元SKE48矢方美紀が語る「『病気だから取りあげられているだけ』に泣いた日もありました」

元SKE48矢方美紀が語る「『病気だから取りあげられているだけ』に泣いた日もありました」

矢方美紀さん

 1年前、乳がんになったことで、当たり前の幸せや家族の大切さを再認識したという元SKE48の矢方美紀さん(26)。ブログでの公表をきっかけに活動の幅も広がった中で、「病気だから取りあげられているだけ」などという声に傷ついて涙した日もあったといいます。もし、矢方さんが1年前の自分に声をかけるとしたら。現在の心境を聞きました(全2回の2回目、 #1 から続く)。

■「人生何が起こるかわからない」と強く感じた1年

──矢方さんが乳がんを公表してから1年が経ちました。矢方さんにとって大変な1年だったと思いますが、少し客観的にみられるようになりましたか。

矢方 この1年って、「人生何が起こるかわからない」と強く感じた1年でした。自分のこともそうですが、今まで当たり前にテレビや映画で見ていた俳優さんが亡くなったり、新しい元号が決まったり。「永遠ってないんだな」と思わされることが多くて、限られた時間や出会いに感謝して大切に過ごさないといけないと、ますます強く思うようになりました。

──1年前の自分にどんな言葉をかけてあげたいですか。

矢方 病気だとわかったばかりの頃は、スマホで病名を調べて落ち込む、みたいなこともありました。そういう時って、どんなに検索してもマイナスのワードしか目に入らないんですよね。そしてさらに落ち込む……みたいな悪循環で。1年前はわからないことばかりで、できなくなることや失うものばかりを心配して悲観的になっていましたが、実際にいろいろ経験してそうじゃないこともわかってきました。考え方ひとつで不可能はいくらでも可能になるので、そのことを1年前の私や、私と同じように悩んでいる方に伝えていきたいです。

──インターネットの使い方も変わったそうですね。

矢方 調べる目線というか、ものの見方が変わった気がします。ツイッターやブログのコメントで「ラストケモ」という言葉を使っている方がたくさんいた時に「ラスボス」みたいなものをイメージして検索したら何も出てこなくて。診察時に先生に聞いたら「最後の抗がん剤(ケモセラピー。化学療法のこと)を『ラストケモ』と略して使う方が多いらしい」と聞き、意味が分かって安心したことがありました。

 薬の名前は結構インパクトが強いので、「ドセタキセル」という抗がん剤に「ドセ様」というあだ名をつけて会話している方も多くいて、「#ラストケモ」「#ドセ様」で検索すると本当にたくさん出てきます。そういうのを見ると、こんなにたくさんの方が治療しているんだなと励みにもなりますし、私も誰かの励みや希望になれたらいいなと思って、同じハッシュタグをつけて投稿したりしています。

■“ドライ”な母の存在の大きさ

──矢方さんの乳がんを知ったことがきっかけで検診に行き、病気が見つかった人もいたと伺いました。

矢方 「人ごとじゃないと思って調べたら病気がわかった」という方がいるそうです。それを聞いた時は、「私がやってきたことは無駄ではなかった」とすごく勇気をもらいました。「病気が見つかるのが怖いから病院には行かない」という方もいらっしゃると思うんですけど、とくにがんに対しては、みんな関心が高い割に病院には行かないという人が多いので、少しでもそこを改善するきっかけになれたら、そんな風に思っています。

──乳がんをきっかけに、仕事やプライベートでは出会いが広がりましたか?

矢方 さまざまな年齢の友人がすごく増えました。乳がんになる前は、SKE48という場所でグループ活動をしていたこともあって、せいぜい10歳くらいの年齢差で、しかも女性だけという集団の中で生活していたのですが、乳がんになってからは50歳年上のおじいちゃん、おばあちゃんとおしゃべりする機会が増えたり、年齢が20〜30歳離れている同性の方と、同じ病気を経験した「同志」として、治療などの話はもちろん、恋愛や趣味についても深く話をしたりすることも増えましたね。

──ご家族との付き合い方に、何か変化はあったんでしょうか。

矢方 そうですね。家族、とくに母がいたから、乗り越えてこられたと思う部分はすごくあります。乳がんがわかった時も、手術の時も、副作用でつらかった時も、いつも母が支えになってくれました。子どもの頃からドライで、図工の時間に作った作品に平気で「へたくそ」と言うような母だったんですが、小学校低学年の時にわたしが釘で「おかあさんありがとう」と書いた枇杷の葉っぱを部屋の隅にずっと飾ってくれたり、私がSKE48のオーディションに受かって名古屋で活動することになった後、一緒についてきてくれたり。芯の部分でずっと大事にされているのは感じていました。

■「自分の価値って何なんだろう」って泣いた日も

──乳がんを公表したことで、時に悔しい思いをしたこともあったそうですね。

矢方 SKE48を卒業してからは、責任が全部自分一人にかかってくるので、「なぜ自分がこの仕事をさせてもらえるのか」「どういうことが求められているのか」ということをより深く考えるようにしていました。でも、乳がんを公表してからは「乳がんになってがんばっている元SKE48の矢方美紀さん」みたいな取り上げられ方をすることが増えて、「病気だから取りあげられているだけ」「アイドル時代より注目されている」みたいな書き込みを見つけて落ち込んだことや、自分の価値って何なんだろうって、毎日泣いていたことも、実はありました。

