34歳になったmisonoが語る「炎上」とエイベックスを辞めて立ち止まった事情

34歳になったmisonoが語る「炎上」とエイベックスを辞めて立ち止まった事情

misonoさん

「夫ががんだと分かったからエイベックスを辞めたわけではないんです」。misonoさん(34)が、夫でロックバンド「HighsidE」のドラマー・Nosukeさん(29)の精巣がんを告知されたのは、大手芸能事務所「エイベックス」から独立してまもなくのことでした。misonoさんが結婚し、事務所を辞めて、新たな人生をスタートさせようとしていた理由とは?(全3回の3回目/ #1 、 #2 も公開中)

◆ ◆ ◆

――昨年10月にエイベックスを退社したばかりでしたよね。

misono 事務所には本当に感謝しています。喧嘩別れだとか、クビだと誤解されているのですが、円満退社でした。お世話になったスタッフさんとは、辞めてからも連絡をとりあっています。Nosukeのがんが分かったのはその後の11月です。だから、事務所を辞めたことと、夫の病気は関係ありません。

■炎上クイーン、お騒がせタレントというフィルター

――なぜ事務所を辞めようと思ったんですか。

misono アーティストとして、例えば「日本武道館に立ちたい」という目標があったり、「もっとこうなりたい」という志があれば良かったのですが、自分はもう完全燃焼したなと思ったんです。misonoは特に好き勝手、自由にさせてもらえていたので、自分がやりたい物事は全てやりきったというか。

――アーティストを辞めるということなんでしょうか。

misono これからの人生は「仕事もプライベートも、友達と家族とスタッフと、傷つけ合わずに、皆で幸せになりたい」という想いだけしかなくて。もともと、歌うことは好きでも得意でもありませんでしたが、正直どんどん音楽を楽しめなくなっていき、気づけばいつの間にか嫌いになっていました。そんな自分も嫌でした。それで、モノマネをやり始めたんです。仕事の楽しさを取り戻せましたし、2007年にバラエティに進出したおかげで、タレントとして黒字にもなりました。一方で、ミュージシャンとしての結果も必要で、CDの売り上げが落ちているのも自分は気にしていました。

 30歳以降は炎上クイーン、お騒がせタレントとして知られるようになって、フィルターがかかった状態で歌を届けるようになりました。そうするとますますライブイベントではなく、バラエティに出るようになり、さらにフィルターがかかって……。そんな悪循環が続いていた気がします。misonoとして、本当に伝えたいことが届きにくくなっているのを感じていました。

――自分の人生を考える時期でもあったタイミングで、Nosukeさんのがんが分かって、急に支えなければならない立場になって。

misono プロとしては失格だったと思います。事務所を退社した1番の理由は、ボランティアやチャリティー、海外のお仕事をメインにしたいから辞めたんです。事務所や、自分の夢のためではなく、人の夢を叶える仕事がしたいと。もともと保母さんになりたいくらい子どもが好きで、これからは子どもたちのために歌おうと思い、小学校や親のいない子どもたちの施設で歌わせてもらっている時期でした。それが、治療費のため、Nosukeのためになってしまっていたので。

■「美容院も行っていないし、ネイルも伸び伸びです」

――優先順位が仕事からNosukeさんに変わった。

misono きょうはヘアメイクもしていただきましたが、Nosukeの病気が分かってからは、自分のことなんてどうでもよくなっていました。さっきもヘアメイクさんに「いつから髪切ってないの?」と言われて。美容院も行っていないし、ネイルも伸び伸びです。

――仕事場と病院を往復していたら、時間がないですよね。

misono 自分に時間をかけたくないから、ヘアスタイルも「とにかく一番早いやつ!」。服も悩んでる時間がないから、ワンピース1枚。これまではファッションが大好きだったから、スタイリストもつけずにスタイリングしてたし、何時間も悩んでいたのに、今は「はい、これでいい」っていう感じで。「これがいい」と選ぶことはなくなりました。最短でmisonoになって仕事をして、終わったら病院へ。お見舞いに行く時は、病原菌を持ち込まないために一度シャワーを浴びてから病室に入るので、もう、頭はボッサボサ、私服も適当です。

 自分のことよりもまずはNosuke。それは昔のmisonoからすればあり得ないこと。自分中心だったmisonoが、こんなに人を愛せたのは初めてかもしれない、と思います。今までは自分のことでいっぱいいっぱいでした。30歳になってから、ずっとやりたかったボランティアやチャリティーの仕事をさせていただけるようにはなりましたが、それでも世間的には「misonoって自分が一番の人だよね」っていうイメージは取れなかった。それはキャラだったんじゃなくて、そういう人間だったんじゃないかと思うんですよ。

■「病気を利用している」という批判

――きょうのシックなワンピースも似合っています。

misono これは、自分にとって正装です(笑)。きちんとした格好で発信しないと、ひとの心には響かないので。外見だけで判断されるっていうのも、どうなんだろう? とは思いますが、今までのmisonoのキャラやイメージが先行していて、何をやっても、やらなくても、いろいろ言われてしまうので。「家族の病気を利用して売れようとしている」とか「金儲けのためだろう」とか……。でも、それは自業自得だと思っています。いまは、misonoがバッシングされたり炎上したりしても、それが回りまわってNosukeが注目されるきっかけになるならば、もういいと思えるようになりました。おかげで、また少し強くなれましたね。

