壱岐島の離島、原島の海岸で高校生が遺体で発見 「里親から虐待」同居の留学生が告発

記事まとめ

  • 行方不明になっていた高校2年生の椎名隼都君(17)が壱岐島の離島で遺体で発見された
  • 椎名君は壱岐市の離島留学制度で来島していたが、同居の離島留学生が里親の虐待を告発
  • 虐待を否定する里親の反論に、別の留学生も「嘘ばかりついて、あり得ない」と呆れ

都合によりこの記事はご覧いただけません。