ジョーダンもスラムダンクも変えられなかった日本バスケ界 強くしたのは誰か?

ジョーダンもスラムダンクも変えられなかった日本バスケ界 強くしたのは誰か?

日本代表の中心選手、ポイントガードの富樫勇樹  ©AFLO

 マグマがわき出るように、新しいものが次々とわきあがっている。日本のバスケットボール界が時代の転換点にあるのはご存じだろうか。

 2月24日。バスケットボールの日本代表が、中東の国カタールの首都ドーハで、今年の初秋に中国で行なわれるW杯出場を決めた。キャプテンの篠山竜青はこう語った。

「日本の夜明けが来たと思う」

 1990年代にはマイケル・ジョーダンのいたシカゴ・ブルズの2度の3連覇と、それにともなうNBAブームや『スラムダンク』の空前のヒットもあった。しかし、それらを追い風にすることは出来ないまま、日本バスケットボール界は冬の時代を過ごしてきた。

■自力でW杯に出るのは21年ぶり、そして五輪出場は44年ぶり

 W杯出場は初めてではないのだが、前回出場したのは13年前で、このときは開催国として特別に出場権が与えられた。その前に、アジア予選を勝ち抜いて出場した機会となると、21年前にさかのぼる。

 バスケットボールは他の競技とは異なり、開催国に無条件でオリンピックの出場権が与えられるわけではない。その国のバスケットボールのレベルや成長具合が出場にふさわしいと国際バスケットボール連盟(FIBA)に認められたときにはじめて、開催国に出場権が与えられる。

 来年の東京オリンピックを控えているが、現時点で日本代表の出場は約束されていない。そこがサッカーや野球との決定的な違いだ。ただ、21年間も自力での出場から遠ざかっていたW杯の出場権をつかんだため、FIBAが東京オリンピックへの出場権を与えると見られている。日本にとっては実に44年ぶりとなる、オリンピック出場が現実のものとなりつつある。

 長く冬の時代を過ごしてきた日本バスケットボールが、新たな時代を迎えようとしているのはなぜなのだろうか。

 そこには大きく分けて3つの要因がある。

■(1)「改革者」川淵三郎と「クラッシャー」東野智弥の情熱

 少し話はさかのぼるのだが、2005年に、完全プロ化を売りにしたbjリーグが誕生した。背景の一つは、1993年のJリーグ誕生以降、長年にわたってバスケットボールのプロリーグ発足について検討されてきたが、実現にこぎつけなかったことだ。そこで一部の関係者が志をもって、bjリーグを誕生させた。とはいえ、当時の日本のバスケットボールの主流は、実業団が主体だったJBL(2013年からNBLに発展、改組)である。

 結果的に2005年以降は、国内にトップリーグを標榜するリーグが2つも存在する異常な時代が続いていた。これにFIBAが異議を唱え、再三にわたり、警告を送っていた。ところが、国内リーグの統一に向けて進展の気配が見られず、FIBAが2014年11月に日本のバスケットボール界の国際大会への出場を一切禁止した。

 上記の問題はあくまでも日本の男子のバスケットボールのリーグの問題だったが、FIBAの処分は男子だけにとどまらず、アジアのなかではすでに強豪国の地位にあり、問題の核心とまでは言えなかった女子にまで及んだ。

■バスケ界の足を引っ張ってきた人たちとの決別

 こうなると、待ったなしだ。さすがに批判が殺到。サッカーのJリーグを立ち上げた川淵三郎氏が国内の男子プロリーグ創設の責任者を任され、同時に2015年5月からは日本のバスケットボール界の頂点である日本バスケットボール協会(JBA)の会長にも就任して、Bリーグが発足。2016年9月22日に開幕した。

 バスケットボールの門外漢である川淵氏を中心にすえてのBリーグ誕生は、メリットをもたらした。

 まず、日本バスケットボール界の足を引っ張っていた人たちとの決別をした。前述の通り、再三にわたり検討されたバスケットボール界のプロ化が実現しなかったのは、この世界の常識にどっぷりつかった人たちが忖度と利権と配慮でがんじがらめになってしまったからだった。

 そのうちの一部は、川淵氏らがバスケットボール界のプロ化に邁進して行く段階で「日本バスケットボール推進協議会」なる圧力団体に近いものを立ち上げた。昨年12月、Bリーグが誕生して3年目となった時点でも、FIBAのエグゼクティブコミッティーのメンバーであるインゴ・ヴァイス氏が彼らの活動に苦言を呈したほどだった。過去のバスケットボール界の人たち全てに問題があったわけでは決してないが、業界の利益だけではなく、個人の利益や理屈を優先させようという考えがはびこっていたのは事実。そして、それをFIBAからの制裁を機に一掃できたのは大きな意味があった。

