70歳の社会学者・上野千鶴子氏が「在宅ひとり死」を勧める 「孤独死はこわくない」

記事まとめ

  • 社会学者・上野千鶴子氏は「孤独死なんてこわくない」と孤独死統計の定義変更を提唱
  • 上野氏は「在宅ひとり死」ということばを作り、どんどん使って広めてほしいという
  • 「臨終の咳で泣き叫ぶより、別れと感謝はできるときにしておけばよい」上野氏は語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております