「熊次郎出た!」猟奇的犯行が「鬼熊事件」として日本中の注目を集めるまで

「熊次郎出た!」猟奇的犯行が「鬼熊事件」として日本中の注目を集めるまで

©iStock.com

「平成」から「令和」への代替わりが近付いている。93年前、昭和への代替わり直前だった1926(大正15)年夏、千葉県の小さな農村で起きた連続放火殺人事件は日本全国の注目を集め、海外の新聞も報道。大きく変化していく時代の一面を浮き彫りにした。当時の状況が現在と類似しているという指摘もある。

「鬼熊」の名を人々の記憶に残した事件は、正確な文献・資料が少なく、未解明の部分も多い。警察の捜査関係資料をもとに、当時の新聞記事の内容などを加えて再現する。

■肌寒い夏の夜の惨劇

 千葉県北東部の香取郡久賀村(現・多古町)は、現在は成田空港から最短で数キロの都心通勤圏だが、当時は田んぼと畑の周囲に広大な山林と原野が広がる静かな農村だった。事件の5年前の統計で563戸、人口3450人。大正最後となった1926年は、8月に入って気温の変化が激しかった。気象庁の記録によれば、千葉県東端の銚子の最高気温は、8月18日の30.0度から19日は21.5度に急降下。18日午後からの雨は19日昼すぎに上がったが、北東の風で夏にしては肌寒かった。

 事件が起きたのは、日付が変わって間もない8月20日午前0時半ごろ。久賀村・高津原地区にある居酒屋「上州屋」は、かやぶきで農家そのままの造りだった。

 客で荷馬車引きの岩淵熊次郎(35)が突然立ち上がり、「よくも俺の面に泥を塗ったな!」と叫んで、店の経営者夫婦の孫で酌婦の吉沢ケイ(27)の髪をつかんだ。庭先に引きずり出し、殴る蹴るの暴行を加えたうえ、土間に積んであったマキの1本をつかんで頭を殴った。「キャッ」と叫んだケイに何度も殴打を加えて殺害。止めようとしたケイの祖母(68)にも頭などに重傷を負わせた。

■「種雄、出てこい! この間の礼に来た!」

 その後、約300メートル離れた農家の菅沢寅松(25)の家に行って所在を聞き、父親が「寅はいない」と答えると、マッチを出させた。それを持って農家・菅沢種雄(42)の自宅に押し掛け、「種雄、出てこい! この間の礼に来た!」と怒鳴った。家人が驚いて外へ逃げ出すと、家に火を付けた。駆け付けた村の消防組員が消火しようとしたが、「火を消すと承知しないぞ」と大声で叫び、組員2人を鍬で殴ってけがを負わせた。

 続いて、駐在の向後国松巡査が事件の知らせを受けて出掛け、無人になっていた村の駐在所に侵入。巡査のサーベルを盗み出した。午前3時ごろ、次浦地区の農家・岩井長松(49)宅を訪れ、「ちょっと開けてくれ。急用ができた」と声を掛けた。戸を開けて顔を出した長松にサーベルで切り付け、表によろけ出て逃げようとしたところをさらに2、3回サーベルを振り下ろして殺した。

■それから40日以上にわたって逃走劇を展開した

 午前4時ごろ、熊次郎の実兄清次郎宅近くの道に張り込んでいた山越信司・多古警察署巡査(35)に見つかり、「熊次郎、待て!」と声を掛けられた。サーベルで山越巡査の頭に切りつけ、格闘に。捕縄で取り押さえられそうになったが、巡査の親指にかみつき、ひるんだすきに山林に逃げ込んだ。

 2人を殺害、4人に重傷を負わせて放火した熊次郎は、それから40日以上にわたって大捜査網を尻目に逃走劇を展開。「鬼熊」の名を広く世間に知らしめることになる。

 10日前の8月10日には、病状が悪化した大正天皇が自動車と列車で葉山御用邸に入っていた。逝去の12月25日まで4カ月余り。大正時代の終幕が刻一刻と迫っていた。

■ケイに若い愛人ができたことからトラブルが頻発

 荷馬車引きは、馬が引く荷車で山から切り出した木材や、それを焼いた炭などを近くの八日市場や成田などに運び、帰りに九十九里浜でイワシから作られた肥料用の干鰯(ほしか)などを載せて帰って来る仕事。「次浦と佐原の間には毎日、荷馬車の便があった」と郷土史家は言う。