■アルゼンチンの名将にあきれられた「クラッシャー」

 さらに、Bリーグ誕生につながる一連の改革は代表チームの強化の後押しとなった。Bリーグ開幕にあわせて、日本バスケットボール協会の競技面での責任者である技術委員長に東野智弥がついた。彼は過去に日本代表チームのアシスタントコーチを務めたり、bjリーグの浜松・東三河フェニックス(現在の三遠ネオフェニックス)のヘッドコーチ(HC)を務めていた時代にはリーグ優勝を果たした経験のある人物だ。

 彼は昔から情熱家であり、2004年のアテネオリンピックで金メダルを取った要因を探ろうとして、アポなしでアルゼンチンバスケット協会をたずねて、朝の8時から現地でまちかまえて、様々なノウハウを学んできたほどの情熱家だった。そのために、ついたあだ名は「クラッシャー」だ。

 そんなクラッシャー東野が技術委員長につくことが決まったとき、川淵は短く、伝えたという。

「東野、思い切りやれ!」

 その言葉の言外には、日本代表が強くなるためにふさわしい指導者を探し、粘り強く交渉して、日本に連れてくること。そして、そのために金銭面や条件面で厳しいものがあれば、バックアップを惜しまないことが含まれていた。

 情熱を武器にする彼は、その命を受けて、そして自らの人生をかけて、バスケットボールの強国アルゼンチンに飛び、ある名将を口説き落とした。もっとも、オファーは一度は断られているのだが、その2週間後に再びアルゼンチンにわたって、新たなオファーをする。東野にあきらめるつもりはなかった。彼がそこまで情熱をかけて、招へいしようとしたのが、2012年のロンドンオリンピックで母国をベスト4へと導いた名将フリオ・ラマスである。ラマスと会うためにアルゼンチンだけではなく、世界中に飛んだ。ラマスのチームがカナダのトロントで試合をするとわかれば、トロントに足を運び、ラマスにあきれられたこともある。

 ともかく、そんな熱意が実を結び、2017年7月、Bリーグ開幕から10ヶ月後にラマスが日本代表のHCに就任した。気がつけば世界を知らない指導者ばかりになっていた日本バスケ界に、世界の舞台を知る彼がもたらしたものは大きかった。

■(2)東京オリンピックのため、“あえて”国内でプレーする選手

 身長わずか167cmながら、Bリーグの顔役である富樫勇樹という選手がいる。司令塔とも称されるポイントガード(PG)のポジションを務めて、予選では怪我で欠場した2試合をのぞき、10試合で先発した。

 彼は、中学3年生のときに全国中学校バスケットボール大会で優勝。そのあとアメリカにわたり、田臥勇太に続いて、日本人で2番目にNBAのチームに登録された(公式戦出場はなし)キャリアの持ち主だ。

 富樫はBリーグの千葉ジェッツふなばしという強豪チームに所属しているが、もともと強い海外志向の持ち主だ。アメリカだけではなく、ヨーロッパでのプレーを模索していた時期もある。そんな日本バスケ界の逸材が、Bリーグでプレーする理由について、こう語っていた。

「東京オリンピックの出場を熱望しているし、成長するために出場機会が必要だと思っています」

■やはり渡米を遅らせたホープ・馬場雄大

 同様の発言をしている期待のホープは他にもいる。大学卒業を待たず、異例となる大学4年生の途中にプロになった馬場雄大だ。サッカー界では似たようなケースとして、高校2年の途中にプロになった香川真司がいると表すれば、馬場の凄みもわかるだろうか。

 実は、馬場も大学卒業にあわせての渡米を検討していた。もちろん、将来的にアメリカでプレーする夢は少しもあきらめておらず、語学の勉強のために最近では英語で日記をつけているほどだという。そんな彼もまた、渡米を遅らせている理由の一つとして、東京オリンピックの存在をあげている。

 何故そうなるか。その背景には少しややこしい状況がある。

 今回のバスケットボールのW杯予選は、サッカーの予選をまねて、1年間に4回の代表戦ウィークを設けて、ホーム&アウェー方式で行なわれた。通常のシーズン中にリーグ戦を中断する形でも代表戦ウィークが組まれていたのだが、アメリカでプレーする選手たちは、ここには参加できない。

 本来であれば、海外でプレーしていてもおかしくはない人材が日本にとどまっているのは、Bリーグという受け皿が誕生したことに加えて、栄誉ある自国開催のオリンピックが迫っているという特別なタイミングであるからだ。

 Bリーグでプレーしていれば、日本代表の活動には基本的にフルタイムで参加できる。現時点での彼らの選択が、日本の躍進につながっているのは間違いない。

■(3)「日本バスケ黄金世代」

 実は今回のW杯予選では、大きなターニングポイントがあった。それが昨年6月から9月にかけてだ。

 簡単に今回の予選を振り返ってみる。グループ内の総当たり戦で行なわれる予選では、一昨年の11月の初戦から4連敗を喫して、あと1つ負ければ敗退の危機に瀕していた(予選3試合目と4試合目に敗れたのは、前述の富樫と馬場が怪我で欠場していた影響もあった)。

