「ヒロインが漏らすわけにはいかない」リスもゴキブリも食べた“雑食グルメ漫画家”が語る「NG食材」のボーダーライン

「ヒロインが漏らすわけにはいかない」リスもゴキブリも食べた“雑食グルメ漫画家”が語る「NG食材」のボーダーライン

連載期間6年を突破、14巻続く異色のグルメ漫画『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』 ©ぽんとごたんだ/双葉社

〈写真あり〉ヌルヌルした「ペニスフィッシュ」を食べたことも…作品が面白くなるなら何だってやる「雑食グルメ漫画家」の美学 から続く

「僕はもう『出されたら食べる習性』が身についてしまった」。これまで食べた食材は、ワニ、リス、キツネ、カラス、深海魚など……食への好奇心が強すぎる女子高生が主人公の漫画『 桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 』を連載する、ぽんとごたんだ氏インタビュー第3弾。

 最終回では「NG食材のボーダーライン」や「これからの意気込み」などを教えてもらった。(全3回の3回目/ #1 、 #2 を読む)

◆◆◆

■「NG食材」のボーダーライン

――「なんでもアリ」という印象の雑食ライフが描かれていますが、NG食材はある?

担当編集K氏(以下、編集K) 愛玩動物かな。特に犬や猫はやめようねという話はしています。食材として作中に出てくる生き物の描写も、あまり可愛くなりすぎないように気を付けてもらったり。例えばハリネズミを食べる回とか。

ぽんとごたんだ 漫画にするときは、その食材をどう扱えば面白くなるかにチューニングするんですが、うっかりかわいくなってしまう場合もありますけどね。

 カメの回を描いたときは、当時担当だったSさんが読んでちょっと悲しい気持になったと聞いて、「あー、かわいく描いちゃっていたかな~」なんて。ペットとしての姿を、強く思い浮かべてしまう人もいるので難しいところです。

――かわいいものがおいしく見える、とかはあるんでしょうか。

初代担当編集のS氏(以下、編集S) かわいいかどうかは人それぞれでしょうけど、最近ではそのへんのハトも普通に食材に見えてきました。水族館へ行っても、あれは食べた、コレはまだだ……みたいな。

 仕事で沖縄へ行ったときは、街で野生のフルーツコウモリを見つけたんですよ。ウワサでおいしいと聞いていたんで「コウモリいましたよ!」と、ごたんださんに写真を送ったり。かわいいと思う以前に、身のまわりのものが食材に見えてしまう。

ぽんとごたんだ フルーツコウモリは、話を聞いたときからずっと食べたいって思ってて。結局まだ、食べられてませんが(※日本では鳥獣保護法で捕獲は禁止されている。駆除の場合は各自治体に届出を出して許可を得てから、捕獲して処分する)。

 あとはアルマジロとかも食べてみたいし、シマウマも気になっています。アフリカでしたっけ? 缶詰があるという話です。日常的に「アルマジロ食べてみたい」と、「寿司食いたい」くらいのノリで話しています。

編集K みんながこんな有り様なので新鮮な反応も欲しくって、研修中の新入社員を取材に連れていったこともありました。ウミガメとキョンを食べる取材に同行してもらおうと思っていたんですが、ごたんださんが「ちょっと待ってください。確認したほうがいい」と電話で言い出して。

ぽんとごたんだ いやなものを無理やり食べさせる、パワハラみたいになっちゃわないかなと。

編集K 私たちにとってはご褒美ご飯の範疇だから、よかれと思ってたけど、言われてみたら確かに。ごたんださんの言葉で初心に帰り、これはいけないと慌てて食べられるかどうかを確認しました。

■「出されたら食べる習性」が身についてしまった

新人編集T氏(以下、編集T) 僕は6月に担当になったばっかりで、取材はマッドハニーを食べる会にご一緒したくらい。何を食べるのか? 何があるのか? まだまだ想像もつかない世界です。この食材を食べられるか? と聞かれても、多分それすら判断できません(笑)。

ぽんとごたんだ そうした人たちと比べると、僕はもう「出されたら食べる習性」が身についてしまった。だから友達に食用コオロギやミルワームを出して「絶対無理!」みたいな反応をされると、「食べないなんて食材に失礼だろ!」「死にゃしないのに何言ってんだ!」とさえ思ってしまう。そういう考えは、よくないという自覚はあるんですが……。

 でも、時々そうした態度にしっぺ返しをくらいます。いろいろ食べて経験を積んで、調子に乗っていたんですよね。ウーパールーパーを食べに行ったときに、流れでタガメもいこうと。イケるイケる! と無策にガッと口にしたら、思った以上のダメージをくらってしまって。タガメはラフランスの香りが、衝撃だった。もっと謙虚にならなくては、と反省しています。

――味以外で困ることは?