 そんな中、仕事で出会った方たちや友人から「美紀ちゃんにしか伝えられない経験もある。確かに『病気』はきっかけかもしれないけれど、そこからまた一緒に仕事をしたいと思って次の機会につながるのは、『病気だから』っていう理由じゃないと思うよ」と励ましてもらうなかで、だんだん自信を取り戻すことができたんだと思います。

──最近は、心機一転ひとり暮らしを始めたそうですが、治療中という状況で、ご家族から反対されませんでしたか?

矢方 最初は「何もできないくせにひとり暮らしなんて」とものすごく反対されました。「彼氏と同棲でもするならまだしも、相手もいないくせにお金がもったいない」とまで言われ、悔しいから絶対ちゃんと生活しようと決めて、今ほぼ毎日自炊しています。時々母が心配して様子を見に来てくれるのですが、意外に私がちゃんとしているので、安心しているみたいです。

──以前、イベントで「好きな人もいます。片思いです」と発言したことが話題を呼んだこともありましたね。

矢方 進展はなんっにもないです(笑)。それどころか、家に来た男の人って、宅配便の業者の方とロケに来たNHKの「 #乳がんダイアリー 」を担当しているディレクターさんだけで……。それって「家に来た」のレベルじゃないですよね。

──そうだったんですか(笑)。

矢方 ひとり暮らしを始める時に、マネージャーさんから「友達もたくさん来ると思うから」と、プレゼントしていただいたたこ焼き器も、まだ一度も使ったことがないんですよ。ホームパーティーができるように、グラスや食器も10人分くらい用意してありますし、いつどういうタイミングがあるかわからないので、料理ができるというアピールはしていこうと思っています(笑)。

■「私の価値は外見じゃなくて別のところにある」と思えた

──昨年は、治療を始めてから初の海外旅行にも行かれたそうですね。

矢方 去年の11月に、仕事と旅行を兼ねて、4泊5日で台湾に行ってきました。まだしばらくは、海外旅行は無理だろうと思っていたのですが、行ってみたら仕事も観光も楽しめたので、「がんになったからあれもこれもできない」というのは、やっぱり自分の気持ち次第なんだと思いました。ウィッグが金属探知機に反応して、搭乗ゲートで「外してください」と言われたらどうしようと不安に思ったりしたのですが、ウィッグってそもそも金属使っていないですよね。不安の先回りなんてするだけ損だなと思いました。

──ご友人の結婚式に参列される前も不安だったけど、行ってみたら大丈夫だったということも。

矢方 はい。去年の6月に結婚式に参加した時も、最初は「途中で気分が悪くなったらどうしよう」「ウィッグってばれたらどうしよう」と不安でいっぱいでした。でも行ってみたらすごく楽しくて幸せになれた一日だったので、12月の2回目の結婚式参列は、最初から楽しむ気持ちだけで行ってきました。

 テレビの健康番組などでも、NK(ナチュラルキラー)細胞が活性化すると免疫力が高まるというのをよくやっていますが、NK細胞って笑うと活性化されるそうなんです。がんになって、免疫力の大切さをすごく実感した身としては、できるだけ毎日を笑って過ごせるよう、もっと意識していきたいと思っています。

──憧れる人や、こんな風になりたいという理想像はありますか?

矢方 アニメ「ワンパンマン」の主人公「サイタマ」に憧れるんですよね。サイタマは、3年間の過酷な修行の末にすべての頭髪が抜けたハゲ頭の男性で。ほとんどの敵をワンパンチで倒してしまう強さなのに、ヒーローはあくまで「趣味」なんです。抗がん剤の副作用で髪の毛が全部抜けた時にそのアニメに出会って、かっこいいなと思って。アニメと現実は違いますけど、髪がないとか胸がないとか、そんなことで悩むのは違うよなと思って。私の価値は外見じゃなくて別のところにあると思えるようになったのは、ある意味、乳がんのおかげかもしれません。

 がんになって「死ぬかもしれない」と怯えて暮らすこともできますが、私はそうではなくて、生きることの素晴らしさや支えてくれる人たちがたくさんいることに気づいたし、当たり前だと思っていた日常がどんなに素晴らしく大切なものか、日々幸せを感じながら生きていきたいと思います。

やかた・みき/1992年生まれ。名古屋・栄に誕生したアイドルグループ・SKE48のメンバーとしてデビュー。「チームS」のリーダーを務めた後、2017年2月に卒業。現在はZIP-FM 『SCK』のアシスタントのほか、テレビ番組やイベントでレポーターやナレーターとして活躍するほか、自身の経験をもとにした講演や番組出演など、幅広く活動している。

写真=末永裕樹/文藝春秋

(相澤 洋美)

関連記事(外部サイト)