「翔んで埼玉」「ムーミンパーク」最近、埼玉県が自虐ネタで大躍進している件

「翔んで埼玉」「ムーミンパーク」最近、埼玉県が自虐ネタで大躍進している件

「住みたい街ランキング」4位になった大宮駅

 なんだか最近、あの埼玉県がやたらに元気だ。

 先日、「住みたい街ランキング関東版」(SUUMO調べ)が発表された。

 1位横浜、2位恵比寿、3位吉祥寺のベスト3は昨年と変わらぬ不動の順位だったが、なんと4位に大宮、そして8位に浦和がそれぞれ順位を上げてランクインした。

 この2つの街は一昨年のランキングではそれぞれ15位、19位とベスト10圏外の存在にすぎなかった。ところが昨年の大宮9位、浦和10位に続き、順位を上げてのランクインだ。たしかに大宮、浦和はJR宇都宮線、高崎線が「上野東京ライン」となって、埼玉方面から秋葉原、東京、新橋、品川方面へのアクセスが飛躍的に改善した。意外に便利なこの両駅が住宅地として見直されたことが背景と想像できる。

 だが、不動産屋的観点からいえば、東京や神奈川の地価がここ数年で大幅に上昇。東京23区内の新築マンションの価格は昨年で平均7142万円、神奈川県も5457万円と跳ね上がったのに対して埼玉県は4305万円。年収は上がらないが、どうしてもマンションが欲しいサラリーマン層が、都区内よりも4割、神奈川よりも2割もお安い埼玉県を住宅選びの選択肢に「せざるをえなくなった」とみることもできる。

■茨城県と争う「不人気県」

 新築マンション価格の違いに如実に示されるように、埼玉県は1都3県の中で、常に日陰者扱いをされてきた歴史がある。都道府県魅力度ランキング(2018年、ブランド総合研究所調べ)では埼玉県は全国47都道府県中43位の不人気ぶり。東京都(3位)、神奈川県(5位)はもちろん千葉県(16位)にも遠く及ばず、関東圏では群馬県(42位)、栃木県(44位)と争い、唯一茨城県に不動の最下位を固めていただいているのが現状だ。

 夏は埼玉県にとっては最悪の季節だ。県内の熊谷市は日本一気温が高い自治体として全国にその名が知られている。日本一といってもこんなものでは人が呼べるわけがない。おかげで埼玉県は「夏に行きたい都道府県ランキング」(2006年、goo調べ)で堂々のワースト1位を獲得。人気がなくとも県民は埼玉県に愛着を持っているのかと思いきや、「郷土愛都道府県別ランキング」(2010年、ブランド総合研究所調べ)でもワースト1位。どうやら内からも外からも埼玉県は不人気ということになる。

 このランキングでは「愛着度」「自慢度」を数値化し、グラフ化しているが、それを見ても茨城県と埼玉県の県民は地元への愛が希薄なのが分かる。

 しかし、いっぽうで埼玉県民はこんな不人気ぶりをむしろ自虐的に楽しんでいるようだ。

「パタリロ!」で知られる魔夜峰央が描いたマンガに「翔んで埼玉」という作品がある。この漫画は82年から83年にかけて白泉社のマンガ雑誌「花とゆめ」に掲載されたもので、2015年にネット上で話題となったことから宝島社で復刻され、今年2月に映画化されてヒットしているのだ。監督は「テルマエ・ロマエ」や「のだめカンタービレ」などの大ヒット作を手掛けた武内英樹さん。壇ノ浦百美役に二階堂ふみ、麻実麗役にGACKTという豪華キャストを起用。評判も上々だという。

 この物語は東京都内の超有名進学校白鵬堂学院が舞台。生徒会長の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)は都知事の息子という設定だ。埼玉県民は下等民族として描かれ、学校内でも埼玉県から通学してくる生徒は徹底的に差別される。また時代背景として埼玉県民は東京都に出かけるときには通行手形が必要で、この手形がないと埼玉県に強制送還されるなど過激な描写となっている。

 この学校に帰国子女として転校してきた麻実麗(GACKT)が実は埼玉県出身であることをひた隠しにしながらも、裏では埼玉解放戦線の主要メンバーとして暗躍。最終的には生徒会長の壇ノ浦とともに逃避行をしながら千葉解放戦線などのメンバーと戦うというなんとも荒唐無稽なストーリーだ。

「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」

「生まれも育ちも埼玉だなんて、おおおぞましい」

 セリフもかなり尖っているが、80年代に描かれ、魔夜峰央自身が埼玉の所沢に住み、自虐をユーモアに昇華しているからこそ、「埼玉県人をバカにしている」とは受け取られなかったのだろう。