ぽんとごたんだ 食材の解体です。カエルとか蛇とか。料理されたものを食べるのはほとんど問題ありませんが、グロテスクなものが苦手なんです。ホラー映画も、グロテスクなヤツは観られない。

 でもクジラの解体なんかは、グロテスクを通り越して圧巻だった。スケールがデカすぎると、感動するということを知りました。解体は慣れもあるので、最近はちゃんと食材として見られるようになりましたけど。

 他に困ることといったら味の描写かな。スタッフみんなでリスを食べに行ったときですかね。「この味、何かに似てる」みたいな話になるじゃないですか。でも、喩える肉の味もまたジビエ。雑食を雑食で喩えるみたいな。

編集K 経験を重ねることで、かえって読者には伝わりづらくなってしまう問題もありますね。でも珍獣屋のリス鍋、おいしかったですね。食感が軟骨みたいで。

■編集部で「評判の悪い食材」は…

――編集部で「評判の悪い食材」はありますか

編集K やっぱり虫は苦手な人が多いですかね。校了時は編集部内でひととおりその号の原稿を読むのですが、虫が嫌いな編集は虫の回だと読んでくれない(笑)。

 私はもともと営業だったんですが、桐谷さんは1巻が出たときから大好きな作品で、ずっと担当したいとアピールしていたんです。念願叶って担当できたのはそのかいあってということに加え、編集部で虫を食べられる人が誰もいなかったのも大きそうでした(笑)。

 とはいえゴキブリは絶対無理なので、前の担当であるSさんが既に行ってくれていて、よかった……。

 編集部として「これはNG」としている食材は今のところ基本的にありませんが、ただ常に「やばい」というコメントは飛んできます。編集長に食材の領収書を提出すると、いつも「やばい」と言いながら、ハンコを押してくれる。私が担当してからも、ヌタウナギやエミューの卵、カエルの産道、いろいろ買いましたね。

■誰が漏らすのか問題

――2016年に連載がはじまり、はや6年。いろいろなものを食べまくり、体調面は問題ありませんか?

ぽんとごたんだ 実は僕、おなかが弱くて。でもジビエなんかは赤みの肉が多かったリして、脂が少なくむしろヘルシーです。だから、おなかを壊したりすることは、ほとんどありません。

 でも、まだ未食ですがバラムツ(※美味だが食べるとお腹を下すといわれる大型魚)は、大変なことになるかも。消化できないワックス成分が多いのでおいしいけれど、消化器を通過して垂れ流しになってしまうという。

 食べてはみたいのですが漫画にしたとき、誰が漏らす展開になるのか問題です。ヒロインである桐谷さんが漏らすわけにはいかないし。順番にトイレに行けばいいのか。体調面含め、悩ましいです。

 それでも毎回「こんな食材があるんだ」という驚きがあるのは本当に楽しい。実際に見て食べて、味を確かめて驚く。新鮮な体験をさせてもらえてるっていうのは、すごくありがたいですね。この漫画では、食材を扱うとき「雑食」という言葉を使うことにもこだわっていきたいです。

 食材をゲテモノとして扱って悪いイメージがつくような言葉じゃなく、興味があって食べてるんだというのが伝わるといいなと。単行本が14巻に入りましたが、未だに調理も食材の知識も素人目線でやっています。新鮮な驚きを持ち続けたまま、食材へのポジティブな姿勢、魅力を引き出せるように描いていきたいです。

「うぅ、先生に無理やり奪われた…」カエルを食べるためなら手段を問わない「美少女JKのヤバい思考回路」 へ続く

(ムシモアゼルギリコ)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?