「自殺した患者の存在さえ“口説き“の道具に」女性患者を信頼させて性的関係に持ち込む精神科医のあまりに卑劣な“手口”とは【鹿児島精神科の不倫・女性患者自殺トラブル】

「自殺した患者の存在さえ“口説き“の道具に」女性患者を信頼させて性的関係に持ち込む精神科医のあまりに卑劣な“手口”とは【鹿児島精神科の不倫・女性患者自殺トラブル】

鹿児島地裁

 鹿児島県内で2014~2016年にかけて精神科クリニックを経営していたX氏は、妻帯者でありながら患者や職員など多くの関係者女性と不倫関係になり、そのうちの1人だった職員のA子さんは精神的に追い込まれて自殺してしまった。

 X氏がA子さんに送ったLINEの中には、卑猥な言葉や罵倒なども多いが、それらの会話や行為は、「男女の問題」にあたるということで刑事事件として罪に問うことは難しい。

 A子さんの遺族は「自殺の原因はX氏のパワハラとセクハラだった」として鹿児島地裁で民事訴訟を起こしているが、X氏は「自殺は予見できなかった」と責任を否定しており、こちらも裁判所がどのような判断をするかは不透明だ。

■「患者に手を出す精神科医は全国に存在する」

 しかしこの事件に対して「精神科医が立場を利用して女性患者と性的な関係になることには倫理上の問題がある」と語る人がいる。「ブラック精神医療」や「発達障害のウソ」(いずれも扶桑社新書)などの著書があり、X氏の“多重不倫”やA子さんの自殺を調査したジャーナリストの米田倫康氏だ。

「精神科医が立場を悪用して患者に手を出す“事件”は、全国各地で発生しています。しかし、強制わいせつ罪などの刑事事件はおろか、民事裁判になっても女性患者側が不利なのが一般的です。というのも、患者は精神科医を信頼しきった状態で性的関係を結ぶので『合意があった』と認定されることが多いからです。さらには『症状や服用している薬の影響』を理由に証言の信用性が低く評価されることも多い。こういった慣例につけこむ精神科医もいます。だからこそX氏のような問題のある精神科医の存在を世に出して、精神医療の現場で患者が性的に搾取されている実態を訴えたいんです」

 米田氏がX氏の患者との性的な関係を知ったのは、2015年5月のことだった。X氏が女性患者のC子さんと不倫関係になり、そのC子さんが2014年12月に自殺していたのだ。C子さんが自殺したのは、A子さんが自殺する約2年前のことだ。

「お話してくれたのは、C子さんの母親の倉岡祐子さんという女性です。彼女が、亡くなった娘C子さんとX氏の間で交わされた膨大な量のメールのコピーを送ってくれました。X氏が送ったメールの中には、『元気になったら揉ませてくれ』などの性的な言葉や『向精神薬の窃盗、同行使なら実刑で5年は行くから』『今までのメール消せよ』などの脅し文句がこれでもか、と並んでいました。通院が始まった初期はX氏も明るい雰囲気だったのですが、次第に高圧的・支配的になっていき、それにつれてC子さんの精神状態が崩れていったことが見てとれます」(同前)

 それでもC子さんはX氏と性的関係を結んでしまった。その背景には「処方されていた薬の影響もあるのではないか」と米田氏は言う。向精神薬などを服用すると気持ちが落ち着く一方で、意識が朦朧として判断能力が著しく低下することもある。そのような状態の患者を精神科医が籠絡するのは簡単だという。

「ある患者の方が『薬を飲んでいると、ぼーっとしてどうでもよくなる』と話していたことが印象的でした。もちろんそれがただちに治療から逸脱しているとは言えず、私が『多すぎる』『強すぎる』と考えても、医師が『必要だと思って処方した』と言えばそれを崩すことは難しい。ただX氏はC子さんに強い薬を処方したうえで両親の悪口を吹き込んだりして孤立させ、自分に依存するように仕向けた形跡があります。C子さんは最終的に『もう一回病院に通い始めた頃からやり直したい』とX氏にメールを送って自殺してしまいました。薬の副作用もあって繊細なケアが必要な状態のC子さんにX氏がした行為は、適切とは言えないと考えています」

