「なんだか違和感」もこれで解消! iOS 16ならではの「6つのお節介な機能」をオフにする方法

「なんだか違和感」もこれで解消! iOS 16ならではの「6つのお節介な機能」をオフにする方法

新しく発売になったiPhone 14シリーズではiOS 16が搭載されています。また過去モデルの多くも、アップデートすることにより、iOS 16を利用できます

 iPhone向けに新たにリリースされた「iOS 16」では、数々の新機能はもちろん、見た目の部分にも大きな変化が加わっています。なかでもロック画面における常時表示ディスプレイ(Proモデル限定)は、これまでのiPhoneの印象を大きく変えるもので、見た目の新鮮さという意味では、近年のiOSのアップデートの中でもかなり出色です。

 さて、これら新機能の多くは、デフォルトではオンの状態で提供されているわけですが、過去の挙動にあまりにも慣れすぎていると「なんだか違和感がある」「できれば元の挙動に戻したい」と感じることもよくあります。

 今回はそんなiOS 16で変更になった挙動について、元に戻せるのか、また戻せる場合は具体的にどのような手順なのかをまとめてみました。今後標準となるであろう挙動だけに、そのまま使うに越したことはないのですが、どうしても我慢できない!となった場合に、以下の方法をチェックしてみてください。

■1.ロック画面のディスプレイ常時表示をやめる

 iPhone 14シリーズのうち、上位モデルである「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」でのみ利用できるのが、常時表示ディスプレイ。非使用時に画面を真っ暗にするのではなく、まぶしくない程度の明るさで時計や通知、さらにウィジェットを表示しておけるこの機能は、使っていない時のiPhoneの見た目をがらりと変える機能です。

 もっとも「iPhoneのディスプレイが点灯したまま=何らかの通知や着信があった証」という従来の感覚が身に染み付いていると、画面がつねに点灯しているのはかなりの違和感があります。iPhone 14 ProまたはiPhone 14 Pro Maxに乗り替えたものの、どうにも落ち着かず困っているという場合、これが原因かもしれません。

 この常時表示をオフにするには、設定の「画面表示と明るさ」で「常にオン」をオフにします。こうすれば通知や着信の直後を除いては、従来と同じく、画面は暗いままに戻り、気が散ることがなくなるのはもちろん、バッテリー持続時間にも好影響をもたらします。

■2.ロック画面の時計のフォントを元に戻す

 実はなにかと違和感を感じている人が多いかもしれないのが、ロック画面に表示されるデジタル時計のフォントです。

 iOS 16のロック画面に表示される時計は、これまでとは別の太めのフォントが標準設定となっており、あまりiOSらしさはありません。見慣れれば問題ないのでしょうが、現時点では落ち着かないと感じる人もいるはずです。

 この時計のフォントはカスタマイズが可能で、従来と同じ細身のフォントに戻すのも簡単です。方法は、ロック画面をタップ→長押ししてカスタマイズを呼び出したあと、時計エリアをタップ。下段に表示されるフォント一覧のうち、上段左から2番目にあるフォントを指定すれば、従来と同じデザインに戻ります。

 なおこのロック画面のカスタマイズは、iPhoneをグッと握りしめているうちにうっかり呼び出してしまいがちで、この機能自体をできればオフにしたいところですが、現時点ではそうした設定項目は存在しないようです。

 これらのカスタマイズは設定の「壁紙」からも行えますので、オフにしたところで実害は少なく、いずれオフにするための方法が用意されるかもしれません。

■3.ロック画面での通知表示を少しでも見やすくする

 iOS 16では、通知がこれまでのように画面上部にではなく、画面下部に表示されるように変更されました。画面サイズが大きなモデルだと、これまでのように画面の上ばかり見ていると、通知が届いているのをうっかり見逃す場合もあるほどです。

 通知が画面下部に表示されるレイアウトは残念ながら変更できず、慣れるしかないのですが、せめてもの解決策として、通知をリスト表示に切り替えることをおすすめします。

 デフォルトでは通知が重なって表示される「スタック」になっていますので、縦に並べて表示する「リスト」に変更するだけです。こうすれば、新しい通知が届くたびに画面の下から上へとせり上がってくるようになり、見落としを防ぎやすくなるはずです。

■4.ホーム画面の「検索」アイコンを非表示にする

 iOS 16では、ホーム画面のDockの上に「検索」というアイコンが表示され、検索画面(Spotlight検索)をワンタップで呼び出せるようになりました。

 ここは従来、ホーム画面の枚数を示すドットが表示されており、横にスワイプすると高速切替が行える機能を利用できました。その機能自体はいまも使えるのですが、「検索」というアイコンが常時表示されたままであることを、鬱陶しいと感じる人もいるはずです。

 これを非表示にするには、設定の「ホーム画面」で、検索の「ホーム画面に表示」をオフにします。オフにした状態で検索画面(Spotlight検索)を呼び出したければ、従来と同じく、ホーム画面を下にスワイプすることで、検索画面へと切り替えることができます。

■5.検索画面でキーワードの履歴を表示させない

 iOS 16の検索画面(Spotlight検索)では、これまでに検索したキーワードの履歴が表示されるようになっています。前回と同じ項目を繰り返し検索するには便利ですが、他人に画面を見せる機会が多い人にとっては、こっそり検索したキーワードが不意に表示されてしまい困ることもありそうです。プレゼン画面で表示されてしまって恥ずかしい思いをすることがあるかもしれません。

 検索履歴を非表示にするには、設定の「Siriと検索」で、「最近使った項目の表示」をオフにします。ちなみに履歴自体が削除されるわけではなく、オンにするとふたたび表示されますので、プレゼン時など誰かに検索画面を見られる場合だけオフにし、それが終わったらまたオンにして再表示させることも可能です。

■6.音声入力時に句読点を自動で入力させない

 iOS 16では、音声入力時に「、」や「。」といった句読点が、自動入力されるようになっています。話し掛けているリズムなどから句読点が必要と判断すると自動的に入力してくれるので、「、(てん)」、「。(まる)」などとわざわざ音声で読み上げなくとも自然な文章が作成できますが、アイデアを箇条書きで入力している場合などは、お節介と感じることもしばしばです。

 これをオフにするには、設定の「一般」→「キーボード」と進み、「自動句読点」をオフにします。こうするとiOS 15以前の「、」を「てん」、「。」を「まる」で音声入力したり、「かいぎょう」で改行する従来の使い勝手に戻ります。文章を書くのではなく、メモ用途を中心に音声入力を使う人は、こちらのほうが小回りが利いて便利かもしれません。

(山口 真弘)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?