女性初の留学生・津田梅子がショックを受けた「日本女性の地位の低さ」

女性初の留学生・津田梅子がショックを受けた「日本女性の地位の低さ」

津田梅子

日本の紙幣が20年ぶりに刷新されることになった。

新5000円札の表のデザインには、津田塾大学の創設者として知られる津田梅子(1864〜1929)。日本初の女子留学生でもあった。日本社会に失望したこともあったが、仲間の支援を得て、自らが理想とする学び舎を立ち上げた。

ノンフィクション作家の石井妙子氏が、波乱万丈の人生をつづる。

(出典:「文藝春秋」2017年4月号)

■留学生は全員が佐幕派の侍の娘たちだった

「もうあと1日です。到着は目の前です。私の肉親―家族はいったいどんな人たちなのかしら。(中略)明日、私の人生の新しいページがめくられます。どうか、素晴らしいものでありますように!」(大庭みな子『津田梅子』より引用)

 梅子の胸の高鳴りが伝わってくる。11年ぶりに祖国の土を踏むのだから無理もないだろう。彼女をこれまで育ててくれたアメリカの母、ランマン夫人に宛てて横浜港に船が近づく中、英文で書き綴った手紙の一節である。

 日本初の女子留学生として1871(明治4)年、わずか6歳で海を渡った梅子。父の津田仙は旧幕臣で外国奉行の英語通弁として活躍した人物であったが、大政奉還により失職。幼い娘に新時代の夢を託した。梅子に限らず女子留学生に応募した5人は、全員が佐幕派の侍の娘たちだった。

「親の期待と国の期待とを背負って5人の少女たちは、アメリカに渡りました。年長のふたりがほどなく帰国し、最年少の梅子、永井(瓜生)繁子、山川(大山)捨松の3人が残り、それぞれ知識階級の堅実なアメリカ人家庭に引き取られました。幼いながら国費留学生の責務を感じており、学業成績は皆、極めて優秀。3人はアメリカで培った知識と学問を生かし、将来は日本の女子教育に身を捧げる覚悟でした」(捨松の曾孫で、『鹿鳴館の貴婦人 大山捨松』の著者、久野明子氏)

 明治15年に帰国した17歳の梅子は日本語をすっかり忘れていたが、父親の仙とは幸い英語で会話すればよかった。暖かい家族の歓迎を受けて感激するものの、すぐにでもお国のために働きたいと思っていた梅子は、政府から何の音沙汰もないことに落胆する。

「帰国した男子留学生には役人や大学教授のポストなどが用意されていたのに、文部省は梅子ら3人には働く場を準備することすらしませんでした。また、日本女性の地位の低さ、高位高官が平然と花柳界で遊ぶ姿を見て、アメリカのピューリタニズムの中で育った彼女たちは大きなショックを受けます」(同前)

■教育者として自活する道を目指し……

 11年間もアメリカで一体、何のために勉強してきたのか。国はなぜ、自分たちを役立てようとしないのか。やがて固く結ばれていた3人の関係にも変化が起こる。繁子は海軍軍人との、捨松は政府高官である大山巌との結婚を決めたからだ。一緒に働こうと誓い合った留学仲間たちの結婚に、梅子は落胆した。

「特に捨松は梅子にとって姉のような存在だったので、がっかりしたのでしょう。でも、捨松は日本社会では未婚女性は何の力も持てないことを見抜き、現実的な決断をしたのです。陸軍卿大山巌という政府高官の妻となれば影響力を持つことができる、と。実際、捨松は梅子の仕事を生涯、大山夫人として支援し続けます」(同前)

 梅子は教育者として自活する道を目指し、伊藤博文の口利きで華族女学校に奉職する。だが、上流階級の娘たちに花嫁修業的な教育をほどこすという校風には、どうしても馴染みきれなかった。英語教師で終わってしまっていいのか、という思いもあり、そのためにも、「自分自身を向上させたい。自分に才能があるのならば、伸ばしてみたい」と考えるようになる。

■生物学を専攻し、カエルの卵を研究した

 やがて梅子は決意し、華族女学校を休職するとアメリカの名門・ブリンマー女子大学に入学。生物学を専攻し、カエルの卵を研究した。論文を共著したモルガン教授は、梅子の才能に感嘆し、大学に残って研究を続けるよう説得したが、「自分の使命は、日本における女子教育にあると思う」とこれを断る。なお、同教授は後にノーベル賞を受賞している。

 その後、オスウィゴー師範学校では教育教授法を学び、多くの女性リーダーたちと積極的に交流する中で、次第に自分の進むべき道が固まっていく。

 3年後に帰国し華族女学校に戻るものの数年後には俸給も高いこの官職を辞し、ついに自ら「女子英学塾(現・津田塾大学)」を立ち上げる。留学仲間の繁子や捨松が経営を支え、アメリカの友人たちも来日すると無償で教壇に立ち梅子を助けた。

 生涯独身を貫き女子教育に身を捧げた梅子だが、晩年に甥の眞を養子に迎えた。その孫にあたる、写真家の津田直氏が語る。

「梅子は自分の内面を見つめ、自分に打ち克ったのだと思います。だからこそ、単に英語や先進国の学問を日本に輸入すればいいと考えていたわけではなく、自分に勇気を与えてくれた人々の言葉や思想や生き方を日本の女性たちに伝え、自己を高めて欲しいと願ったのでしょう」

 昭和4年、64歳でこの世を去るが、本人の希望で墓所は津田塾の構内にある。

「どんなに困難なことがあっても、決してあきらめてはいけない。チャレンジしなさい。6歳の少女だった私だって、ここまでできたんだからと、今も生徒たちを励まし続けているように思います」(同前)

(石井 妙子/文藝春秋 2017年4月号)

関連記事(外部サイト)