「孤独に慣れろよ」と言われた長与千種が、いま180度違う考えを持つ理由

「孤独に慣れろよ」と言われた長与千種が、いま180度違う考えを持つ理由

「孤独に慣れろよ」と言われた長与千種が、いま180度違う考えを持つ理由の画像

 昨年11月、北海道で男女の喧嘩を仲裁し,暴行被害を受けた女性の名前が報じられると、多くの人が驚いた。その女性は、「クラッシュギャルズ」の一員として80年代の女子プロレスブームを牽引した長与千種さん(53)だったからだ。

 84年、女子プロレス団体「全日本女子プロレス」(以下、全女)でライオネス飛鳥とのタッグチーム「クラッシュギャルズ」で社会現象を起こし、95年から05年まで自ら立ち上げた女子プロレス団体「GAEA JAPAN」(以下、GAEA)で選手兼指導者として活躍。

 05年に「GAEA」の解散と同時に引退した約10年後、2016年に女子プロレス団体「Marvelous」を旗揚げした。かつてスター選手だった長与千種は、いま、指導者として何を思うのか、話を聞いた。(全2回の2回目/ #1より続く )

◆◆◆

■一番上にいくやつは、みんな孤独だから

――クラッシュギャルズ時代にはあえて後輩とは仲良くしなかった時期がある、と伺いました。

長与 いつも「まだまだだよね」とハッパをかけてくれて、「チクショー、チクショー」って思わせてくれた恩人がいるんです。松永国松さん(松永四兄弟の三男。当時はマッチメーカー、ロードマネジャー)なんですけど。

 クラッシュギャルズ時代に、国松さんに旅館の部屋に呼ばれて、「お前孤独に慣れろよ。本当に一番上にいくやつは、みんな孤独だから」って言われたことがありました。その影響もあって、その頃は全然、人と喋らなかったですね。

 今でも、わたしと話すと「胃のあたりがキューッときます」っていう後輩がいっぱいいます。食べ物屋をやっている後輩の店へ寄ると、「無言電話でもいいので、いらっしゃるときは1本電話ください」と言われる。それぐらい、自分を作っていたというか、近寄りがたい雰囲気を出していたんでしょうね。

――結果的に、それはいいアドバイスだったんですか。

長与 ……(少し間が空く)そうですね、とてもいいアドバイスです。孤独でしたよ、本当に。動員数だとかの数字とも、戦いだったし。

 でも、自分で負けない練習法も見つけられる。仲間とわちゃわちゃやってるやつって、意外といかない。やっぱりちょっと孤独に慣れられる人。それを受け入れられる人しか、本当のトップにはいってない気がする。

■世の中が変わると、すべてが変わってくる

――そういった姿と、「指導とは、ひとりひとりの選手のことをよく知ること」という今の考え方は、180度変わっているかのように見えます。

長与 変わっています。でも、世の中がアナログからデジタルに変わると、すべてが変わってくるので。過去に自分がいろいろ経験したうえで、新しい時代に生まれた子たちを受け入れて、楽しむ。昔がこうだったからこうしなさいというのは、あまり好きじゃないです。それに従わなくていい。

――プロレスラーとはなにか、ということも変わってきていると思いますか。

長与 変わっている部分もあると思います。ただ、ぶれないのは、プロレスラーって誰かのオンリーワンになれるってこと。誰かにとって「この人に会いに行くと元気になれる」「この人の頑張ってる姿が好き」っていう存在になれるという点は、変わっていない気がします。

■「自分をやっと受け入れられて、ほんと楽」

――ご自身について、変化を感じることは。

長与 もう54なので、20代の子が全力で当たってきたら、それはもう負けます。スタミナも負けます。でも、「自分をやっと受け入れられて、ほんと楽」という思いもあります。彼女たちに弱さを見せられるようになったのも楽だし、頼るのも楽しみになってきたし。

 こんなことを言うと「長与ももう後ろに隠れちゃったのかな」って思われるんでしょうけど、でも、いざとなったら鉄壁になって守りますから。

――それは、たとえば暴行事件の際に、現場に一緒にいた選手たちではなく、長与さんが出ていった、というところにもあらわれているのでしょうか。

長与 そう、何があっても現役の選手が手を出してはいけないんです。絡んでもいけないと思うし。

 選手の親たちにも、「自分の子のように育てます」って約束しているんです。親からすると、自分の子はプライドだったりするわけですよね。だから同じ。自分のプライドです。

■譲渡会の開催や一時預かりも

――昔から動物がお好きですよね。今は何匹飼っているんですか。

長与 14、5匹いるんじゃないですかね。13匹くらい犬で、猫が2匹。犬のうち、1匹は一時預かりです。

――里親に譲渡する前の預かり親も、やっているんですよね。

長与 そうですね、譲渡会の開催や一時預かりをしています。里親さんが見つかるまでに、ワンコたちをもう1度元気に、そして人間を好きになってもらえるようにするんです。

――譲渡会への参加や、預かり親を始めたきっかけは。

長与 動物好きの友人が秋田犬の保護と譲渡を始めたので、まずはそれに協力しました。一時秋田犬ブームがあったんですけど、そのあとたくさん飼育放棄されちゃったんですよね。大きいから飼いづらいし、吠えるし、怖いとかで、里親になってくれる人もなかなか見つからない。本当はものすごく忠実な犬種なんですけど。

