「私の場合、家の中に頼る人がいないから…」90歳ツイッタラーが、70代でSNSを始めたわけ《都営住宅ひとり暮らし》

「私の場合、家の中に頼る人がいないから…」90歳ツイッタラーが、70代でSNSを始めたわけ《都営住宅ひとり暮らし》

大崎博子さん ©文藝春秋

 90歳にして、Twitterフォロワー数19万人を誇る、大崎博子さん。

 趣味は、散歩と太極拳と麻雀。BTSと晩酌をこよなく愛し、都営住宅に一人で暮らす現在のライフスタイルを、「高貴香麗者(こうきこうれいしゃ)」といたずらっぽく呼ぶ。

 パソコンを使い始めたのは78歳のとき。ABEMAの麻雀番組『Mリーグ』を視聴するために、自らFire TV Stickを購入し、セッティングもやってのけた。

「本当は機械オンチなの。でも、“やってみよう”という気持ちを大切にしている」

 そう言って笑う大崎さんが教える「幸せな老後の一人暮らし」に必要なこと。(全2回の1回目/ 続き を読む )

◆◆◆

――大崎さんがTwitterを始めたきっかけは、娘さんからの提案だったそうですね。

大崎 そうなんです。娘から「やってみたら」とすすめられて、2011年に始めました。最初はフォロワーが娘を含めた数人しかいないから、面白くもおかしくもなかったんです。

 ところが、その矢先に東日本大震災が発生しました。当時、原発事故のことで東京電力に対して不信感を抱いていたんです。戦争体験者の私としては、都合のいい大本営発表のように思えてしまって……そんな不安や苛立ちをツイートしてみたんです。すると、あれよあれよとフォロワーさんが増えていって。

――数人だったフォロワーが、瞬く間に数百人、数千人に増えていったと。戸惑いみたいなものは?

大崎 もう怖かったんです。MacでTwitterをしていたものですから、通知が来たら音が出る設定にしていた。だから、音が鳴りっぱなし。音を消す方法もわからないから、何が起こっているのかわからなくて「怖い」という感覚でした。

「怖い」という趣旨のツイートをしたところ、フォロワーさんから、「通知機能だから大丈夫ですよ」と教えてもらって、ポジティブなこととして受け止められるようになりました。

■78歳でパソコンを使い始めた理由

――すぐに通知音を消すこともできたのですか?

大崎 当時、私は年間9880円で通い放題のパソコン講座を受けに、銀座のアップルストアへ通っていたんです。そこで消し方も教えてもらいました(笑)。

――現在、大崎さんが一人暮らしをしている練馬区から銀座まで、Macを背負って通っていたんですか?

大崎 78歳でMacを購入して、3年間通いました。これも娘からの提案でした。一人娘なのですが、彼女は24歳のときにロンドンへ留学して、そのまま現地で就職。ついには、旦那さんと国際結婚して、今もロンドンで暮らしています。日本に戻ってくるのは、隔年おきです。

 ですから、私がインターネットを使えるようになれば、安否確認を含め、国際電話より安価で連絡を取り合うことができる。それで「Macを買えば、通い放題のパソコン講座を受けられる」とすすめられたんですね。ずっと通えば、「お母さんでも使えるようになる」って。

■パソコン習得のモチベーションを高めたものは…

――娘さんの後押しがあったんですね。

大崎 実際に通ってみたら、すぐ楽しくなっちゃった(笑)。通い放題といっても、ウェブ上で予約を取らないといけないし、しかも1回ずつしか予約できないんです。予約、受講、予約の繰り返しね。だからひとまず、予約の取り方と、YouTubeの視聴方法だけを覚えるようにしました。どうしてもYouTubeを見たかったのよ。

――目的がはっきりしているから、一生懸命覚えることができたわけですね(笑)。

大崎 私は当時から韓流アイドルが好きで、5人のときの東方神起の動画をどうしても見たかったの。はじめてYouTubeで彼らのミュージックビデオを見たときは、「ああ、見られた!」って、うれしくてうれしくて。初めて触れるものって、一気にマスターしようと欲張らずに、一つずつ覚えていくことが大切ね。

――しかも、銀座までお出かけするから身だしなみに気を使うなど、一石何鳥にもなりそうです。

大崎 「銀座まで通う」という環境が、パソコンに向かい合うモチベーションを高めてくれたと思います。毎回、マンツーマンの授業を1時間、グループ授業を1時間受けて。教室では私が最年長だったけど、受講生は中高年の方ばかりだから、お友だちも増えるでしょ。三越の屋上に無料休憩所があるから、お菓子を持ち寄れば、あまりお金をかけずに友だちと談笑できるし。

■「戦争おばあさん」にはなりたくない

――パソコン講座に通い続けながら、次第にフォロワーも増えていく。そして、8月15日(終戦記念日)に戦争体験をつぶやくことで、また一気にフォロワーが増えていったんですよね?