 熊次郎は上州屋に客として通ううち、事件の約4年前からケイと関係ができていた。さらに、別に土屋忠治が経営する旅館で働いていた女性とも関係ができ、その女性の借金を返すために金を使った揚げ句、女性に逃げられた。その間、ケイに寅松という若い愛人ができたことからトラブルが頻発。熊次郎は、繰り返し寅松との関係を追及してケイに暴力を振るい、警察沙汰に。事件前月の7月には、包丁でケイを脅して逮捕され、八日市場裁判所で懲役3月執行猶予3年の判決を受けた。

 8月18日に釈放され、19日夜、上州屋に来て、居合わせた2、3人と話をしていた。そこに偶然寅松が来合わせたことから、「憤怒抑へ難く殺意を生ずるに至る」(捜査資料)。これが事件の直接の引き金になった。寅松は驚いて家に逃げ帰り、隠れた。熊次郎は、種雄が三角関係に介入し、「熊次郎より寅松を」とケイに吹き込んだとして、長松は熊次郎が預けた別の愛人を逃がしたとして、それぞれ恨みを抱いていた。ほかにも、忠治は「長松とグルになって自分をだました」、向後巡査は「一連のトラブルで自分に不利な扱いをした」として恨んでいた。

■「殺人鬼・熊次郎」が「鬼熊」になるまで

 事件発生当時、多古署は署員12人。それに消防組員が加わり、千葉県警察部から派遣された応援の警察官50人で熊次郎を追ったが、行方はつかめなかった。

 熊次郎は4日後の8月24日夜、忠治宅前の路上に、翌25日未明には寅松宅の庭に現れた。いずれも騒がれて逃走。25日夜には、出沼から南西に約3キロ離れた多古町飯笹登戸の開墾地に住む、元荷馬車引き仲間の家に押し掛けて風呂に入った。帰りに握り飯をもらう際、「目指す寅松、忠治らを殺せば自殺する」と語った。

 地元紙「千葉毎日新聞」はこれを報じた記事に「出没自在の鬼熊」の脇見出しを付けた。これがメディアに「鬼熊」が登場した最初と思われる。それまで各紙の記事は「殺人鬼(岩淵)熊次郎」の見出しが多かった。取材現場などでそれを縮めて「鬼熊」と呼んでいたのが、そのまま見出しになったのではないだろうか。

■行動範囲の広さは驚異的といえる

 鬼熊は8月26日夜には、前日現れた場所から北西に4キロ余り離れた、当時印旛郡遠山村(現・成田市)の道を歩いているのを捜索隊に見つかり、追われたため、着ていた着物を脱ぎ捨てて逃げた。そこは45年後、成田空港反対闘争中に機動隊員3人が反対派と衝突して死亡した東峰十字路に近い場所。

 27日には、少し離れた香取郡本大須賀村(現・成田市)の開墾地の農家に、そして31日には、最初の現場の高津原にある開墾地の知り合いの家に現れ、握り飯や卵を受け取った。

 鬼熊は身長5尺1寸(約155センチ)と当時でも小柄だったが、労働で鍛えたガッシリとした体格。「マラソン選手として活躍した」と報じた新聞もあった。毎日荷馬車を引いて歩き回り、勝手を知った地元だったが、それにしても行動範囲の広さは驚異的といえる。

 県警察部はさらに県下の警察署から大量動員。8月27日、警部補、巡査計100人と久賀村消防組総動員で周囲6里(約24キロ)を包囲して山狩りを行った。9月1日には野村信孝警察部長の指揮の下、警察官280人、消防組員約3000人で再び大規模な山狩りを実施。しかし、鬼熊を見つけることはできなかった。