 そんななかで、日本に追い風が吹く。まず、Bリーグ初代MVPに選ばれたニック・ファジーカスの日本への帰化が昨年4月に認められた。

■アメリカでプレーする渡邊雄太と八村塁の存在

 そして、何より大きいのが、現在はアメリカでプレーしている渡邊雄太と八村塁が代表に合流する機会が生まれたことだった。

 アメリカのシーズン中には所属チームが例外的に代表への参加を認めない限りは、W杯予選に参加できないのは前述のとおりだ。ただ、昨年6月と7月の予選5試合目と6試合目、および9月に組まれていた7試合目と8試合目に関しては、アメリカのシーズンオフにあたるため、海外で活躍する彼らの参加が可能だった。

 4連敗したあとにチームに合流した彼らが起爆剤となり、日本はそこから4連勝。さらに、彼らがアメリカのシーズンのために参加できなかった最後の4試合も全て勝ちきり、終わってみれば4連敗からの8連勝でW杯予選突破を決めた。

 渡邊は世界最高峰のNBAのメンフィス・グリズリーズと特殊な契約を結んでいるのだが、すでにNBAでの出場試合数はあの田臥をぬいて、歴代日本人1位だ。

 そして、それらの先輩たちの記録をさらにやぶっていきそうな存在なのが、八村である。現在はアメリカの名門ゴンザガ大の3年生だが、今月発表されたアメリカ大学体育協会NCAAのWCC地区(西海岸地区)のMVPに選ばれ、6月のNBAのドラフト会議での指名も確実視されている。

■中学卒業後に渡米した富樫に続く後輩たち

 ここで25歳の富樫から、21歳の八村までの生まれた年をまとめると、以下のようになる。

93年 富樫勇樹
94年 渡邊雄太
95年 馬場雄大
98年(*早生まれのため、馬場の2学年下)八村塁

 当時としては画期的だった、富樫の中学卒業後の渡米。その事実や、富樫が彼の地で学んできたことは、後輩たちがアメリカ行きを目指す上で刺激となったことは否定できない。

 また、馬場はルーキーイヤーの昨シーズン、Bリーグのオールスターファン投票で1位に輝いたのだが、198cmの彼が繰り出す豪快なダンクシュートは多くのファンを魅了している。もっとも、その馬場は派手なプレーが好きだからダンクシュートを好んで狙いにいっているわけではない。

 アメリカではフリーでシュートを打てる状況で、ダンクシュートをしなければ、批判の対象になると彼は知っているからだ(日本の学校教育のなかでは、ダンクシュートは派手なプレーとして、一部の指導者から敬遠される対象でもあった)。馬場はこう語っていた。

「アメリカではそういう感じなんだろうなというのはなんとなく感じてはいたのですが、雄太さんのインタビューで、『どうして、ダンクシュートを打てるのに打たなかったのだ?』と叱られたと書いてあるのも読みましたし、そうやってアメリカへ行ったことのある選手たちから実際に話を聞いて、僕も考えるようになりました」

 馬場は将来的にはアメリカでプレーすることを望んでいるから、世界の最先端では何が求められるのかを貪欲に学び、吸収してきた。実際に、彼の1つ上の先輩で現在はNBAでもプレーする渡邊と直接話をして、学んだことも多かったという。

■天才たちは同時期に、同じ場所で生まれてくる

 しばしば、言われることがある。

「天才たちは同時期に、同じ場所で生まれてくる」

 この言説が示すのは以下のようなことではないか。天才というのは一見すれば生まれもった才能によって作られるように見えるが、実はそうではない。生まれてから、育つ過程で周囲の人間から受ける刺激(=後天的な要素)が天才の育成に大きな影響をもたらす。

 スポーツの世界も、この例に漏れない。

 しばしば、黄金世代が存在するのは周知の通りだ。野球でいえば松坂世代が有名だ。サッカーでいえば1999年のワールドユース(現在のU−20W杯)で準優勝した小野伸二や稲本潤一らの世代や、岡崎慎司、本田圭佑、長友佑都の3人が同じ1986年の生まれである。最大の要因は彼らの努力によるものだが、お互いに切磋琢磨していくことで、その努力の質や量が上がるというのは、十分に考えられるものだから。

 日本がW杯出場を決めてから、およそ1ヶ月。今月末に行なわれるFIBAの理事会で、東京オリンピックにおける日本代表の開催国枠での出場が決まるとみられている。

 日本バスケ界は、まさに今、夜明けを迎えようとしているのだ。そんな時代の変化を見逃してはいけない。

(ミムラユウスケ)

関連記事(外部サイト)