セレッソひと筋30年 森島寛晃・新社長の目標「阪神タイガースぐらい愛されたいです」

セレッソひと筋30年 森島寛晃・新社長の目標「阪神タイガースぐらい愛されたいです」

セレッソ大阪・新社長の森島寛晃さん

 ヤンマー時代から30年近く、クラブに身を捧げてきたミスターセレッソ。2度のW杯も経験した森島寛晃氏が昨年12月、社長に就任した。

 積極的に挨拶まわりを行い、2カ月で1000枚の名刺を配ったという森島氏。クラブの経営者として、いま何を目標にしているのか、話を聞いた。(全2回/ 1回目から続く )

◆◆◆

■開幕戦に4万人来てくれて、いい宿題をいただいた

――今季のJリーグ開幕戦(2月22日)ではアンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキら世界的ビッグネームを擁するヴィッセル神戸を迎え、金曜日開催にもかかわらずホームのヤンマースタジアム長居に4万2000人強の観衆を集めました。森島社長になって、一発目の公式戦。結果も1−0で勝利し、幸先のいいスタートを切りましたね。

「クラブは今年、創設25周年のメモリアルイヤーなんですよ。相手が神戸さんということもあって、本当に多くのお客さんに来場していただきました。でも他のカードが土曜日なので先にやらせてもらうことの注目度や、Jリーグさん、(放送する)ダゾーンさんの協力もあって、ああいう盛り上がりが生まれたのかなと感じています」

――森島社長の“挨拶回り効果”もあったんじゃないですか?

「ないです、ないです(笑)。ヤンマースタジアム長居は器も大きいので、毎回あれほど埋めるのは難しいですよ。でも4万人のお客さんが来てくれたことで、いい宿題をいただいた。盛り上げていけば、それぐらいの人が集まってくれるって実感を得ただけでも僕にとっては大きかったですね」

――チーム統括部にいた昨年まではピッチ内を見ていればよかった。しかし社長になると、見るところも変わってくるでしょうね。

「もう本当に、全体ですよね。ピッチの中も外も。普段はあまり気にも留めなかったところが気になったりとか、サポーターはどんな感じで見ているかとか、もうありとあらゆるところ。せっかく来てもらったのに、次の試合は見にいかんでもええかとなったら困りますからね」

■セレッソはブーイングの中に愛があるクラブ

――チームに、クラブに魅力がないと、人はスタジアムに集まってこない。森島さんはJFLのヤンマー時代に入団して、セレッソひと筋。新社長が思うセレッソの魅力とは何でしょうか?

「それは間違いなく、“ファミリー”やと思うんです。セレッソ初代監督のパウロ・エミリオさんの口癖が“チームはファミリー”でした。選手もスタッフもサポーターも、みんな一緒やし、みんな家族。セレッソのサポーターは昔からめちゃめちゃ温かいんですわ」

――温かいと言いますと?

「昔のセレッソはタイトルまであと一歩のところで勝ち切れない。サポーターからワーワー言われましたし、ブーイングもありましたよ。でもね、ワーワーの中に、ブーイングの中に全部に愛があるんです。何だかんだ言っても、いつも選手を後押ししてくれましたから」

――森島社長にとっても「ファミリー」という教えを大切にしてきたわけですね。

「何か色紙に言葉をくださいって言われると僕は決まって“チーム一丸”と書きました。みんなが一つになることがいかに大切なのかは、セレッソを通じて学んだことです」

■高木も都倉もイケメン、今のセレッソはエグザイル系ですよ

――つい何年か前、セレッソはイケメン揃いで女性ファンが増えて“セレ女”なる言葉も生まれました。

「今も高木(俊幸)とか、コンサドーレ札幌から加わった都倉(賢)とかイケメンで、そのうえでプレーで魅力ある選手がウチにはいるなって思います。松田(陸)もキリッとしているし、木本(恭生)もだいぶあかぬけてきたかな。僕が現役のときは、コメディアン系が多かったんですけどね(笑)。イケメンとなると(柿谷)曜一朗、清武(弘嗣)は言うまでもないですけど、外国人選手もカッコいい。今はほとんどエグザイル系ですよ」

――森島社長は現役時代、ファンサービスを熱心に行なっていた印象があります。

「まあ時代が違いますよ。ファンサービスは丁寧にやったつもりですけど、極端なこと言ったら、僕らはサポーターの人たちの顔を覚えられるぐらい(の数)でしたから。もう何年前になりますかね、ロンドン五輪世代の選手たちが全国区になってスタンドの端から端までもういっぱいで、僕らの時代には考えられんことでした。セレッソの選手はファンサービスをしっかりやってくれていると思うし、SNSでも発信してくれるからアウェーにまで応援に行ってくれるようになりました。でももう一度、女性ファンの興味をうまく引き出せたらええなとは思いますよ」

■「負けても応援いこうや」ってなるタイガースの愛され方

――森島さんは周りに対して、いつも気配りを忘れない人だと聞きます。広島の実家は板金業を営んでいたそうですが、ご両親からどのような教えがありましたか?

