「かわい子ぶってなんかいられない!」人気女優が大興奮した「ジブリパークの必見スポット」とは?《特別潜入グラビア》

「かわい子ぶってなんかいられない!」人気女優が大興奮した「ジブリパークの必見スポット」とは?《特別潜入グラビア》

ジブリの大倉庫 ©︎Studio Ghibli

 11月1日、スタジオジブリの世界を楽しめる超巨大公園が愛知県に誕生。ジブリが大好きな女優の安原琉那さんと、ひと足お先にいざ探検!


(安原琉那・やすはらるな 2006年11月11日生まれ。千葉県出身。実写映画『耳をすませば』(全国公開中)でヒロイン月島雫の中学生時代を演じる)

 名古屋駅から、地下鉄と愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)に揺られておよそ40分。「愛・地球博記念公園」にジブリパークはある。

 11月1日に公開されたのは3つのエリアだ。『耳をすませば』の世界に浸れる「青春の丘」、『となりのトトロ』がモチーフの「どんどこ森」、そして『ジブリの大倉庫』では短編アニメや企画展示を楽しめる。

■全身でジブリを体験!あの名場面に飛び込もう

 なかでも安原さんを大興奮させたのが「ジブリのなりきり名場面展」だ。

「うわーっ、カオナシだ! あっちはラピュタ……見て見て、『親方、空から女の子が!』」

 13作品の“誰もが知る名場面”がずらり。『紅の豚』の決闘ジオラマでは渾身のパンチを繰り出した。

「かわい子ぶってなんかいられないですよ! 映画の世界そのままだから、キャラの気持ちにグッと入っちゃう。必死の形相でなりきった方が絶対リアルで楽しいです」

 ジブリパークのコンセプトは“大さんぽ”。各エリアへ至る道の脇には草木が茂り、目の前をモンキチョウがひらひらと横切っていく。

「蜘蛛の巣もくぐりました(笑)。自然と頭の中にトトロの曲が流れてきて、ああ、私いま、ジブリの景色を歩いているんだなって。ベンチに何気なく置いてあるオブジェが月島雫ちゃんの帽子だったり、まっくろくろすけが隠れていたり『この先に何が待っているんだろう』とワクワクするから、足がどんどん前へ進んじゃう。次は家族でさんぽしたいな」

撮影 高橋マナミ ヘアメイク このみ スタイリング 田中あゆみ

※一般のご来園者は撮影できないエリアがございます

INFORMATION

ジブリパーク

愛知県長久手市茨ヶ廻間乙1533-1 愛・地球博公園内
電:0570-089-154(平日10:00〜17:00)
料:チケット予約制。青春の丘・どんどこ森/各1000円(4歳〜小学生は各500円)、ジブリの大倉庫/平日2000円(4歳〜小学生は各1000円)、土日祝2500円(4歳〜小学生は各1250円)

https://ghibli-park.jp/

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年11月3日号)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?