「教えることではなく、相手を知ること」スター選手だった長与千種が、指導者として思うこと

「教えることではなく、相手を知ること」スター選手だった長与千種が、指導者として思うこと

(c)深野未季/文藝春秋

 昨年11月、北海道で男女の喧嘩を仲裁し,暴行被害を受けた女性の名前が報じられると、多くの人が驚いた。その女性は、「クラッシュギャルズ」の一員として80年代の女子プロレスブームを牽引した長与千種さん(53)だったからだ。

 84年、女子プロレス団体「全日本女子プロレス」(以下、全女)でライオネス飛鳥とのタッグチーム「クラッシュギャルズ」で社会現象を起こし、95年から05年まで自ら立ち上げた女子プロレス団体「GAEA JAPAN」(以下、GAEA)で選手兼指導者として活躍。

 05年に「GAEA」の解散と同時に引退した約10年後、2016年に女子プロレス団体「Marvelous」を旗揚げした。かつてスター選手だった長与千種は、いま、指導者として何を思うのか、話を聞いた。(全2回の1回目/ #2へ続く )

◆◆◆

――暴行事件で仲裁に入ったことが大きなニュースになっていましたね。

長与 女の人がやばい状況になっていて、「これは助けなきゃ」っていう気持ちだけで行ったので、けっこう取り上げられてびっくりしました。

■「いい指導者にはなれない」と言われてカチンと

――その際に、現在「Marvelous」で活動していることも話題になりました。2005年に「GAEA JAPAN」解散とともに引退して、2016年に再度「Marvelous」を旗揚げしたわけですが、もともと、もう一度プロレスをやるつもりだったのですか。

長与 いや、戻るつもりはなかったんですよね。ただ、引退中に全日本女子プロレス元会長の松永高司さんが亡くなって、そのときに思うことがありました。

――それは、どういったことでしょう。

長与 全女をやめて「GAEA JAPAN」という団体を立ち上げたとき、全女のみなさん(*)にそれを伝えに行ったんですが、「君はすごい選手だったかもしれないけど、いい指導者にはなれない」と言われてカチンときたんですね。

 わたしはその場で「後悔させてやる」って言い返して。「でもね、一言だけ言わせて」と。「その後悔というのは幸せなことだと思って。あなたたちを後悔させるのは、くしくもあなたたちのところで育った選手だから」って。

*……全日本女子プロレスは松永家による同族経営会社で、松永高司をはじめとする4兄弟とその親族が役員を務めていた。

――皮肉にも、その後全女の経営がぐらつきはじめました。

長与 負債もどんどん抱えちゃって。そうすると、全女のスター選手たちがそこにはいれなくなって、「GAEA」に身を寄せてくる。全女のスターと言われている人たちが全員「GAEA」にきたわけだから、全女はますます薄っぺらくなるじゃないですか。ついに全女が倒産してしまいましたけれども、そこから自分、(松永4兄弟に)会ってないんですよね。

――1度も?

長与 そうです。当時は「見返してやったぞ」って思っていた部分もありました。でも、結局「GAEA」には全女の人間が集まっていたので、全女をただ単に引き継いだだけなんじゃないか、という感覚も拭えなくて。

 会長のお通夜では誰にも会う気になれなかったので、「失礼になってしまうんだけど」と会長の娘さんたちにお願いして、お昼に行きました。そこで亡骸を前に土下座をしましたね。「会長にも、他の選手にも合わす顔がなかった」と。

 その時に、娘さんたちが「ちょっと、父が言っていたことを話していいですか」とおっしゃって。

■長与千種の扱いを一番わかっている

――なんて言っていたのでしょう。

長与 どこかで自分が全女を潰してしまったという思いもあったので、耳が痛い話かと思ったんですが、会長は「千種はすげーぞ」「もう一回横浜アリーナでやりてーなってあいつに言っておいてくれ」って言ってくれていたそうです。

 娘さんたちの前では絶対に涙を見せないと思っていたんだけど、その言葉を聞いて、その日どうやって帰ったか覚えていないぐらい、ボロボロになってしまいました。

――そのときの心情は?