大崎 Twitterでつぶやいたら、若い人たちにも戦争のことを知ってもらえるんじゃないかと思ったんですね。実際にツイートしてみたら、たくさん反響もありました。それにフォロワー数が増えるのは、すごくうれしいことでしたね。

 でも、今は逆に戦争の話はあんまりしていないんです。“戦争おばあさん”になるのもいやだなって(笑)。そういうイメージを持たれたくなかったし、「90歳まで元気でいる私を見てちょうだい」っていう気持ちがあるんです。

――素敵ですね。毎日こんなことをやっていて、文字変換だってできるんだぞ、というところも見てほしいですよね。

大崎 そうそう。90でも元気だし、何だってできるわよって感じ。そういう気持ちを持って、今も発信しているんですよね。それにツイートが備忘録にもなるから、手軽に日記を書いているみたいでいいのよね。

■麻雀番組を見たくて、Fire TV Stickを購入

――大崎さんのご自宅を拝見すると、Macはもちろん、iPadやFire TV Stickもあります。ものすごくテックを活用されている印象を受けます。

大崎 iPadは、コロナの特別定額給付金を使って購入しました。今はiPadからつぶやいていますね。Fire TV Stickは、大きな画面で動画配信を見たかったから、自分で買って、自分でセッティングしました。

 私は麻雀が好きで、今も健康麻雀の会に通っているんです。その先生から、「プロ雀士の打ち方を見なさい。そうしないとうまくならない」と言われ、ABEMAの麻雀番組『Mリーグ』をオススメされたんです。それで、Fire TV Stickを買ったんですよ。

■「お母さんでも一所懸命やればできるはずだ」

――いろいろとすごすぎます(笑)。シンプルな動機こそ上達の秘訣なのかも……。

大崎 苦戦しながらなんとかセッティングしました。Wi-Fiのルーターっていうの? あれも銀座で買ってきて、サポートを受けながら自分で全部セットして。私は、本当は機械オンチなの。こういうことができるとは思っていなかった。でも、娘に言わせると「できるはずだ」。「素人でも設定できるようなものを売っているんだから、お母さんでも一所懸命やればできるはずだ」って。

 でも、彼女の言う通りなんですよ。最初からできないって決めないで、まずやってみる。できなかったら最終的に誰かに頼むとか、他の案を考えればいいだけで、最初からできないって思わないことが大事ですよ。それに、「まず自分でやってみる」という筋が一本あると、何か悩んだときに解決への道が早いのよ。

――なるほど。やれるかどうかわからないと立ち往生するよりも、「やってみてできた」なら解決するし、「やってみてできない」なら「他の方法を考える」に移行できる。たしかに、解決までのスピードが早い。

大崎 私の場合は、家の中に頼る人がいないからということもあるんだけど……年齢の問題じゃなくて、心の持ちよう次第ですね。

■Twitterと麻雀は「頭の運動」

――その腹の括り方がすごいです。大崎さんは太極拳もやっていらっしゃるんですよね。

大崎 そうです。健康のことを考えて、82歳のときに太極拳を始めました。毎日散歩もしているので、この二つが体の運動。そして、Twitterと麻雀が頭の運動ですね。

――麻雀歴は長いんですか?

大崎 昔、家庭麻雀にのめりこんだ時期もあったのですが、さっぱりやらなくなっちゃって。Macの講座が終わったタイミング……83歳のときに健康麻雀の会に通い始めるようになったんです。周りからは、「83歳でやめる人はいるけど、83歳で入会する人はいないよ」って言われました(笑)。

■「手を高くすることが、私にとっては脳を使うこと」

――まったく90歳に見えない“若さ”の理由が、なんとなくわかりました(笑)。

大崎 麻雀をしていると脳が活性化するのがわかるんです。ピキーンって脳が回っているなって。私ね、安い手では上がらないようにしてるんです。

――今の言葉を口にするとき、とてもいい顔をされていました。

大崎 手を高くすることが、私にとっては脳を使うことにつながっているんです。

――健康麻雀に、まさかオオカミが紛れ込んでいるとは(笑)。やっぱり負けたくないという気持ちが?

大崎 もちろん! 健康麻雀だから楽しむことと脳トレが一番の目的ですが、それでも私は負けたくない。さらに強くなるために、ここ2~3年は戦績の記録を付けています。

――大崎さんの話を聞いていると、「気持ち」ってとても大事なんだと改めて気付かされます。

大崎 やれるんだったら、やってみたほうがいいわよ。私はね、「今後やりたいことがあるとしたら何?」と言われたら、社交ダンスを挙げます。若いときにやっていたけど、子育てとかいろいろなことがあってやめちゃって。でも、麻雀仲間が社交ダンスの会に入っているから、私もまたやりたいなと思って。やれる可能性がゼロじゃないのに、できないと決めつけてしまうのは、もったいないと思うのよね。

写真撮影=深野未季/文藝春秋

「65歳のときに、納骨の場所も決めちゃった」90歳おばあちゃんツイッタラーが語る、老後ひとり暮らしの“備え”とは へ続く

(我妻 弘崇)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?