女性宮家の創設案には“結論ありき”が有力説 小室圭氏の騒動はタイミング悪いとの声

記事まとめ

  • 菅長官は3月に、新天皇即位後、皇位の安定継承策について検討する意向を示した
  • 女性宮家の創設案について安倍政権内には警戒論、首相支持基盤には反対論が根強いとも
  • 女性宮家の検討は“結論ありき”のものとなる、という見方が有力だと報じられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております