新元号「令和」にまつわる予言と革命……ベストセラー『日本国紀』にも万葉集は登場する

新元号「令和」にまつわる予言と革命……ベストセラー『日本国紀』にも万葉集は登場する

©JMPA

「『令和』予言男の驚愕」(東スポ4月3日付)

「令和 3年前驚異の予言ツイート」(夕刊フジ4月3日付)

 新元号発表の翌日、東スポと夕刊フジは大々的に報じた。3年前に平成の次の元号が「令和」になると予想していたと思われる書き込みがツイッターで話題! というのだ。

 東スポ→「たまたま偶然、天からの啓示が降りたとしか言いようがない。」

 夕刊フジ→「普段このユーザーはアニメ画像やゲームに関する投稿が多く、古典に詳しいかどうかは不明。」

 それぞれ最後まで驚いたまま。

 東スポはタイムトラベラー説も紹介したが、私は「SNSでひとしきり話題になったあとオヤジジャーナルに届き、記事になる」という黄金のタイムラグのほうに目を奪われた。

■安倍首相の「国書」へのこだわりはいつ頃から?

 さて過去からのタイムトラベラーなら今回の元号の選び方に驚いたのではなかったか。

 私は、『中国の古典からではなく国書が典拠となれば、元号に「革命」が起きると言える。長く続いた選び方に革命が起きるのだ。そんな劇的なことをしちゃってよいのだろうか。』と3月15日の 当コラム で書いた。

 新元号に「安」が入るんじゃないかと怒っている人が多かったが、そんなことよりもっと重大であろう伝統の改変に注目すべきだと思ったのだ。そしてふたを開けたらやはりというべきか日本の歴史上で初めてとなる国書を典拠とした元号だった。

 安倍首相の国書へのこだわりはいつ頃からだったのか。各紙の記事を読み比べると面白かったのである(4月2日)。

 朝日新聞はそもそも「首相は2006〜07年の1次政権時代から『元号の典拠は国書の方がいいよね』と周囲に語っていた。」とし、最近では、

《今年2月下旬の財界人との会合で新元号が話題になると、自ら「国書」という言葉を2回繰り返したという。》

■日経はさらに時系列が詳しかった

 日経新聞はさらに時系列が詳しかった。「事務的な検討段階だった昨年秋ごろまでは、歴代続いてきた中国古典(漢籍)を出典とする案が有力だった」。つまり事務方はこれまでの伝統に沿って中国古典を考えていたという。

《だが、首相は昨年冬ごろ「漢籍にこだわる必要はないよね」と周囲に漏らすようになった。》

 日経は、首相が公然と語るようになったのは「昨年冬」。

 東京新聞は、

《「国書がいいよね。『記紀万葉』から始まるんだよね」。首相は昨年末、古事記や万葉集を例示しながら日本古典を典拠とする意欲を側近議員に漏らした。》

 東京新聞は「昨年末」。日経の「昨年冬」と同時期である。

■万葉集は「世界に誇るべき古典、文化遺産だ」

 東京新聞は次の記述も興味深い。

《年末年始に読んだという百田尚樹氏のベストセラー「日本国紀」にも万葉集は登場する。天皇や豪族に加え一般庶民が詠んだ歌を収めた「世界に誇るべき古典、文化遺産だ」と絶賛する内容だった。》

 そういえば、首相が年末年始に読む本としてSNSの写真に写っていたのが『 日本国紀 』だった。東京新聞はその影響もあると匂わせたのだろうか?

 朝日には昨年10月に中国を訪問した際の首相の言葉もあった。内容に注目してほしい。

「5世紀、日本に漢字がもたらされた。漢文の奥深さは日本語を豊かにした。19世紀になると、日本人は漢字を使って西洋の思想を翻訳した。新しい単語は中国に逆輸入され、今でも中国語として使われている」

 実はこれとまったく同じ言説が今年1月3日の産経新聞に載っていたのだ。

 タイトルは「中国古典にとらわれず新元号を」。何を主張していたか。

「日本には優れた造語の歴史があり、特に明治以降は約1千語もの和製漢語が中国に導入され現在も広く使用されている。」

「新元号は中国の古典からの引用をやめ、わが国独自の自由な発想で定めてほしく思う。それが新しい時代の元号の在り方であり、国民の親しみにもつながる。」

 書いたのは日本財団会長の笹川陽平氏。山梨県の首相の別荘にいつも招かれる人物である。

 つまり、安倍首相と笹川氏は「日本の漢字スゴイ論」を同じような時期に発信していたことになる。今から考えると用意周到だったようにみえる。

 それにしても、こうなると「保守」とはなんだろう? とも思う。

■注目すべき毎日の記述

 毎日新聞には注目すべき記述が。

《今年3月、漢籍に詳しいある経済人は首相に懸念を伝えた。「日本古典から引用した場合、安倍さんの名前が元号の歴史に(悪い意味で)残る皮肉な結果になるかもしれない」。「保守」を掲げる政治家なら、伝統を踏襲すべきだとの趣旨だが、返事はなかったという。》

 やはり「伝統破壊」を懸念する声があったのだ。しかし、

《安倍政権は日本の伝統や独自性を強調する一方、「戦後初」といったキーワードを掲げることも多い。日本古典が出典となるかが注目されるのは、そういう側面もありそうだ。》

 これは元号発表前夜の記事だった。

「 新元号の典拠は? 伝統と権威の漢籍か、和書なら話題に 」(毎日新聞WEB・3月31日)

 果たして、新元号の典拠は日本古典。元号選びに「革命」が起きたのだ。

 そういえば平成とは「改革」が叫ばれた時代であった。小沢一郎、小泉純一郎、安倍晋三、小池百合子……。不思議なことにその時々に目立った保守政治家の多くが叫んだ。

 そして最後に、もっとも伝統的であるはずの元号の選び方に対して改革どころか革命を起こしたのである。

 保守とは何か?

 その意味の変遷は平成とは何か? にも通じるはずだ。

◆ ◆ ◆

※追記

毎日新聞(4月4日)

《首相は若い頃から「日本の元号には日本の古典の方がふさわしい」と親しい議員に話しており、その意向は元号選定担当の首相官邸幹部にも伝わっていた。昨年後半、担当幹部が「国書の専門家にも考案をお願いしています」と報告すると、首相が「それはいいね」と応じる場面もあった。》

「意向」とか「それいいね」とか、どこかで見た構図。元号も忖度だった説である。

(プチ鹿島)

関連記事(外部サイト)