「うそ言うわけないじゃない」「選挙に5回勝ってる」 安倍首相が2月に発した7つの珍言

「うそ言うわけないじゃない」「選挙に5回勝ってる」 安倍首相が2月に発した7つの珍言

衆議院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=20日、国会内 ©時事通信社

 統計不正問題、憲法改正問題、日ロ外交問題、拉致問題など、様々な問題について国会で論戦が繰り広げられている。そこで目立つのが安倍晋三首相の答弁だ。国会の外でのものも含めて、ここ最近の安倍首相の言葉を振り返ってみたい。

■疑われる統計不正問題への関与

安倍晋三 首相
「サンプル入れ替えは官邸の意志では全くない」
ロイター 2月18日

「いったん下がれ」
衆院予算委員会 2月20日

 統計不正問題について、安倍晋三首相と首相官邸の関与が疑われている。「毎月勤労統計」は2015年に調査対象を入れ替えて賃金のデータが大きく変動した。当時の流れを振り返ってみる。

 厚労省は従業員30〜499人の調査対象事業所についてサンプルを全て入れ替える「総入れ替え方式」で調査を実施していた。15年1月の入れ替えに伴うデータ修正では、12年〜14年分で賃金の伸び率がマイナスに転じる月があったため、2015年3月末、中江元哉・前首相秘書官(現・財務省関税局長)が厚労省の宮野甚一総括審議官、姉崎猛統計情報部長(いずれも当時)に「改善の可能性を考えるべき」という「問題意識」を伝えていたことが明らかになった。

 同年6月、厚労省は調査方法を見直すための「毎月勤労統計の改善に関する検討会」を発足。中江氏は同年9月14日に姉崎氏らと面会し、検討会の議論の内容について報告を受けていたことを認めた。中江氏は当初、「検討会を始める報告を受けた記憶はあるが、検討結果は報告を受けた記憶はない」と述べ、首相官邸の関与を否定していた(時事ドットコムニュース 2月20日)。

■9月14日の厚労省担当者メールが焦点に

 厚労省に保管されていたファイルによると、9月14日午後2時1分時点では「総入れ替え方式が適当」と記載されていたが、同日午後10時33分時点では一転して「サンプル入れ替え方法は引き続き検討」との表現に変わっていた(時事ドットコムニュース 2月21日)。しかし、姉崎氏は調査手法の変更を指示したのは9月14日に中江と面談する以前だったと述べている(ロイター 2月22日)。

 総入れ替え方式よりサンプルの部分入れ替え方式は賃金水準が高く出る傾向がある。安倍首相は18日の衆院予算委員会で「サンプル入れ替えは官邸の意志では全くない」「統計をいじって大きく見せようとしたことは全くない」と強調していた(ロイター 2月18日)。

 9月14日に厚労省担当者が検討会で座長を務める中央大学の阿部正浩教授にメールを送っていたことも明らかになっている。阿部氏は8月の段階で「総入れ替え方式で行うことが適当」と表明していた(毎日新聞 2月20日)。20日の衆院予算委員会で立憲民主党の長妻昭代表代行は、このメールについて根本匠厚労相に質問した。

 ところが根本氏はしどろもどろ。長妻氏が「中身は?」と問うと、安倍首相から根本氏に「いったん下がれ」という声が飛び、根本氏は「いったん戻ります」と言って答弁をやめて自席に戻ってしまった。長妻氏は「総理、『いったん戻れ』という指示はおかしいですよ」と反発。野田聖子・衆院予算委委員長も注意を行った。根本氏が思わず何か言ってしまうことを安倍首相は恐れたのだろうか?

 結局、根本氏は「委員以外の関係者から『部分入れ替え方式を検討すべきではないか』との意見があったと、阿部座長に連絡した」と答弁。この関係者について「中江氏のことだと思われる」と語った(時事ドットコムニュース 2月20日)。統計不正問題についての追及は今後も続く。

■北方領土問題は「領土問題じゃない」?