 消防組員の間には、「どこかの森の中で首でもくくっているのではないか? 腹でも切っているのでは?」などとうわさする者もいたが、鬼熊は、9月に入っても食料などを求めて民家に出没。その後繰り返された山狩りや検索の網にもかからず逃げ続けた。

■逃亡するのに最適な場所だった理由とは

 要因の1つは、周辺が昔の「牧」(牧場)で、逃亡するのに最適だったこと。古代から馬の放牧が行われ、江戸時代には幕府が管理。明治維新後、政府が窮乏にあえぐ元幕臣に開拓を委ねようとしたがうまくいかず、開拓民が個別に入植して開墾を進めた。久賀村の北西には、昔の「矢作牧」の跡地の1つである「十余三」地区が接していたほか、村内にも多くの開墾地があった。捜索対象地域はそれらを中心に、千葉県の香取、印旛、山武3郡にまたがった。

「面積五千四十四萬五千八百坪(注:約166平方キロ)もあると云ふ広漠たる森林帯原野で、既に開墾されてゐる所ですら隣家への距離が概ね四五丁(注:約436〜545メートル)もあらうと云ふ、捜査上甚だ困難な場所であつた」(捜査資料)。現在の東京都の4分の1以上に相当する面積に一軒家が1917戸も。電話などなく、連絡は徒歩か自転車に頼るしかなかった。

■巡査が「熊次郎、待て」と声を掛け……

 鬼熊は村内の出沼地区にある農家の四男に生まれた。地元では「佐倉藩の下級武士の末裔」ともささやかれる家だった。尋常小学校を3年で中退。地元の豪農で県会議員も務めた五木田太郎吉家の小作人や、兄清次郎の農業の手伝いなどをした後、独立し、妻と5人の子どもがいた。

 警察は立ち回り先の1つとして五木田宅をマーク。9月11日は河野c太郎・多古署巡査(24)ら2人が張り込んでいた。午後8時ごろ、鬼熊が裏庭に現れて裏口に向かおうとしたのを、河野巡査が「熊次郎、待て」と声を掛け、逃げるところを飛びかかろうとした。鬼熊は無言のまま、持っていた大型の鎌を横に振るった。鎌は頸動脈を切断して河野巡査は即死。鬼熊はそのまま姿をくらました。犠牲者は3人に。地域は再び騒然となった。

 当時はラジオ放送が始まったばかりで、事件を伝えるメディアは新聞と雑誌くらいしかなかった。ニュースの“夏枯れ”の時期でもあり、新聞各紙は東京などから応援の記者を多数派遣。伝書鳩も使って取材合戦を展開した。

■鬼熊の一挙手一投足をセンセーショナルに伝えた

 スクープを争って紙面はエスカレート。容疑者の呼び名も最初は「殺人魔岩淵 警戒網に現はる」、「殺人鬼の捜査 迷宮に入る」などと見出しにしていたのが、「出没自在な熊公 大山狩も効なく」、「熊によく似た男が荷馬車で佐原へ」となり、最後は全紙「鬼熊」で“統一”。「熊次郎出た!」、「ひと風呂浴びて殺人鬼のひる寝」、「魔か人か、探しあぐむ」など、競って鬼熊の一挙手一投足をセンセーショナルに伝えた。

 仲秋の名月の夜に「月見をさせてくれ」と民家に現れ、月見団子を平らげたという真偽不明の記事も現れた。狙われた相手の様子を、寅松は「二十日余りの戸棚生活」、忠治は国定忠治に引っ掛けて「日本刀を抱き寝の恋敵」などと、茶化すような調子も。いまのテレビのワイドショーや週刊誌以上の過熱ぶりだった。同時期に鎌で人を殺した長野県の男は「信州の鬼熊二世」、東京で「俺は熊公だぞ」と言って鎌で脅した男は「熊、東京に現る」と報じられた。

【「鬼熊が来たらメシでも食わせてやれ」住民たちが連続殺人犯を匿っていた理由とは】に続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)