独占告白 「美智子さまの歌」を歌わせていただいて――鮫島有美子

独占告白 「美智子さまの歌」を歌わせていただいて――鮫島有美子

「天皇陛下御在位三十年記念式典」での天皇皇后両陛下 ©JMPA

 去る2月24日、国立劇場で開かれた「天皇陛下御在位三十年記念式典」は多くの国民に感動を与えた。三浦大知氏らとともに式典に出演し、皇后陛下作曲の「おもひ子」を歌ったソプラノ歌手の鮫島有美子さんが式典の裏側を告白した記事が、3月14日発売の週刊文春創刊60周年記念特別号『 秘話とスクープ証言で綴る 美智子さまの60年 』に掲載される。

「私は、十年前の『天皇陛下御在位二十年記念式典』にも出演させていただいたのですが、今回はより厳かな雰囲気がありました。間もなく平成が終わり、両陛下のこうした式典は二度とないのだという寂しさのようなものが会場全体にありました。涙を流された方もたくさんいらしたようです」

 出番を終えた鮫島さんや三浦大知氏ら出演者は、両陛下にご挨拶するために舞台袖で待機していた。舞台の様子は見えなかったが、お言葉を読まれる陛下の声だけが聞こえてきた。

「陛下のお心のうちを思いながら、厳粛な気持ちでおりましたところ、ふとお言葉が途切れ、皇后さまの『違うんですね』というお声がしました。その後、何度も報道されましたように、皇后さまが原稿の順番が違ってしまったことに気付かれ、お手を添えられた瞬間でした。お二人の長い歩みが偲ばれ、胸に温かいものが広がるような気持ちがいたしました」

「それから、両陛下は退場されるときに私たちの前を通られて、『今日は本当にありがとう』とおっしゃってくださいました。皇后さまの『ありがとう』というお言葉に、長い年月の様々な思いがこめられていることが感じられ、万感迫るものがあり、胸が詰まって涙が出そうでした」

■お茶会が終わりかけたときの“あるできごと”

 また、テレビでは中継されなかった、こんな場面もあったという。

「両陛下は、いったんご退場されて、おそらくテレビの中継が終わったあとだと思いますが、また舞台にお戻りになられました。そして、あらためて皇宮警察音楽隊の皆さんにご挨拶に行かれたり、会場の人たちにずっと手を振っておられました。本当に、とても感動的な式典でした」

 翌々日のお茶会にも、鮫島さんは出席。皇后陛下、黒田清子さん、秋篠宮妃殿下紀子さまにお目にかかったという。そして、お茶会が終りかけたときだった。

「お茶会が終わりに近づき、皇族方がご退席される際、皇太子さまと、ふと目が合いました。すると皇太子さまはすっと私のほうに三歩ほど歩み寄られ『「おもひ子」の皇太子です』とおっしゃって微笑まれたのです。皇太子さまがこんなユーモアをおもちとは、嬉しい驚きでした」

 鮫島さんが式典で歌った「おもひ子」は、美智子さまが幼い皇太子に歌った子守歌だった。そこで皇太子は、ご自分のことを「おもひ子」と言われたのである。

 鮫島さんは「おもひ子」のほかにも「歌声の響」や「星の王子の……」など、美智子さまの作られた歌をCD化してきた。

 週刊文春創刊号の表紙を特別復刻したムック『 秘話とスクープ証言で綴る 美智子さまの60年 』に収録された記事では、鮫島さんと美智子さまの歌とのかかわりや、歌にこめられた両陛下の思いを語っている。

(「週刊文春」編集部/文春ムック 秘話とスクープ証言で綴る美智子さまの60年)

関連記事(外部サイト)