「身代金500万円を持ってこい」中国・瀋陽で起きた日本人誘拐事件。逮捕された“予想外の犯人”とは

「身代金500万円を持ってこい」中国・瀋陽で起きた日本人誘拐事件。逮捕された“予想外の犯人”とは

男性が誘拐前に宿泊していた中国・瀋陽市内のホテル ©時事通信社

 2003年10月9日、中国・瀋陽で観光客の日本人男性が誘拐されるという事件が起きた。

 この日、日本にいた妻のもとに1本の電話が入った。何気なく受話器を取った妻の耳に、聞き慣れぬ男の声が響いた。

「身代金500万円を持って、北京から乗り継いで、ここまでおカネを持ってこい」

 誘拐犯は日本語でそう指示してきたのだ。夫は旅を満喫しているだろうと思っていた妻は驚き慌てた。

■「被害者救出よりも犯人逮捕が優先」日本の警察を悩ます外国の操作手順

 外交青書(2004)の第5章「海外の日本人・日本企業に対する支援」の「海外邦人安全対策の推進」の項には、この年に日本人が巻き込まれた事件として、3月の中央アフリカのクーデター(1人が重傷)、8月のイラク国連事務所爆弾テロ事件(1人が負傷)、そしてこの中国・瀋陽における邦人誘拐事件が挙げられている。

 誘拐された日本人男性はこの土地で生まれ、幼少期に両親とともに日本に帰国。定年退職を機に、生まれ故郷の瀋陽に一度は行ってみたい、見てみたいと思い、1人でこの地を訪れていたという。

 通報を受けた警視庁では、捜査員が被害者宅へ急行。当時の捜査関係者A氏によると、「誘拐犯が身代金に関する電話を日本語でかけてきたことから、警察は当初、犯人を日本人または中国在住の日本人によるものだと推測して、中国の捜査機関に協力を要請。外国の警察組織と連携しながらの捜査となるため、事件を組織犯罪対策部の外国人犯罪や国際捜査を扱う組対2課が担当することになった」という。

 すぐに中国語が堪能な捜査員を含め数人が北京に飛んだ。中国側と事件解決について話し合うためだ。

「だが、中国と日本では誘拐事件に対する考え方も対応も、何もかもが違っていた。中国では誘拐事件がおきた場合、犯人に身代金を渡すことは絶対にしないという原則があった」と、A氏は当時の様子を振り返る。

「中国側では犯人らと銃撃戦になって、もし被害者が巻き添えとなって死亡してしまっても仕方がないと捉えていた。日本側が『被害者を絶対に殺してはならない』と訴えても、『無理だ。保証はできない』と主張された」というのだ。

 日本の国民感情からすれば、「身代金を渡しても、誘拐された被害者が無事に帰ってきてくれれば良い」と考える。それは警察も同じだ。「被害者を無事に連れて帰るのが、我々警察の仕事だ。被害者だけが殺されでもしたら、私たち捜査員は日本に帰れない」。捜査員たちはそう訴えたという。だが現場でいくら話し合っても、中国側は「身代金は渡せない」と譲らなかったという。

「外国と日本では手順が違う。それを理解していないと、外国の警察組織との連携は難しい」

 組対2課で米国の組織と連携した経験がある元刑事B氏は、日本と外国との捜査手順等の違いを説明する。

「日本では誘拐事件の場合、被害者を無事に確保して保護するのが最重要ミッションで、その次がホシの逮捕だ。現場でも『ホシが逃げた、そら追いかけろ、逃がすな! 捕まえろ!』ではなく、被害者が最優先。『被害者は無事か? 無事だな。問題ないな。なら、ホシを捕まえろ』という順になるが、他の国ではこの手順が逆になる場合が多い」(B氏)

 その違いは現場に踏み込んだ時、はっきりと表れるという。

「日本の警察は踏み込むにあたり、被害者対策だけを念頭に置き、他のものには目もくれずにいく。被害者が撃たれないよう、ケガを負わないよう、捜査員らは自らが盾になる覚悟で突っ込んでいく。だが、外国では被害者救出よりも犯人逮捕が最優先される場合がほとんどだ。被害者が殺されてしまっても仕方がないが、犯人は必ず捕まえる。さもなくば犯人を射殺するというのが、他国のやり方だ」(B氏)

