燃え殻さんが教えてくれる「大切なことを決めるときに必要なこと」

燃え殻さんが教えてくれる「大切なことを決めるときに必要なこと」

©iStock.com

■Q 早く結婚した人がえらいのか?

 今年で29歳です。周りは結婚し、子育て真っ最中で、姉も今の私の年齢にはすでに結婚しており、会うたびに「誰かいい人いないの?」「もう30歳なんだから」と言います。人それぞれ結婚のタイミングというものがあるし、早く結婚した人がえらいのか? と思います。女性の結婚問題、どうお考えですか? 独身女性にエールをお願いします!(29歳・女性)

■A 大切なことを決める時は“世間”という言葉、“一般的”という言葉、“普通”という言葉を使わずに説明できないとボクはダメだと思っています。

 ボクは24まで童貞でした。デートをしたこともありませんでした。今でも高校生のカップルを見ると、男の方を“年下の先輩”と呼びたくなります。周りはどんどん経験を積んでいくなかで、ボクは深夜ラジオの文字起こしに明け暮れていました(誰からも発注されていないのに)。

 女性の結婚問題も男性の結婚問題も、あらゆる年齢問題も個人的には答えは変わらないんですが、無理矢理世間に合わせても後悔しか残りません。後悔から先が長いですよ〜本当に。大切なことを決める時は“世間”という言葉、“一般的”という言葉、“普通”という言葉を使わずに説明できないとボクはダメだと思っています。もっと簡単にいえばダメになると思っています。

 洋食屋に行って、友だちがナポリタンを頼んだとします。本当はハンバーグが良かったけど、友だちがナポリタンなら、私もナポリタンにするか。そんな話あるわけないじゃないですか。きっとあなたも「そんなことはないですよ! 実際」と今突っ込んだと思うんですが、ナポリタンより後を引く結婚で、あなたは周りや世間、一般的、普通なんて言葉に揺れています。もう少し自分のタイミングを信じてあげてください。あなたのタイミングを理解してくれる人間も探せてないのかもしれません。ハンバーグを頼んだ方がいいし、誰とハンバーグを食べるかも大切ですから。

(燃え殻)

関連記事(外部サイト)