JOC竹田会長辞任の舞台裏 “外堀”はどのように埋められたのか

JOC竹田会長辞任の舞台裏 “外堀”はどのように埋められたのか

馬術の達人もゴール直前に落馬 ©共同通信社

 東京五輪を来年に控え、ホスト国の“顔”であるJOC(日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長(71)がついに表舞台から退く。

「今年1月、仏司法当局が東京五輪招致に絡む贈収賄疑惑の捜査に着手したと報じられた。その直後に、竹田氏が自己保身の弁を述べた“7分間”の記者会見で、潮目が変わりました」(スポーツ紙記者)

 さらに今年6月の役員改選にあたり、竹田氏続投を前提とするJOCの役員定年の規定変更にも異論が噴出。18年という異例の長期政権への批判も相次いだ。

「スポーツ庁の鈴木大地長官も会見で定年規制について言及するなど、次第に外堀が埋められていった印象です。

 旧皇族で、幼稚舎から慶応の竹田氏にとって、最後の砦だったのはJOC内で主流を占める慶応閥です。副会長兼専務理事の平岡英介氏は慶大卒で竹田氏と同期。常務理事の松丸喜一郎氏も慶大卒で、JOCが贈収賄疑惑の内部調査を行なった際に、調査チームにオブザーバーとして参加していた」(JOC関係者)

 擁護派の後押しもあり、竹田氏も続投に意欲をみせていたが、「3月19日の理事会を前に反対勢力によるマスコミへのリークがあり、退任の流れが一気にできた」(同前)。

■後任候補・山下泰裕氏が見せた“意欲”

 そこには以前から竹田氏と折り合いが悪かった、五輪組織委員会の森喜朗会長の意向が強く働いたようだ。

「かつてJOC会長が竹田氏で、日本体育協会(現日本スポーツ協会)会長が森氏という時代がありました。当時はJOCにばかりスポットが当たり、森氏には苦々しい思いがあったうえ、そもそも森氏は“温室育ち”の竹田氏のことを快く思っていない。今回、竹田氏はJOCの会長職だけでなく、IOC委員や他の要職からも退くとみられますが、本人は捜査に向けた弁護態勢や退任後の収入を含む処遇を気にしている」(同前)

 竹田氏の後任には、小誌が1月24日発売号で、いち早く有力候補と報じた全日本柔道連盟の山下泰裕会長が“内定”しているという。

「山下氏が、その文春の記事を電車で熱心に読んでいたという目撃談もある。本人も意欲をみせており、すでに森氏周辺からは決定まで余計な発言を慎むよう指示されているようです」(同前)

 雨降って地固まればよいが。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年3月28日号)

関連記事(外部サイト)