようにしておいてください。

 ちなみにわが家では、子どもたちが思春期の頃に中高生用の性教育本を一冊ずつ渡しました。本であれば、自分で気になった時に、気になる箇所を、誰にも気兼ねせずに確認できるからです。

 また、よいと思える性教育本を、直接渡さなくても、家族共有の本棚に並べておくのもいいでしょう。興味を持った時に、子どもが自ら手に取って、勉強してくれると思います。

(今井 伸)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?