長与 なんだかんだ、会長たちは自分のことを認めてくれてたじゃん、っていう。それと、やっぱり長与千種の扱いを一番わかっている人たちだな、とも。

 要するに、嫌な一言を言われると、「チクショー、見てろよ」って強気でいく自分がいる。会長たちも、それをわかっていて「GAEA」立ち上げのときもあんなことを言ったのかなって思うと、ウーッてなってしまって。

■お前がプロレス変えなきゃいけないよ

――このことをきっかけに、プロレスに戻る決意をしたのでしょうか。

長与 実際はその後も迷いましたよ。会長のお墓参りに行って、「どうすればいいんだよ」って2時間くらい文句をたれてみたり。戻るって決めたら、人生すべてプロレスに費やすことになることにも悩みました。

 でも、父も膵臓がんで亡くなる前に「ひとりでもいいから、(千種が育てた選手を)もう1回見たい」と言ってくれていたんです。その少し後に、お世話になっていたつかこうへいさんも亡くなられたんですが、つかさんも「千種、お前がプロレス変えなきゃいけないよ」と言ってくれていた。

 最終的には、いい親父たちに恵まれたから、親父孝行はちゃんとしなきゃって気持ちになったので、フーッ(息を吐く)、何ができるかな、と。とりあえず、自分で経営していたお店を会社にして、道場を3年ぐらい探しましたね。

■ようやく、半人前ぐらいにはなれたかな

――3年もかかったのですね。

長与「女子プロレスには貸せないなぁ」なんて言われたこともあって、すごく下に見られるようになっちゃったなあ、と思ったりもしました。でも、そのうち、いつもの「チクショー、見てろよ」が始まりましたね。

――今日は「Marvelousさん」の道場で取材していますが、とても立派ですね。

 今は、「ようやく、半人前ぐらいにはなれたかな」という気持ちですね。何があってもへたれられないので。

■いい意味ですべて欲しがる若い選手

――いま、「Marvelous」では10代や20代の若い選手を指導していますね。最近の選手に対して思うことは?

長与 とにかく、セルフプロデュース能力が高いですね。

 昔はスマートフォンもないし、パソコンだって会社に備え付けてあるものを使うような時代だったので、情報を手に入れるハードルが高かった。自分をどういう人間に育て上げればいいのかを、誰かと比べることもなく、自分なりの考え方でやるしかなかったんです。

 でも、今はレスラーたちがSNSでつぶやいたり、自分の写真や動画をあげたりする。そうすると、こんな試合やってる、あんなコスチューム着てる、すべての情報がそろっている。トレーニング方法にしても、より厳しいもの、よりやったことがないもの、いい意味ですべて欲しがりますよね。

 ただ、ひとつだけ残念なのは、みんな一緒に見えるときがある。

■鍛えられた体が武器

――流行があるということでしょうか。

長与 そうですね。髪型やコスチュームの形も似てくるの、つまらないよって思うんですよ。

 だから、他の団体の選手はデビュー戦からキラキラしているコスチュームを着たりするのですが、うちはデビューから1年はスクール水着みたいなコスチュームに、白のリングシューズを履くってルール。鍛えられた体が武器なんだから、胸を張って見せたらいいよって言っています。

 で、1年経ったら違うものを作っていいってルールなんですけど、これがなかなか作ってくれない(笑)。

■「ゆとり世代」の前は「今の子は」だった

――あれ、なぜでしょう。

長与 他団体の子たちが派手だから、「シンプルなほうが目立つし、ワザに目がいく」っていうんですよ。「お願いだからもうそろそろ作らない?」「もう3年目だよ」って口うるさく言って、やっと作ってくれたり。作ってくれても、なんか地味なやつだったりする(笑)。