■すでに誘拐犯は現地警察によって逮捕されていた

 捜査員らの必死の説得についに中国側が折れた。身代金の受け渡しについて譲歩したのである。A氏はその時の捜査員らの気持ちを「一時的ではあるが、これでしばらくは、被害者を危険な目にあわせずにすむだろうとほっと胸をなでおろした」と解説する。

 しかし、それもつかの間。中国側からこんな指示が入った。

「捜査員全員、ジャンパーを調達しろ。日本の捜査員は全員背広を着ているため、すぐに日本人と分かる。そのままではまずいので、明日、瀋陽に行く際には全員ジャンパーに着替えてくれ」

 当局にそう指示されれば、従わないわけにはいかない。捜査員らは困惑しながらも、秋風が冷たい北京の街で、なんとかジャンパーを調達したという。だが入手できたのは季節に合わない薄物のジャンパーだった。

 さらに中国側からの指示は続いた。

「どこで犯人が見ているかわからない。日本人が全員同じ行動をして、同じ方向に向かうとすぐにわかる。瀋陽の空港ではバラバラに空港から出るように」

 捜査員らは飛行機の中で薄物のジャンパーに着替え、瀋陽の空港に降り立った。瀋陽は北京よりも気温が低く、その日はかなり寒かったという。そんな肌寒さをこらえながら捜査員らは指示されたとおり、バラバラに歩き出す。

 その時である。空港を出ようとした彼らの足が止まった。目の前に、ずらりと現地警察が整列していたのである。何が起きたのか、捜査員らには見当もつかず、目の前の光景に驚きを隠せなかった。

「この時、捜査員の胸には嫌な予感しかなかっただろう」とA氏はいう。だが、日本人たち以上に驚いたのは、彼らに同行していた中国側の担当者だ。表情を強張らせ、担当者は慌てて現地警察に駆け寄った。

 前日の明け方、誘拐犯は現地警察によって逮捕されていたのだ。しかしこの時点まで、担当者にさえ犯人逮捕の一報は知らされていなかった。現地警察は空港玄関前で捜査員らを出迎えていたのである。

 被害者も無事に保護されていた。日本側の捜査員らはその知らせを聞き、安堵の思いでいっぱいだった。

「飛行機に乗る前に知らせてくれたら、寒い中、ジャンパーに着替えなくてもよかったのに」

 そんな笑い声があがったという。中国という他国で発生した事件が無事解決し、皆がほっとした瞬間だった。

■犯人は日本語が話せる中国人…母国語の癖が重要な手がかりに

 捕まえてみると誘拐犯は中国人男性。大阪に在住経験がある、日本語が話せるタクシードライバーだった。

 犯人は瀋陽の駅で被害者に目をつけ、宿泊先のホテルまで尾行。被害者の名前をフロントで盗み見て、チェックアウトの時間を知ったという。事件当日、誘拐犯は空港で被害者を待ち伏せしていた。被害者がスーツケースを引いて空港に到着したところを「ホテルに忘れ物がありましたよ」と言って近づいた。そして、そのまま被害者を誘拐したのだ。

 日本側捜査員は、誘拐犯が日本語で電話してきたため、はなから日本人だと思い込んで捜査をしていたのだ。犯人が逮捕された後、録音された電話のやり取りを聞いた捜査員は「そういえば、電話でチケットをチケトと言っていた」と証言した。中国語話者は、促音という、日本語の小さいツを発音するのが苦手な人が多いらしい。例えば「待って」と言う言葉は、中国人が言うと「待て」と命令調になりやすいという。

 中国語が堪能な捜査員はそれを聞き、「自分が録音を聞いていれば、最初から犯人は中国人だとわかっただろう」と言ったという。

 A氏も「外国人はどんなに日本語がうまくても、どこかにかならず母国語の癖が残っている。それを見逃さないことが必要だ。韓国人だと銀行家を銀行かーと言ったりするように、何気ないところに癖が出る。そこをみつけるのが重要だ」と語る。

 外国人が関わる犯罪や国際捜査において、捜査対象がどんな人間か、どの国の人間かを知るためにもっとも重要な手掛かりは、その人間が発する言葉だという。これは外国語に限らず、日本語でも同じだ。国内には多くの方言があり、出身地によりイントネーションが変わったり、地方によって言い方や言い回しが異なったりする。誰しも互いに標準語で話していても、相手の言葉の微妙な違いに気がつくことはあるだろう。

 捜査員たちは、事件を解決に結びつけるため、そういうちょっとした癖を発見する能力を磨いている。

(嶋岡 照)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?