「涙が止まらない」講談社エリート編集長“妻殺し”裁判 夫に送られたラストメッセージ

「涙が止まらない」講談社エリート編集長“妻殺し”裁判 夫に送られたラストメッセージ

朴鐘顕被告

 大手出版社「講談社」の社員、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)被告(43・韓国籍)が妻を殺害した疑いで2017年1月に逮捕された事件は、容疑者が漫画雑誌のエリート編集者だったことから、世間に大きな衝撃を与えた。あれから2年。今年2月から東京地裁で開かれた裁判員裁判の公判で浮かんだ“事件の鍵”は、被害者である妻の「育児ノイローゼ」だった。

 京都大法学部出身の朴被告は1999年に講談社に入社。同社の主力商品の一つと言える「週刊少年マガジン」の編集などを経て、ベストセラーとなった「進撃の巨人」などを生んだ「別冊少年マガジン」の創刊に関与し、逮捕時は「モーニング」編集次長に就いていた。日本有数の出版社で編集者として「王道」を歩み、順風満帆のキャリアを積んでいたと言えるだろう。

 事件は2016年8月9日に起きた。東京都文京区の朴被告の自宅で倒れていた妻佳菜子さん(当時38歳)が病院に搬送されたが、死亡が確認された。通報したのは朴被告本人。警視庁が朴被告を殺人容疑で逮捕したのは、その5カ月後だった。死因は窒息死とみられたが、妻の死に関する朴被告の説明が変遷した上に、現場が自宅内という密室だったことから、捜査に時間を要した。

 朴被告が殺人罪で起訴されると、裁判官、検察官、弁護士が集まって公判に向けて争点や証拠を整理する「公判前整理手続き」が始まった。手続きは長期にわたり、今年に入ってようやく公判にたどり着いた。

 2月19日の初公判。上下黒のスーツ、紺のネクタイ姿で出廷した朴被告は「妻を殺していません」と起訴事実を否認した。無罪主張の内容は「妻は階段の手すりに結びつけたジャケットで首をつって自殺していた」というもの。

 これに対し、検察側は冒頭陳述で「朴被告は妻から育児や家事について不満を言われたり、自身の母親をけなされたりしたことから、突発的な殺意を抱いて寝室で首を圧迫して殺害した」との見立てを示した。

 同22、25日には、被告人質問が行われた。証言台に立った朴被告が最初に語ったのは、入社翌年に出会った妻との馴れ初めだった。

「飲み会で初めて出会い、カナがタバコを吸い始めた。『僕はぜんそくがあるから吸わない』と話したら、カナはその場でタバコの箱をくしゃっとつぶして『今からやめた』って。それで好きになった」

 ありふれた恋の始まり。この時の2人は、将来の悲劇的な運命を知る由もない。

 2人は妻の父親の反対を押し切って結婚し、4人もの子宝に恵まれた。当初の妻の子育ての様子について、朴被告は「感動の連続だった」と表現した。しかし、徐々に子育ては妻にとって重荷になっていったようだ。小学生だった長男は足が不自由で、妻は特に「過剰に心配していた」(朴被告)という。

 一方、朴被告は多忙な仕事で「午後に出社し、朝に帰る」(同前)という日々。

「夜に会社に行く曜日もあり、(その前に)子どもを風呂に入らせることもあった。土日は必ず休み、洗濯や食事もつくった。12年には育児休暇も取得した」(同前)

 だが、妻は16年の夏休みに入ると、子供が学校に行かないこともあって、「(子育てや家事で)ぐったりしていた」(同前)という。

 事件前日の8月8日。朴被告が出社すると、妻から15通ものメールが相次いで届いた。

〈息切れ状態です〉〈一日一日過ごすのが精一杯〉〈ご飯が決まらない〉〈涙が止まらない〉〈全部楽しくない〉……。文面から、妻が追い込まれ、不安定になっている様子が窺える。〈(朴被告が)電話できないなら、送ったメール全て返信してほしい〉。仕事の合間にメールを閲覧したであろう朴被告は、何を思ったのか。

※読者からのご指摘を受け、タイトルを一部修正いたしました。ご了承ください。(3/28? 12:00)

(「週刊文春デジタル」オリジナル記事)

(平野 太鳳/週刊文春)

関連記事(外部サイト)