新紙幣に採用 北里柴三郎のあだ名は「雷おやじ」だった

新紙幣に採用 北里柴三郎のあだ名は「雷おやじ」だった

©時事通信社

日本の紙幣が20年ぶりに刷新されることになった。

新1000円札の表のデザインには「日本近代医学の父」と讃えられる、北里柴三郎(1853−1931)。世界で初めて破傷風菌の純粋培養に成功し、血清療法を開発した。ペスト菌も発見。生涯を予防医学の発展に尽くし、第1回ノーベル生理学・医学賞の有力候補に挙げられた人物だ。

(出典:文藝春秋2014年1月号)

 語り手の孫の北里一郎氏(81)は、明治製菓の社長(のちに最高顧問)を務め、現在は学校法人北里研究所の相談役。

■「雷おやじ」がニックネームだった

 まず触れるべきは、「ドンネル」というあだ名でしょうね。ドイツ語で「雷おやじ」(笑)。

 いわれは、規律に厳しかったことにあるそうです。同僚でも弟子でもたるんだヤツが大嫌いで、徹底的に雷を落とした。しかし、人前で怒ることは絶対に避けた。相手がやる気をなくしては意味がない、という配慮があったからです。そうやって任せたあとは、遠くから眺めるだけで口出ししなかったので、弟子たちは研究に集中しました。

 好んで揮毫した言葉は「任人勿疑 疑勿任人(人を任ずるに疑うなかれ、疑って人を任ずるなかれ)」。そうした人間味を含めて、「雷おやじ」のニックネームがついたようです。

 阿蘇での子供時代は、負けず嫌いの暴れん坊だったとか。18歳で医学を志す道筋を与えた熊本医学校のオランダ人医師マンスフェルト、ドイツ留学時代に師事したコッホ、そして福澤諭吉が、柴三郎の三大恩人です。出会う人に恵まれたし、出会った人に対する報恩の精神が、柴三郎は人一倍強かったといえます。

「医者の使命は病気を予防すること」と考えていた柴三郎ですが、ドイツから帰国後、伝染病の研究をする機関がなかった。そのとき、私財を投じて面倒をみたのが、福澤先生でした。おかげでできたのが、伝染病研究所です。翌年、この伝染病研究所が移転を計画すると、地元で反対運動が起こりました。そのときも福澤先生は自ら住民を説得し、研究所の隣に次男一家を住まわせて、安全性を示したのです。

 大隈重信内閣が、伝染病研究所の所管を内務省から文部省に変えると閣議決定したとき、事前に相談がなく承服できなかった柴三郎は、辞表を出します。そのときの弁は、「福澤先生の教えによるところの独立自尊はここにあると考えたからである。学問の独立を尊重する以上は説をまげてまでも研究所に留まることはないと決心した」。お弟子さんや職員も揃って辞職を申し出たそうですから、「ドンネル」は慕われていたんでしょう(笑)。そして、北里研究所の設立に至ったわけです。

■庭で飼っていた鳥も解剖した


 福澤先生が亡くなったときの弔辞は、
〔余は衷心、実に師父を喪いたるの感あり。然れども先生の偉業は依然として我が眼前に存し、先生の遺訓は歴然として余が脳裏にあり。余不敏と言えどもまたその偉業を守りその遺訓を体し切磋研鑽以て、万一の報恩を期せんとす。嗚呼悲哉〕

 慶應の医学部設立に尽力し、無給で初代学部長に就いたのも、報恩の精神からでした。コッホ博士が亡くなったときは、コッホ神社を作って祀りました。いまはコッホ・北里神社として、北里研究所の敷地内に建っています。

 晩年の柴三郎は、自宅の庭一面に鳥小屋を作り、孔雀をはじめ、鳥をたくさん飼って可愛がっていました。死んだ鳥を見つけると、解剖して死因を追究せずにいられなかったというのが、医学者らしい(笑)。鳥のほうも柴三郎になついていて、毎朝7時に庭へ出ていくと、いっせいに鳴いて喜んだとか。しかしその鳴き声が近所迷惑だとわかると、上野動物園に掛け合って、すべて寄付したということです。


 関東大震災のときは70歳。柴三郎は次男の善次郎、つまり私の親父に、入院していた夫人の乕(とら)さんを病院から連れてくるように命じます。ところが交通機関は乱れているし、あちこち火は出ているしで、なかなか帰って来ない。柴三郎は門前に出て行ったり来たりしていたといいますから、性格が出たんでしょう(笑)。ようやく帰って来ると、食事用の脚の長いテーブルの下に敷いておいた布団に、さっそく祖母を寝かせた。余震に備えた心配りです。親父にはひと言、「遅い!」と雷を落としたそうです(笑)。

■「じいさんに比べられたらかなわん」

 好んだ言葉は「終始一貫」。孫の私も、これを座右の銘としています。

 私は下から慶應でしたが、「じいさんに比べられたらかなわん」と思ったので大学は工学部へ行き(笑)、卒業論文は医薬品に関するものでした。就職は、ペニシリンの製造・販売をしていた明治製菓を選びました。柴三郎から実学の精神を受け継ぎ、実業界に身を置くことにしたのです。

 柴三郎がコッホ博士から教えられたのは、「学者は、高尚な研究で自己満足してはいけない。これを実際に応用して社会に貢献することこそ、本分である」ということ。

 福澤先生から教えられた「独立不羈(ふき)」の精神は、「自分でモノを考えて言動に移し、自分で責任をもつ」ということです。柴三郎はそこへ、「奉公人根性なきこと」と付け加えました。私の解釈では、「上司の指示を聞くだけで、自分でやりたい仕事があっても、失敗したら減点されて出世のさまたげになると思って、やらない。そんな根性ではダメだ」という意味です。

 明治製菓の社長時代は新入社員に対する訓示で、いまは北里大学と慶應義塾大学の新入生への特別講義で、私は柴三郎の精神を伝えています。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2014年1月号)

関連記事(外部サイト)