 ディスられてばかりだった埼玉県は、自虐ネタをテーマに猛然と反撃を開始したというところだろうか。

 大宮や浦和はJRと繋がっているから人気が出たのはわかる。昔の自虐マンガで盛り上がるのも面白い。だが、埼玉県のほかの街にそんなに魅力的なところはあるのだろうか。埼玉県内には40もの市が存在するが、例えば鴻巣、蕨、越谷、幸手、入間、加須などといって、その市の正確な場所を言い当てることができる人は埼玉県民でさえあまりいないだろう。特に東武線や西武線の駅名も含めて、東京都や神奈川県に住む人間から見れば、どの駅がどの線にあってどっちが東京都に近いのかまるでちんぷんかんぷんだ。

■なぜ川越市は脚光を浴びるようになったのか

 だが、そんな「印象の薄い」埼玉県内の街で最近、俄然脚光を浴びるようになった街が出現してきた。

 まずは川越市。この街は市の中心部にJR川越線、東武東上線、西武新宿線が集まる街。池袋や新宿に通勤するサラリーマンにとってのベッドタウン的な存在として発展してきた。だがこの街は不動産屋的にみれば、なんとも中途半端な街である。JRの「川越」駅、東武東上線の「川越市」駅、西武新宿線の「本川越」駅、この3つの駅が微妙に離れて繋がっていないのだ。ご丁寧にも駅名も全部微妙に違うのもこんがらがる原因だ。つまりよく言えば3駅利用可能。だが現実的には都心居住が強まる中、通勤としてはいかにも中途半端で使えない駅が集積されただけの街というのが川越に対する評価だった。

 ところが、見方を変えれば川越は古くから蔵造りの家が立ち並ぶ歴史と風情のある街。この街は最近、観光という観点から見直されはじめ「小江戸」として多くの観光客を招き入れることに成功している。古ぼけたような街並みに見えた通りが「菓子屋横丁」として脚光を浴び、大正浪漫夢通りとして地酒を売る店や喫茶店は、暇になったリタイアメント層や学生、外国人観光客など大勢の観光客で賑わっている。

 人が集まるようになれば、もともと神社仏閣が多いこと、新河岸川沿道の桜並木、川越の蔵造りで最古といわれる大沢家など、ネットで勝手に取り上げられるようになった。ぶらぶら歩きには実は微妙に離れている3つの駅も、まことに都合が良いのだ。

 そして、飯能市。西武池袋線の秩父の手前にあるこの街は、サラリーマンが池袋に通勤するにはほぼ限界立地。おまけに駅前にはぱっとした商業施設なども少なく、街としての特徴はこれといってない、ぼんやりした街だった。ところがこの飯能市。なんと自らがフィンランドになることを宣言したのだ。西武池袋線「飯能」駅から北へおよそ3.4キロメートルのところにある宮沢湖という何の変哲もないダム湖の湖畔に昨年11月、突然「メッツァビレッジ」という施設が誕生。「メッツァ」とはフィンランド語で「森」を意味する。この施設は北欧のライフスタイルを体験してもらおうというもので、アメリカ商業主義的なハコモノを作るのではなく、自然と一体となって寛ぐことを目的にしている。

 飯能のフィンランド化は留まるところをしらない。今月16日にはこの場所に「ムーミンバレーパーク」が誕生する。ムーミンといえばフィンランドの作家トーベ・ヤンソンの童話。フィンランド以外の国ではいっさい展開していないムーミンのテーマパークが、あろうことかこの飯能で実現するという。パーク内は4つのエリアに分かれ、ムーミンというキャラクターを通じて様々な体験や冒険、思索を楽しんでもらおうという算段だ。

■「めしのう?」「はんのう!」CMにも取り入れている自虐

 西武鉄道の気合もハンパない。西武池袋線「飯能」駅はフィンランドのデザイナーによってムーミンバレーパークのオープンに合わせて大改装が施される。ちなみに1、2番ホームはフィンランドの「春」を、3、4番ホームで「夏」を、特急ホームで「冬」をテーマとし、夏と冬に挟まれてほとんど存在しない「秋」は省いているという。また特急に新型列車「ラビュー」をデビューさせ、都心から飯能へのアクセスがぐっと良くなる。

 テレビCMには女優の土屋太鳳さんを起用。「秩父の手前の飯能」とか「めしのう?」「はんのう!」など埼玉県民特有の自虐ネタを織り交ぜながらコミカルなダンスを披露している。

「翔んで埼玉」どころか「ぶっ飛び埼玉」になっている埼玉県。いったいどこに行こうとしているのだろうか。埼玉県のこれからの動きに目が離せない。

(牧野 知弘)

関連記事(外部サイト)