 そのうち、個人で一生懸命、小型犬や中型犬を保護して里親さんを探してらっしゃる方もいっぱいいることがわかったので、犬種を問わずに一緒に活動を始めました。

――保護や譲渡の活動って、具体的にどのようなものでしょう。

長与 保護したら、まずGPSを埋め込む。あとは去勢をちゃんとしてあげる、ワクチンを打ってあげるとかですかね。

 譲渡会のときは、ここの敷地を解放しているんですよ。

■素の自分を見せられるパートナー

――こうしたご活動は今後も続けていきますか。

長与 ずっと続けていきます。人間がしでかしたことは、人間がちゃんと元通りに戻さなきゃいけないので。他人がやったことに対してなぜ、って言われたらそこまでですけど、でも、ワンコには関係ないから。

 1週間前にも、お外が怖い子が来たんですよ。柏あたりでずーっと放浪してた犬で、はじめて抱っこしたときは、ブルブル震えていました。でも、最近は手をペロペロしてくれたり、お腹を見せてくれたり、「おいで」って言ったら来てくれるようになったり。

 名前は選手が順番につけていて、この前来た子は、選手が「笑顔(ニコ)ちゃん」って命名しました。「この子には笑顔がないので、うちに来たら笑顔がいっぱい出せるように笑顔(ニコ)ちゃんにします」って。

――選手の皆さんで育てているんですか?

長与 寮で一緒に住んでいるので、みんなで育てますね。ただ、育てられてる気がするけど、犬に(笑)。

 預かるのは今回2回目なんですが、犬の部屋に行くと、若い子が犬と一緒に寝てたりするんですよ。普通の女の子の部分を十分出させてくれる、素の自分を見せられるパートナーだと思いますね。現役時代の自分にとっても、犬ってそういう存在だったので。

■「ちょっと仲間に入れて」って

――ちなみに、長与さんご自身も、選手のみなさんと一緒に住んでいるんですか。

長与 そうです。大きな部屋や個室を合わせて何部屋もあるので、割とバラバラに過ごしていますけどね。選手たちは寮のお風呂に入りにいくので、自分はあえて別の場所で入ります。

 あとは、若い子たちがわちゃわちゃしている時はあまり入らないようにしていて、どうしても自分が寂しくなった時だけ、「ちょっと仲間に入れて」って言っています。

――意外です!

長与 ほんとに言うんですよ(笑)。「寂しがりですね」って言われながらも、意外と入れてくれたりとかね。先輩だからどうこう、はないですね。外に出るときや、試合会場に入ったときは顔つきもまったく変わるし、厳しくするけれども、普段は全然。受け入れてほしいと思うので、こういう自分を。

■まだスポンジですよ、頭が

――プライベートはどう過ごされてるんですか。

長与 よく引きこもって映画を観ています。最初の5分で面白かったら最後まで観ます。あまりに衝撃的な始まりがあると、「あっそういうのもアリだね」とか。そうすると、例えば会場での演出上とか、試合の順番とか、もう全部がインスパイアされる。

――繋がっていくんですね。

長与 全部繋がります。ライブハウスに行くと、異空間を作る上で音と照明ってどれだけ大事なんだろうって思うし、宝塚歌劇を見ると、男役の目線の配り方、指先の動かし方に目が行く。男役って、階段を降りてくるとき、絶対に階段を見ないんですよ。見ないでまっすぐ下りてくる。意外とまだスポンジですよ、頭が。

■新しいプロレスを作るのは、新しい世代のお客さん

――最後に、これからプロレスでどういったことをやっていきたいかということを。

長与 世間の人に、もうちょっと女子プロレスを認めてほしい。40代より上の人たちは女子プロレスのことを知ってくれている人たちが多いと思うんですが、若い子たちに来てほしい。同じ世代の子たちが選手としてやってるから、ちょっと来てみなよ、って。

 女子プロレスがメジャーになってくれれば、という思いでやっていますけれども、実際に女子プロを変えていくのは自分たちじゃなくて、新しい世代のお客さんや、新しい世代のレスラーなんだと思います。そうやって新しいプロレスができたら、会長も言っていた、横浜アリーナ行きが実現するんじゃないですか。

■ログハウスでワンコたちとわちゃわちゃ

――横浜アリーナに行けたら、次は。

長与 それが終わったら、やっと一休みできるかな。那須あたりで、ログハウスでワンコたちとわちゃわちゃしながら暮らしたいです。それでたまに道場に様子見に行って、「どう? 頑張ってる?」「じゃあねー、遅くなるから帰るね」って。

 そこには保護犬・保護猫のボランティアさんたちも来ていて、「やっぱさ、あの子もらっちゃう?」「一緒に活動してくれる?」って保護や譲渡の相談をしたりとかね。

――とても楽しそうです。

 そうでしょう? 最後にどーんとやって、終われたらいいなって思います。すべて終わったら、那須にいますよ、きっと。王国を作っていますから、自分の。

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)