「決して裕福ではなかったですけど、両親は一生懸命、仕事をしていました。お父さんからもお母さんからも“人に迷惑を掛けるな”とだけは、よう言われていましたね。特におかんのほうやったかな。高校を卒業してヤンマーに入ってからですよ。俺、いつまで言われんやろうって思いましたもん(笑)。ただ、何を意味するのかと言ったら、相手のことをちゃんと考えて行動せえよってことやと思うんですよ。そこは自分の人生で、凄く大切にしているところではありますね」

――さて関西のプロスポーツで断トツの人気を誇るのが阪神タイガースです。社長目線で見ていくと、何か学べるところはありますか?

「阪神さんの人気は、やっぱり凄いですね。勝っても負けても、みなさんから愛されて応援してもらえるじゃないですか。シーズンが始まったばかりやのに、尼崎の商店街に優勝マジックが出ていたり、愛され方がハンパじゃないですよ。僕らももちろんタイトルを目指してますけど、負けても“応援いこうや”ってなる愛され方を目指したいですね」

――タイガースはメディアの露出も多いです。

「そこなんですよ。現役のときに僕らが優勝争いしているのに、スポーツ新聞の一面は阪神の選手が大遅刻したっていうニュースでしたからね。今もやっぱりタイガースが非常に多いですし、露出の部分は考えていかないといけないですね。ピッチで頑張っている選手に、もっとスポットライトが当たってほしいですよね」

■「まだまだ×2、寄附を募らなきゃならないんで」

――昨シーズン限りでキンチョウスタジアムとして親しまれた長居球技場が大改修に入り、「桜スタジアムプロジェクト」として寄附を募っています。約2万5000人収容の球技専用スタジアムで、2021年3月に完成予定だとか。

「ぜひ寄附をよろしくお願いいたしますと太文字で書いていただいてもいいですか(笑)。まだまだ×2、寄附を募らなきゃならないんで」

――どんなスタジアムになるのでしょうか?

「臨場感溢れて、それこそセレッソファミリーが一体となれるようなスタジアムになるんじゃないかって思っています。屋根もできます。今以上のおもてなしもできます」

――今年のセレッソのセールスポイントを、森島社長の言葉でいただきたいと思います。スペインで実績を残してきたミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督を迎え、都倉選手を筆頭に新加入選手も多い。

「ロティーナ監督は、観ている人が面白いと感じてくれるサッカーをやりたい、勝負にこだわりたいと言ってくれています。新鮮味のあるチームなので、僕としても非常に楽しみなんです。今までいる選手、新しく入った選手の競争も激しくなりますから、どういった選手が出てくるのかといった楽しみもあると思うんです。いろんな意味をこめて、ワクワクできるセレッソになるんやないか、と。今年のクラブスローガンは“サクラスペクタクル”。お客さんにも、選手にも、スタッフにも、ワクワク感を持ってもらいたい。スタジアムのにぎわい、プレー、試合……我々としてはいろんなワクワク感を提供していけたらなと考えています」

――森島社長になってワクワクする人も多いと思うのですが?

「いやいや×10(笑)。ビクビクしないで、僕自身、ワクワクしていきたいですね。あっ、桜スタジアムの寄附の件、絶対に太字でお願いしますよ。頼んます、そこは必ず!」

もりしま・ひろあき/1972年4月30日、広島県生まれ。東海大一(現・東海大翔洋)から、91年にセレッソ大阪の前身ヤンマーに入社、以来セレッソひと筋。日本代表でも98年フランス大会、2002年日韓大会と2度のW杯に出場。08年の引退後はアンバサダー、強化担当、チーム統括部オペレーション部長(強化部長)を経て、昨年12月に社長就任。

(#1から続く)
写真=山元茂樹/文藝春秋

◆#1 “日本一腰の低いJクラブ社長”森島寛晃「2カ月で名刺1000枚配りましたわ」
https://bunshun.jp/articles/-/11072

(二宮 寿朗)

関連記事(外部サイト)