――長与さんのマインドが自然と伝わっているのですね。

長与 そうなんですよ。自分のプロレスをいかに魅せるかということを「あっ、考えてくれてるんだ」と思うので、この子たちを信じています。

 自分は好きじゃないんですが、「ゆとり世代」っていう言葉があるじゃないですか。1980年に自分が15歳でプロレスラーになったときは、「今の子は」って言葉があったんですよ。会社の人や、上の先輩たちに、「今の子は」って自分たちはよく言われていたんです。

――そうだったんですか。

長与 時が流れて「GAEA」を作った時には、「今どきの子は」になった。そのあとは「ゆとりだからね」とか。言葉が違うだけで、言ってることはずーっとループしている。ちょっと待って、みんなそこに逃げないでよ、って思いますね。この子たちをそういう言葉に押し込めないでよ、って。

――選手たちへの信頼を感じます。それはトレーニングでもそうですか。

長与 食事なども任せていますね。むしろ見ていておもしろい。

 プロテインひとつにしても、アメリカから輸入していたかと思ったら、今度はイギリスやフランスのほうから届く。「それは何に効くの?」って聞くと「これは寝ている間になんとかかんとかで」。「ふーん。これは?」って聞くと、「これは朝、これは昼」。もう全部違うんですよ(笑)。知らないことが多いので、自分も教えられますね。

■指導者として「愛でる」と「育む」を徹底すると

?――普段の練習ではどのような指導を。

長与 体の大きな選手のミットを持ったりはします。自分の体じゃないと、やっぱり持っていかれちゃうので。でも、基本的には、彩羽匠を先頭に、桃野美桜と門倉凛の3人の選手に下の子たちを指導させています。

 この3人はめちゃくちゃバランスが良くて。彩羽は力が強くて、人を持ち上げることができる選手。なおかつ打撃がうまくて、体も整っている。桃野は小さくてハイスピード、無限のスタミナの持ち主。門倉はその中間の選手。時に抱える技もやる、時にハイスピードもやる。

――選手たちが教えることで、本人たちにも変化はありますか。

長与 あります。まず、意識が変わります。「下に後輩ができたー」ってだけだと意識が変わらないんですが、「デビューさせなきゃいけない」となると、責任感が誕生します。なおかつ、できるまで寄り添い続けると、「愛でる」と「育む」を一斉に覚えることができるんです。

――つまり、プレイヤーである彼女たちが、指導者としての面も培ってく。

長与 そうです、そうです。で、指導者として寄り添うのを徹底的にやったときに、結局何が生まれるかというと、自分の中の「こうじゃなきゃいけない」という常識やルールが全部取っ払われるんですよ。「これはアレンジしてもいいですよね」とか、「このスポーツの競技の技を使ってもいいですよね」とか、「リスペクトは必要だけど、なにも先輩が絶対じゃなくてもいいんですよね」とか。

■「指導ってなんですか」って言われたら

――ご自身が新人として入団した全女では、どのような指導がおこなわれていたんですか。

長与 もう、「見て盗め」ですね。

――でも、今は「愛でる、育む」。どこが転換点だったのでしょうか。

長与「GAEA」が転換点ですね。この時代は、自分自身が選手をかなり厳しく指導して。プレイヤーをやりながら指導者をやったのは「GAEA」が初めてだったので、得たものは半端なかったです。

 要するに「指導ってなんですか」って言われたら、教えることを指導と思ってますでしょ。いやいや、その人をすべて受け入れて、顔を見るだけで今どんな状況なのかっていうのがわかるようになるぐらい、その人のことをよく知るっていうことですよね。

――教えるのではなく、知る。

長与 そう。人間って、10人いたら10人違うんですよね。性格も違ければ、家庭環境も違う。アプローチも違う。だから、ずーっとこうやって観察するわけです。

 すると、1歩じゃなくて、3歩ぐらい先が読めてくる。この子にはこういうシグナルを出してあげといたほうが、きっとうまくいくだろう、といったことがわかってくる。

写真=深野未季/文藝春秋
( #2 に続く)

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)