天皇陛下の知られざるご研究――なぜタヌキたちは、皇居の中で暮らすのか

『天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち』でタヌキ研究公開 『皇居外へ出ない』理由

記事まとめ

  • 国立科学博物館で開催中の企画展では、天皇陛下のタヌキのご研究も公開されている
  • 皇居に生息するタヌキは、皇居の外にほとんど出ずに生息しているという
  • 餌資源が安定的に供給されていることやタヌキの縄張り意識がゆるいことが理由とも

天皇陛下の知られざるご研究――なぜタヌキたちは、皇居の中で暮らすのか

天皇陛下の知られざるご研究――なぜタヌキたちは、皇居の中で暮らすのか

皇居に生息するタヌキ 写真提供:宮内庁

 上野・国立科学博物館で開催中の企画展「天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち」。なかでも目を引くのが、天皇陛下が自ら取り組まれた皇居に生息する「タヌキ」のご研究だ。タヌキたちは、豊かな木の実や昆虫などを食べて、皇居の外にはほとんど出ずに生息していることが分かったのだという。倉持利明・同博物館動物研究部長に、話を聞いた。

■タヌキの「溜め糞」に興味を抱かれた

――今上陛下といえば、ハゼのご研究をなさってきたという印象が強いです。

倉持 そうですね。生物学の中でも、とりわけハゼ科魚類の分類学的研究にはお若いころから取り組まれ、30報以上もの学術論文を執筆されていますし、新種も発表されています。

――第5章では「天皇陛下ご自身が研究なさった皇居のタヌキ」が展示されています。

倉持 タヌキは都市化の進行にともなって、東京都心から一時期姿を消したと言われていたのですが、90年代後半から皇居でちらちら、目撃例が増えてきたそうなんですね。そのことに興味を抱かれた陛下は、タヌキの「溜め糞(ためふん)」を調べて、その食性を明らかにする研究に乗り出されました。

――タヌキの「溜め糞」というのは……。

倉持 タヌキは特定の場所で何度も繰り返し糞をする習性があり、その結果できる山は「溜め糞場」と呼ばれます。天皇陛下、宮内庁職員、科博の研究者などからなる研究グループは、2006年4月から2007年12月までに169検体の糞を採取、分析。さらに、陛下は2009年1月から2013年12月までの5年間という長期にわたる果実採食の変動を研究され、成果は2報の論文にまとめ上げられました。

――そのうちの1つである英文論文(「皇居におけるタヌキの果実採食の長期変動」)によれば、〈2009年1月〜2013年12月までの間、私たちはタヌキのもっとも新鮮な糞を毎週日曜日午後2時に採取した〉とあります。

倉持 ?5年という長期間にわたり、採取も陛下ご自身でなさっていたと伺っています。採取した糞からは大小の種子がたくさん出てきて、陛下ご自身で丁寧に整理されました。何の植物の種子か、ご自身でお分かりになるものもたくさんあったそうです。判断に迷われた場合は、研究者にお尋ねになったと聞いています。陛下は普段から皇居内を散策されているので、植物には大変お詳しいのです。

 その論文の成果とラジオテレメトリー(動物に発信機を装着して位置情報を入手し、その生態を調査する方法)を用いた調査によって、皇居のタヌキは皇居内の動植物を食べていること、行動範囲はおおむね皇居内に限られていることが分かったのです。つまり、皇居の動植物相というものがとても豊かで、タヌキにとって良好な環境だったということです。

■都市タヌキでありながら、人間の活動産物に依存しない

――季節ごとの木の実や、モグラの毛なんかも出てきたそうですね。

倉持 「雑食性」というのはタヌキの大きな特徴です。実りの多い時期は木の実を食べ、時には動物質である昆虫やモグラなどを食べます。ハンティングもできる。そのため人里にも降りてこられるのです。都市部のタヌキはだいたい残飯や生ごみを食べて生きているものですが、皇居のタヌキからはそういうものが一切出てきませんでした。都市タヌキでありながら、人間の活動産物には一切依存しないで、皇居の中の食べ物だけで生きていた。

 これは私の想像なのですが、早い段階から陛下は「皇居のタヌキは皇居の中だけで暮らし、おなかいっぱい食べているのではないか」という風に仮説を立てられていたのではないかと思うんです。

――皇居内で、タヌキを見かけたことはありますか?

倉持 それがないんですよ。

――日中はなかなか出てこないのでしょうか。

倉持 タヌキは夜行性なので、とてもよく撮れている写真があって驚いたほどです。実際に調査にあたった研究者も白昼はあまり見ていないと思います。皇居のタヌキの行動範囲を明らかにする過程では、タヌキをつかまえることに苦心したようですね。タヌキが活動するのは夜間ですので、3人チームとなって、日暮れくらいから始めて、明け方までアンテナを持って走り回るのです。トランシーバーで連絡をとりあいながら、「何番のタヌキを見つけました」と。地道なやり方で、タヌキの正確な位置情報を特定していきました。

■皇居と赤坂御用地のタヌキが「交流」を持っている?

――タヌキの山地における行動圏面積と比べると、皇居の面積は狭いそうですが、どうして外に出なかったのでしょう。

倉持 いわば“離れ小島”のような環境とも言える皇居ですが、複数のタヌキが生活を維持できる餌資源が長期にわたり安定的に供給されてきたという食べ物の面が一つ。それから、タヌキの縄張り意識は非常にゆるいんですよ。他者に寛容というか、自分の行動圏に入ってくる者がいても、平気な顔をしているらしい。皇居のタヌキを観察していると、排水溝などに住まっていたり、じっとしてしばらく休んでいる様子が見られたそうです。人工的な作り物を臨機応変に利用できるのも、タヌキの特徴なんですよね。

――皇太子ご一家や秋篠宮ご一家がお住まいの赤坂御用地内にも、タヌキはいるんでしょうか。

倉持 確認されています。また、興味深いことにミトコンドリアDNAの解析から、皇居のタヌキが、日本で一般的に見られるタヌキとは異なる未知のハプロタイプ(遺伝的構成)を持つことが分かったのです。皇居のタヌキ(23頭)と主に東日本のタヌキ(45頭)、それから赤坂御用地のタヌキ(7頭)の遺伝的な関係を調べたところ、皇居のタヌキ1頭と赤坂御用地の6頭は、もっとも広く日本各地にみられたA型のハプロタイプでした。一方、皇居のタヌキの残り22頭はB型で、この型はA型に似ているものの皇居以外では見つかりませんでした。

 さらにこの結果は、皇居のタヌキと、約1キロ離れていてオフィス街で隔てられた赤坂御用地のタヌキとが、何らかの交流を持っているかもしれないことも示しています。?

――皇居と赤坂で、タヌキの行き来があるかもしれないということですか?

倉持 行き来かどうかは分かりませんが、交流の可能性があるということです。皇居のタヌキと赤坂御用地のタヌキのうち、1頭だけ一致するハプロタイプが見つかっているという理由からですね。

――陛下のタヌキ研究は、これにて一段落ということなのでしょうか。

倉持 全く存じ上げませんが、天皇陛下は退位された後、最終的なお住まいとして、赤坂御用地の東宮御所に戻られると伺っています。そう考えますと、赤坂御用地内の動植物についてさらなるご研究を進められるという可能性は、あるかもしれませんね。

写真=末永裕樹/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)