「今の活躍からすれば十分あり得る」 早くも飛び出した安倍首相4選論の“震源地”はどこだ!?

「今の活躍からすれば十分あり得る」 早くも飛び出した安倍首相4選論の“震源地”はどこだ!?

二階俊博 自民党・幹事長©文藝春秋

 統計不正問題や沖縄基地移転問題、暗礁に乗り上げた日ロ外交問題や、進展を見せない拉致問題など、さまざまな問題を抱える安倍晋三首相だが、早くも4選の話題が持ち上がっている。自民党の党則では総裁任期は「連続3期9年まで」となっているが、そもそも安倍首相が3選するまでは「連続2期6年まで」だった。関連する発言を追ってみた。

二階俊博 自民党・幹事長
「今の活躍からすれば十分あり得る。余人をもって代え難いときは、(4選への総裁任期の延長は)なんら問題ない」
読売新聞オンライン 3月13日

「党内外、特に海外からの評価もある今の状況では十分にあり得る」
日本経済新聞電子版 3月15日

 安倍首相4選論の震源地は、二階幹事長だ。12日の記者会見で、安倍首相の4選について「なんら問題ない」と言い切った。二階氏が安倍首相の4選について公の場で発言するのは初めてとなる。安倍首相の総裁任期は2021年9月まで、この時点で戦前戦後を通じて史上最長の政権となるが、総裁任期延長が実現すれば2024年9月まで首相を務めることになる。

 これまでにも二階氏は2月10日に行われた自民党大会での囲み取材の際、オフレコと前置きしつつ、「私は、総裁にさらに頑張っていただきたいという声が出てくると思う」と安倍首相の4選を示唆していた。 

■あえて「活躍」と言い切る二階氏

 また、2月18日の夜に行われた「自民党93年初当選組」の同期会では、林幹雄幹事長代理が「4選もあるんじゃないか」と安倍首相に声をかけている(『週刊現代』2019年3月9日号)。林氏は二階派に所属しており、「親分」からのメッセージを安倍首相に伝えたとも考えられる。

 二階氏の発言は、今夏の参院選後をにらんで、安倍首相と執行部の求心力維持を図る狙いがあるとされている。二階氏は過去にも連続3選を可能にする党則改正を主導したことがあるが、二階派は党内の第5派閥で有力な総裁候補がおらず、4選論をいち早く唱えることで安倍首相の任期である21年9月までは党内で一定の発言力を確保することができる。4選が現実になれば、さらに影響力も保持できるとの読みもあると見られる。

 統計不正問題、沖縄基地移転問題、暗礁に乗り上げた外交問題など、さまざまな問題を抱えたままの安倍首相だが、二階氏は「活躍」とあえて言い切ってみせた。「海外からの評価」というのは、これまで大量に兵器を購入してきたアメリカのトランプ大統領や、経済支援を行ってきたロシアのプーチン大統領ということだろうか? これまで田中角栄、竹下登、金丸信らに仕えてきた二階氏について、「誰よりも早く、勝ち馬に乗る」と評するメディアもある(プレジデントオンライン 3月14日)。言い得て妙だと思う。

■公の場で真っ先に4選に言及した安倍首相の右腕

加藤勝信 自民党・総務会長
「国民から『さらに』という声が出てくれば、そうした状況が生まれるかもしれない」
時事ドットコムニュース 2月27日

「『もう少し続けてほしい』という意見が出れば、対応する可能性はある」
産経ニュース 3月6日

 二階氏のオフレコ発言に続き、公の場で真っ先に安倍首相の4選に言及したのは加藤勝信総務会長。2月、3月と二度にわたって講演会で安倍首相の総裁任期延長を肯定してみせた。

 加藤氏といえば、かつて読売新聞が「ポスト安倍」とまで書いた安倍首相の腹心。第2次安倍内閣で官房副長官に就任し、初代の内閣人事局長を務めた後、一億総活躍相、働き方改革相、厚生労働相と政権の看板政策を担い続けた。「アベノミクス偽装」が指摘されている厚労省のデータ補正が始まった2018年1月当時、厚労相を務めていたのも加藤氏である。また、働き方改革について論じられていた厚労相時代には野党の質問にまともに答えない「ご飯論法」の使い手として注目を集めた。

■弱気発言に終止する「ポスト安倍」一番手

森山 裕 自民党・国会対策委員長
「余人をもって代えがたければ、その選択しかない」
日本経済新聞電子版 3月12日

 党内では二階氏の発言に同調者が相次いだ。「余人をもって代えがたい」というのは、他の人に代わりにやらせることができないということ。つまり、ポスト安倍が党内にまったくいないことを意味している。

岸田文雄 自民党・政調会長
「いま明らかなのは現在の自民党の党則では総裁は3期までということだ」
日本経済新聞電子版 3月15日

 相変わらず弱気な発言に終始しているのが「ポスト安倍」の一番手と言われてきた岸田文雄政調会長だ。党則を変えても「なんら問題ない」と二階氏は言っているし、実際に変えてしまう可能性も十分にある。

■安倍首相「ルールに従うのは当然のこと」の真意

安倍晋三 首相
「4選ということは禁じられておりますので、自民党総裁としてこのルールに従うのは当然のこと」
TBS NEWS 3月14日

 14日の参院予算委員会で4選について質問された安倍首相は「ルールに従うのは当然」と否定的な考えを示した。しかし、過去を振り返ると、安倍首相は2016年8月の記者会見で「任期の延長ということについては、全く考えておりません」と明言していたが(首相官邸ホームページ)、その後、堂々と3選を果たしている。

「やらない」と言っているわけではない。あくまで「ルールに従う」と言っているだけなのだ。ルールが変われば、当然新しいルールに従うことになる。

安倍晋三 首相
「私も今年で65歳になるわけだが、働きたい意欲は満々だ」
毎日新聞 3月13日

 13日の参院予算委員会では、このように語った。企業の高齢者雇用推進についての質問だったが、安倍首相の発言を深読みした議員たちから笑いが起こった。

■「自民党のことは自民党で」

逢沢一郎 自民党・元国会対策委員長
「大変重い重要な規定で、党の信頼そのものに関わる問題でもある。慎重に向き合っていかなくてはならない」
NHK政治マガジン 3月13日

 党内で盛り上がる安倍4選論に対して釘を刺したのが逢沢一郎元国会対策委員長だ。13日、谷垣グループの会合に出席した逢沢氏は、「安倍総裁は任期をまだ相当残している。日々、総理大臣として、しっかりと取り組んでもらうことを国民も期待している」と指摘し、総裁任期延長に慎重な姿勢を示した。

 逢沢氏といえば森友・加計問題の追及が行われていた昨年4月、タクシーの運転手に「あんた政治家だろ。日本人は、日本の国民はおとなしいから、こんなもんで済んでるけど、普通の国なら暴動になってもおかしくないよ」と言われたことを明かし、「国民の怒り、そして国民の政治に対する、あるいは行政に対する不信、本当に大きなものがある。改めて目の覚める思いであります」と語った人物である(NHK政治マガジン 2018年4月18日)。

安倍晋三 首相
「自民党のことは自民党で議論する。ご心配なく」
日本経済新聞電子版 3月15日

 2月28日の衆院予算委員会では、野党の4選についての質問についてこうかわしていた安倍首相。党総裁のことは自民党のことだが、国民のことでもある。そうそう勝手に決められては困る。国民の怒りなど、どこ吹く風の安倍首相4選はこのまま実現するのだろうか? そういえばお隣の中国でも習近平国家主席が任期の規制を撤廃したっけな……。

(大山 くまお)

関連記事(外部サイト)