――炎上したり、お騒がせタレントと中傷されることに傷ついていたんですね。

misono SNSで話題になったり、ニュースに取り上げてもらえることで、TVには出ていないのですが、「misono」は世間から忘れられていない。だから、取り上げていただけることには感謝しています。アンチに対しても、拡散してくださっているので、有り難いと思っています。

■30歳のときは、結婚を諦めていました

――misonoさんはNosukeさんに出会うまで、結婚は諦めていたそうですね。

misono 30歳のときに、はじめて「恋愛はもういい」と思って、両親に「孫の顔は諦めてね。1人で生きていくことに決めた」と言っていたんです。当時お付き合いしていた人といろいろあって、ドン底の精神状態でした。そんな中、Nosukeに出会った。Nosukeは全部misonoに合わせてくれる。だからmisonoは、結婚しても変わることなく、よりmisonoを貫けました。

――そもそも、子どもたちのために歌おうと思うようになったのはなぜなんですか?

misono 子どもたちはネットニュースを見ていないから、純粋な気持ちで音楽を聴いてくれる。「misono」というフィルターがかからないんです。親のいない子どもたちの施設でも歌ったんですが、ピュアな子たちばかりでこちらが元気をもらいました。子どもたちの無邪気な笑顔は、本当に力になります。これからの未来を作るのは子どもたち。彼らのために何かやりたいと思うんです。

■毎日してしまうエゴサーチ

――転職をしたり、新しい働き方を考える人は増えています。事務所を辞めることは、ある意味では働き方を変えるきっかけになりますよね。

misono 17歳から34歳まで芸能界で生き残れたのは、自分の実力じゃなくて、周りのひとのおかげだと思っています。ヘキサゴン(「クイズ!ヘキサゴン」フジテレビ系)の司会をやっていた島田紳助さんの力だとか、姉の七光り(歌手の倖田來未)と言われることもありましたが、いまはもう紳助さんも引退され、メディアでも「倖田來未の妹」とは書かれなくなりました。事務所を退社したのは、しがらみから解放されたいという思いもあったんです。これからは全部、自分の力で1人でやっていくんだって。環境や人のせいにも出来なくなるので、何かあっても自分の責任だって納得も出来るし。それでも、つい「自分なんか」って思ってしまいますし、エゴサーチも毎日してしまう。自分も変わらなければならないと思っています。友人からは「自分で自分の価値を下げすぎじゃない? もう少し自分に自信をもっていいんじゃない?」と言われます。

■「一度ぜんぶ飛ばしてしまおうかな」と思った


――Nosukeさんとパーソナリティを務めるラジオの新番組も始まりますね。

misono オフがないので、何回か断っていたのですが、Nosukeも出演できるならと、引き受けました。Nosukeの面白さが出るような構成になっています。夏には、自分が主演で「ロックオペラ」にも出演する予定です。自分はアドリブが大の苦手で、台本どおり忠実にやりたくて、稽古中はそれ以外何も手がつかなくなってしまうので、これまで舞台のお仕事は断り続けていました。でも、主演だけでなく、審査員としてオーディションから参加させてもらえると聞き、やることに決めました。いま、音楽業界が不況で、CDも売れない中、歌いたくても歌えない子がたくさんいるんです。夢をみられず、なくなく歌うことを諦めてしまった子たちに歌う機会ができたら、と思っています。

――いま、芸能人が活動を一時的に休んで「小休止」する人も増えていますが、misonoさんは休もうと思うことはありませんか?

misono 正直一度ぜんぶ飛ばして海外に逃げてしまおうかなって思ったことは何度もあります。でも、そういう時に限ってありがたいことに、やりたいと思ってしまうお仕事をいただけて(笑)。でもどうなんだろう。自分の中では「もう34」なんですよ。でも「まだ34じゃん」って言われるんです。これからは、この半年で得たことを活かして日々を過ごしたい、過ごさなきゃいけないと思っています。

写真=鈴木七絵/文藝春秋
ヘアメイク=大西トモユキ

misono(ミソノ) /アーティスト・タレント。1984年10月13日生まれ、京都府出身。B型。夫はロックバンド「HighsidE」のドラマー・Nosuke、姉は歌手の倖田來未。2002年8月、「day after tomorrow」のボーカリストとして活動をスタート。活動を休止した後、ソロアーティストmisonoとして再デビュー。音楽活動の他、バラエティやモノマネ番組、声優、女優としても活躍。活動を海外に広げている。4月19日からNosukeと2人でレギュラーラジオ番組「misoNosu家」がスタート。7月13〜15日に上演するロックオペラ「ライフパスファインダー2019」で、主演とオーディションの審査員を務める。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋)

関連記事(外部サイト)