〈反対の署名運動も〉都立高入試に導入「英語スピーキングテスト」に“英語教育の専門家”東大教授が指摘する問題点

〈反対の署名運動も〉都立高入試に導入「英語スピーキングテスト」に“英語教育の専門家”東大教授が指摘する問題点

東京都教育庁のHPより

 今年初めて東京都立高校の入試で導入される英語スピーキングテスト「ESAT-J」。すでに都内の公立中学に通う3年生、約75,000人が受験登録を終え、11月には試験が実施される。しかし、依然として都議会でも議論が落着せず、導入に反対する保護者らによって署名運動も行われている。

 そんなESAT-Jについて、英語教育の専門家である東京大学の阿部公彦教授が「 週刊文春 」の取材に応じ、「本来の『話す力の向上』という目的からは外れている」などと、試験のもたらす効果について疑問を呈した。

「使える英語力の育成を目指す」との目標を掲げて導入されるESAT-J。受験するのは、東京都内で公立中学校に通う3年生だ。今年の都立高の入試から、その点数を合否判定に使用することが決まっている。

 都議会では小池百合子知事が創設した都民ファーストの会が導入賛成の立場。一方、立憲民主党は反対を表明し、今年度は入試の評価に反映しないよう求める条例案を提出していた。そんな中、9月15日にはESAT-Jをめぐって1人の議員が文教委員会から外される“騒動”も起こっている。

「(都民ファの)森愛議員は立民の条例案に賛同する意思を示していたため、都民ファが彼女を文教委員会から排除したのです」(都政担当記者)

 各所に波紋を呼んでいるESAT-Jだが、実は複数の英語教育の専門家から、試験の意味や効果に関して、指摘が相次いでいる。

 その1人が東大で英米文学を専攻する阿部教授だ。ESAT-Jの「質の問題」を阿部教授はこう指摘する。

■「目的と手段が見事に矛盾しています」

不自然な状況下での発話が求められ「スピーキングの練習自体は意味があることで、しゃべることを通じて読む力も鍛えられます。ただ、ESAT-Jでは、限定された不自然な状況下での発話が求められ、本来目指すべき、自然に会話する力は評価できません。こうした特殊なテストにはそれ専用の対策が必須となりますが、これに時間を割くことは、本来の『話す力の向上』という目的からは外れており、非常にもったいないことです」

 また、英語教育の方針と試験内容が矛盾しているとも指摘する。

「日本にいると外国語を話す機会がないので、英語についても『不完全でいいから、まずしゃべろう』という号令がかけられてきました。ところが、このような試験を受けるとなれば自分が話す英語の発音や文法を厳密に気にしなければなりません。英語教育の専門家は口をそろえて、必要に迫られないとスピーキングの練習にならないと言います。そこでうまくいかなかった経験を通じて、本当の話す力が身についていくのです。話せるようになるには『まずは話してみる機会』と『失敗の経験』が必要で、画一的な対策が有用なESAT-Jでは、目的と手段が見事に矛盾しています」

 だが、これだけではない。ESAT-Jはさらに複数の重大な問題を孕んでいるのだ。現在配信中の「 週刊文春 電子版 」では、別の専門家が指摘する採点の不公平性や地域格差、経済格差の問題、ベネッセが約5億円でESAT-Jの運営を受注した背景、ベネッセによる運営で懸念される問題などを詳しく報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?