■「本来ならばX氏を暴行や準強制わいせつなどに問いたかったのですが…」

 C子さんの母から事件の顛末を知り、米田氏はX氏のクリニックについての調査を本格的に開始した。

「X氏を強制わいせつや脅迫などの罪に問いたかったのですが、医者の地位は法律的にかなり守られていて難しい。ただ経験上、女性との関係に問題がある精神科医は倫理意識が低く、診療報酬の不正などもしているケースが多い。それで調べていくと、C子さんの父親の元に心当たりのない薬や医療記録が届いていたことがわかりました」(同前)

 X氏はC子さんに父親の保険証を持ってくるように伝え、それを使って父親を診療したかのように見せかけ、健康保険から医療費をだまし取っていたのだ。米田氏はその事実を伝える告発状を作成し、さらに周辺調査に力を入れた。すると、X氏の性的な被害に遭っていた女性が複数いることが判明した。

 C子さんが自殺した際、X氏はC子さんの親族に、関係を持ったのはC子さん1人だけと伝えていた。しかし米田氏が直接会った元患者の他、インターネット上でX氏の情報を募った結果、実際には他にも複数の女性患者と性的関係があり、診療の際のわいせつ行為や性的なアプローチを受けた女性も含めるとその数は10人以上にのぼった。

「調査を始めて、次々に被害女性が出てくるので驚きました。その女性たちから提供されたLINEやメールを見ると手口がいつも一緒で、X氏はまるでゲーム感覚のように感じました。ソフトで優しそうな口調で信頼関係をつくり、『あなただけは他の人と違う』というような特別扱いをする。強く出たかと思えば、『死にたい』『もう病院を閉じる』と弱みを見せるのも常套手段で、診察で知った家族構成や悩みさえ口説きの道具にしていました」(同前)

 患者だったC子さんが自殺し、約2年後にはクリニックの職員だったA子さんも自殺しているが、X氏はそれすらも“武器”にしていた。

「自殺してしまったC子さんやA子さんの存在すら利用していたのは本当に許せません。『自分のせいで患者を死なせてしまった』と悩みを吐露するように見せて、別の女性の気持ちを引きつけようとしていたんです。金を貢がされている被害者もいて、まさに“搾取”と言えるのではないでしょうか」

■「精神科医が患者と性的な関係を結ぶのがタブーであることは明白」

 X氏は診療報酬詐欺などの事件では2020年2月に執行猶予つきの有罪判決が確定しているが、現在行われている民事訴訟の口頭弁論でも、精神科医と患者が性的関係を結ぶことについて「必ずしも問題はない」と主張している。

「問題ないわけがないですよね。日本精神神経学会は2014年に倫理綱領を作成して、患者に対する『乱用と搾取の禁止』という項目を制定しました。さらに2021年には細かいルールを作り『診療の相手方に対して性的接触を図る行為』は地位の乱用に当たり不適切だとしたうえで、『自らの優越的立場を利用した性的搾取は特に深刻な反倫理的行為』としています。業界としても、精神科医が患者と性的な関係を結ぶのがタブーであることは明白です」(同前)

 さらに、問題行為を起こした医師の免許についても厚労省に新たな動きがあるという。

「精神科医に限らず、患者に対する性犯罪で有罪が確定した医師は免許剥奪になりますが、お金を払って示談に持ち込み、刑事裁判を回避することで医師を続ける人も多い。しかし厚労省で、民事裁判で認められた事実なども医師免許の停止や剥奪に適用するという動きが出てきているんです。X氏が剥奪の対象に該当する可能性も十分にあると考えています」(同前)

 精神科医という人間のやわらかい部分を取り扱う職業の人間が悪意を持っていた場合、患者の側にそれに対抗する手段はほとんどない。より厳密なルールと運用が求められる。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?