安倍晋三 首相
「領土問題じゃないんだ。経済も政治も秩序が大事。ロシアとの関係改善で世界のバランスがとれる」
『週刊文春』2月18日号

 北方領土問題について、立憲民主党会派の江田憲司衆院議員は、安倍首相が過去に25回行った日ロ首脳会談のうち、安倍首相がロシアを訪れた回数が圧倒的に多いと指摘。「朝貢外交だ」「首脳外交は相互訪問が原則だが、首相はお百度を踏むようだ。交渉のテーブルに着く前に負けだ」と非難した。これに対して安倍首相は「非難を浴びてでも解決しなければならない」と強調した(時事ドットコムニュース 2月20日)。

 ロシアとの平和条約締結に向けて「加速」しているはずが、その後音沙汰がない。一方、日本にメリットのないロシアの液化天然ガス事業に、日本政府が1500億円から2000億円の出資を求められているという(日刊ゲンダイDIGITAL 2月22日)。安倍首相はプーチン大統領との蜜月関係を強調しながら「領土問題じゃないんだ」と言ったそうだが、土地もカネも差し出すばかりで何を「解決」するつもりなのだろう?

■北朝鮮問題についてトランプ米大統領を「バックアップしたい」

安倍晋三 首相
「次は私自身が(北朝鮮の)金正恩(朝鮮労働党)委員長と向き合わなければならない」
ロイター 2月19日

 19日の政府与党連絡会議で、安倍首相は米朝首脳会談を控えるトランプ米大統領と電話会談する考えを示した。「次は私自身が」と言っているが、トランプ氏頼りなのはずっと変わらない。

 20日の衆院予算委員会では、「(トランプ氏と)北朝鮮の核・ミサイル・拉致問題の解決に向けて、密接に方針を擦り合わせたい」と表明し、「交渉を行うトランプ氏を信頼している。しっかりとバックアップしていきたい」と述べた(時事ドットコムニュース 2月20日)。「バックアップ」の次は、本当に「私自身」が拉致問題解決に乗り出すのだろうか?

■選挙に勝てばなにをしてもいいのか

安倍晋三 首相
「選挙に5回勝っている」
BLOGOS 2月19日

 安倍首相は積極的にヤジを飛ばす。18日の衆院予算委員会では、無所属の大串博志衆院議員から一連の統計不正問題について「(質問をしたことではなく)実質賃金ではない数値を挙げてしゃべる、だからこの人なにかおかしいことを言ってるんじゃないかなと(有権者は)思っている」と述べた際、安倍首相は席についたまま「選挙に5回勝っている」とヤジを飛ばした。

 これに対して大串氏は「選挙に勝っていればどんな統計をしてもいいということなんですか。そういう野次が出るところが総理の品格を問う」と指摘したが、本当にそう思っているんじゃないだろうか。

■話題になった「お父さん憲法違反なの」

安倍晋三 首相
「わたしがうそ言うわけないじゃないですか」
FNN PRIME 2月13日

 13日の衆院予算委員会では、憲法9条に自衛隊を明記するかどうかについて、立憲民主党の本多平直衆院議員から「(安倍首相が)下関の講演で、『お父さん憲法違反なの』と言われて、自衛官の息子さんが涙を浮かべていたという話をしているが、これは実話なのか」と問われた際、「わたしの言ったことはうそだと言っているんでしょ」「本当だったらどうするんですか、これ」などと激昂。

「いつどこで聞いたんですかって聞いてるんですよ。例え話なのか実話なのかと聞いただけじゃないですか」と言う本多氏に対して、「わたしがうそ言うわけないじゃないですか」と言い放った。統計不正をはじめ、数多くの「嘘」が問題視されているのに、当の本人が「うそ言うわけないじゃないですか」と主張しているのだから議論がかみ合うわけがない。

安倍晋三 首相
「次は出ない。次の総裁候補は岸田さんだよね」
『週刊文春』2月28日号

 2月18日、安倍首相は岸田文雄政調会長や根本匠厚労相ら当選同期の衆院議員と「同期会」を開催。安倍首相は総裁選について上記のように発言した。岸田氏は無言だったが、同席していた林幹雄幹事長代理からは「4選もあり得るけどね」という言葉が飛び出した(FNN PRIME? 2月20日)。

 2月10日の自民党大会では、二階俊博幹事長が「総裁に『さらに頑張って頂きたい』という声が出ると思う」と安倍首相の総裁四選を示唆していた。林氏は二階派に所属している。また、安倍首相が舌禍を引き起こした桜田義孝五輪相を更迭しないのは、自身の4選を支持する二階派への配慮という側面があるという見方もある。

 自民党の党則によると、総裁任期はもともと連続2期6年だった。2016年8月、安倍首相は「任期の延長ということについては、全く考えておりません」と語っていたが、任期を最長3期9年に変更して2018年に3選を果たした。「わたしがうそ言うわけないじゃないですか」と言う安倍首相なのだから、4選はないということになるが、まったく予断は許さない。

(大山 くまお)

関連記事(外部サイト)