2020年春の朝ドラ「エール」の古関裕而は「戦時下最大のヒットメーカー」だった

2020年春の朝ドラ「エール」の古関裕而は「戦時下最大のヒットメーカー」だった

「エール」で主演をつとめる俳優の窪田正孝 ©時事通信社

 2020年春にはじまるNHK連続テレビ小説「エール」の主人公のモデルに、作曲家の古関裕而とその妻・金子が選ばれた。

 古関裕而? ああ、「紺碧の空」「六甲おろし」「闘魂こめて」「栄冠は君に輝く」「オリンピックマーチ」などの作曲家か。なかなか大物じゃないか――。各種の報道をみて、そう納得したひとも多かっただろう。それはまったく間違いではない。

 だが、古関には「あまり紹介されない一面」が存在する。それは、かれが軍歌作曲の名手であり、戦時下最大のヒットメーカーであったという部分である。

 これは誇張でもなんでもない。きっと、知れば知るほど「朝ドラでどう処理するのだろう……。NHKは軍歌をジャンジャン流すのか?」と心配になってくるはずだ。

 そこで以下では、古関と軍歌の、切っても切れない関係を掘り起してみたい。

■戦時下のヒットチャートで1位を獲得

 まずは、太平洋戦争たけなわの、1943年8月から1944年8月までのレコード販売枚数をみてみよう。これは、いわば戦時下のヒットチャートである。

(1)「若鷲の歌」(日蓄)、23万3000枚

(2)「轟沈」(日蓄)、8万1000枚

(3)「索敵行」(日蓄)、6万5000枚

(4)「大航空の歌」(日蓄)、5万枚

(5)「別れ船」(大東亜)、4万3000枚

(6)「暁に祈る」(日蓄)、4万1000枚

(7)「空の神兵」(日響)、3万3000枚

(8)「大アジヤ獅子吼の歌」(富士)、2万6000枚

(9)「唄入り観音経」(富士)、2万4000枚

(10)「学徒空の進軍」(日響)、「月月火水木金金」(大東亜)、「大航空の歌」(日響)、「荒鷲の歌」(日響)、2万2000枚

 この時期は、国策会社によってレコード販売が一元的に管理されていた。そのため、このような数字が明らかになっている。なお、日蓄はコロムビア、日響はビクター、大東亜はポリドール、富士はキングレコードの当時の称だ。

 このうち古関の作品は、1位の「若鷲の歌」と6位の「暁に祈る」。合計すれば、27万4000枚にものぼる。

 ほかにも2曲ランクインしている作曲家がいるものの、古関の数にはとうてい及ばない。これだけでも、かれが戦時下のヒットメーカーだったことがわかるだろう。

■福島市に歌碑も立つ「暁に祈る」

 歌にも簡単に触れておこう。「若い血潮の予科練の〜」の歌い出しで知られる「若鷲の歌」(作詞:西条八十)は、1943年公開の東宝映画『決戦の大空へ』の主題歌である。

 歌詞のとおり、海軍飛行予科練習生(予科練)をテーマにしており、古関はかれらに取材もして、この曲を完成させた。

 23万3000枚という売り上げはやや物足りなく感じるかもしれないが、当時のSPレコードは直径25センチもあり、製造コストが高かった。戦争末期だったことも考え合わせれば、けっして少ない数ではない。

 いっぽう、「あゝ、あの顔で、あの声で〜」の歌い出しで知られる「暁に祈る」(作詞:野村俊夫)は、1940年公開の松竹映画『征戦愛馬譜 暁に祈る』の主題歌である。映画こそ鳴かず飛ばずだったが、出征兵士の心意気をたくみに歌った主題歌はロングセラーとなった。

 ちなみに、作詞者の野村、作曲者の古関、そして歌手の伊藤久男はすべて福島県出身だった。そのことを記念して、福島市内には現在「暁に祈る」の歌碑が建てられている。

■日中戦争の初頭には60万枚のヒットも

 古関の活躍はこれにとどまらない。さかのぼれば、日中戦争が勃発した1937年にも大ヒット曲を世に送り出した。日本を代表する軍歌、「露営の歌」がそれだった。

 毎日新聞(当時は大阪毎日・東京日日新聞)は、日中の軍事衝突を受けて、軍歌の歌詞を懸賞金つきで公募した。「勝つて来るぞと勇ましく〜」ではじまる「露営の歌」(作詞:藪内喜一郎)は、その佳作第一席に選ばれたものだった。

 その作曲のエピソードがなかなか振るっている。古関は満洲旅行の帰路、毎日新聞を手に取り、たまたま「露営の歌」の歌詞を目にした。そして「汽車の揺れるリズムの中で、ごく自然にすらすらと作曲してしまった」。

 古関は「急ぎの作曲がある」とコロムビアよりいわれていたので、東京に到着するや同社に向かった。するとそこで、なんと「露営の歌」の作曲を依頼された。古関は驚きながらも、譜面を取り出した。「それならもう車中で作曲しました」。これに担当のディレクターもびっくり仰天した――。これが古関の語る作曲の経緯だった(自伝『鐘よ鳴り響け』より)。

 できすぎな気もするが、「露営の歌」はみごとに大ヒットし、レコードは約半年で60万枚も売り上げた。人気のあまり、続編の「続露営の歌」や、特徴的な前奏部分に歌詞をつけた「さくら進軍」という歌まで作られた。

■「露営の歌」、毎日新聞にスルーされる

 戦時下の新聞各社は、自社の宣伝も兼ねて、軍歌の懸賞公募を盛んに行なっていた。そのなかでも、毎日新聞はトップランナーだった。

 それなのに、どうしたことだろう。今日の毎日新聞は、今回の「エール」制作発表を受けて「 朝ドラ『エール』のモデル、古関裕而って誰? 」という記事を配信したにもかかわらず、「露営の歌」についてまったく言及していないのだ。遺憾といわざるをえない。

 それはともかく、軍歌史に古関の名前は燦然と輝いている。「愛国の花」「海の進軍」「英国東洋艦隊潰滅」「ラバウル海軍航空隊」「嗚呼神風特別攻撃隊」「比島決戦の歌」などなど――。あの山田耕筰でさえ、ここまでヒット作に恵まれなかった。古関こそは、まさに軍歌作曲の名手であり、戦時下最大のヒットメーカーだったのである。

■軍歌をどう扱うのかは大きな見どころ

 これほど豊富な軍歌の数々を、「エール」はどのように扱うのだろうか。

 古関は自伝のなかで、「露営の歌」などは軍歌ではなく戦時歌謡だったと弁解している。「大衆の心から生まれた曲」=戦時歌謡は、「軍の命令による軍歌」とは違った、というのである。

 「エール」では、この論法を使って、「古関は平時も戦時も音楽で大衆の心を慰め、励ました」などとごまかすのかもしれない。 以前述べたとおり 、「戦時歌謡」云々の弁解は無理があるのだが――。

 いずれにせよ、軍歌の扱いは大きな見どころのひとつだ。

「エール」が放送される2020年には、東京五輪が開かれる。復興五輪ともいわれるこの大会に、福島出身で「オリンピックマーチ」の作曲者を持ってくるとは、なるほどよく考えられている。

 とはいえ、国策イベントに寄り添うだけでは、かつての軍歌とたいして変わらない。ぜひとも、日中戦争や太平洋戦争への「エール」についても、しっかり描写してほしいところである。そのほうが内容も多面的になると思うのだが、いかがだろうか。

(辻田 真佐憲)

関連記事(外部サイト)