グーグルが本気でマインドフルネスに取り組む理由

グーグルが本気でマインドフルネスに取り組む理由

©iStock.com

なぜ、世界的IT企業グーグルが、マインドフルネスブームの震源になったのか? 研修プログラムの創始者に訊いた。

インタビュアー=木蔵(ぼくら)シャフェ君子

◆ ◆ ◆

「マインドフルネス」は、日本でも仕事に効く瞑想(めいそう)法としてブームになっている。その震源は世界的IT企業グーグルにある。2007年、グーグルはリーダーシップや集中力を高めるためのマインドフルネスプログラム「サーチ・インサイド・ユアセルフ(以下、SIY)」の開発に着手した。SIYは2009年より実施され、基本的なプログラムは2日間の集中研修プラス4〜7週間の実践フォローアップからなる。今やグーグル内で1万人が受ける人気講座に成長し、グーグル以外でもマイクロソフト、SAP、エトナなど大手企業に採用され、世界中で3万人以上が受講している。ビジネスパーソン向けのマインドフルネスプログラムのなかでは世界最大規模を誇る。日本でも2014年より一般向けにプログラムが実施されている。

 このSIYを作り上げたのは、グーグル107番目の社員で、IQ156の天才エンジニアだったチャディー・メン・タン氏。メン・タン氏は1970年、シンガポールに生まれ、子供時代から、プログラミングのコンテストで、賞を総ナメしてきた。しかし、コンプレックスや生きづらさに苦しみ、21歳のときに仏教と瞑想に出合ったという。2015年にグーグルを退社し、SIYの普及に取り組んでいるメン・タン氏になぜSIYを作ったのかを訊いた。

■究極の目的は世界平和

――どのようなきっかけでグーグルでマインドフルネスをSIYに高めていかれたのでしょうか?

メン・タン もともとの目的はとてもシンプルなんです。私がやりたかったのは、世界平和のための条件を整えることでした。そして、3つのスキル「内なる平和・内なるJOY(喜び)・コンパッション(深い思いやり)」を世界に広められれば、世界平和に通じる道が開けると考えたのです。そして、私が知りうる限りで最も有効な普及法は、「平和・JOY・コンパッション」を「成功と利益」と結びつけることでした。

――立派なお題目を掲げるだけでは、共感を集められない。そこで、ビジネスにおける成功や利益と結びつけることにしたんですね。

メン・タン そうです。私は最初から「世界平和」と「成功と利益」の両方をマインドフルネスの行く先として掲げました。マインドフルネスを実践して成功したら、世界平和だって悪くないと思うでしょ(笑)。

 まず、「成功と利益」と深い関係があることがわかっていたEQ(情動知能)に注目しました。そして、EQとマインドフルネスを結びつけることにしたんです。でも、最初は結びつけ方がわからなかった。そこで、EQの専門家ダニエル・ゴールドマンなど多くの学者と相談して、両者を結びつける方法を模索し、SIYを開発していったのです。

――SIYを誰もが参加でき、実践できる方法に高めるにあたって、どのような配慮をされましたか?

メン・タン 4つのことに留意しました。第一に一般の人がわかるような、的確な言葉遣いを目指しました。たとえば、「感情に深く入って……」というような、ふわふわした修飾を含む言い方は決してしないようにしました。なぜなら、エンジニアたちは「浅い、深いってどういうこと? わからない。どうやって計測するの?」という反応をするはずだからです。その代わりに「解像度の高い認知力を創り、それを使って自分の感情のプロセスを観察して……」というような的確な表現に言い換えていきました。

 2つ目は科学です。すべての議論が科学的に説明できるよう心がけました。猜疑(さいぎ)心を持っている人に、「これをやったら、脳の前頭前野が訓練されて、こうなることが予測される」と伝えれば、「なるほど」と理解してもらえます。

 3つ目は多様性です。現実社会に即した多様な場で実践できることが必要です。たとえば、SIYでも伝えている共感の実践法は会議の場でも効果的に行えます。それをやることで短期的にはその会議がうまく行くし、長期的には周りの人から、あなたに成功してほしいと望まれ、サポートを得られるようになって、リーダーとしての成功につながります。

 4つ目は、現代の忙しいビジネスパーソンに最適な実践法を開発することです。昔はマインドフルネスはフルタイムで何年も修行して身につけるものでしたが、現代のわれわれにとっては、そのやり方は現実的でありません。そこで瞑想を集中的に行い、短時間で終えられる方法を編み出すことにしました。1呼吸、2呼吸、1分間、と短時間でも1時間の瞑想に匹敵させることは可能ではないか、と考えたのです。

■グーグルはストレスだらけ

――メン・タンさんが開発したSIYとマインドフルネスの核をなす「瞑想」は、仏教で長い時間をかけて洗練されてきた方法だと言われています。マインドフルネスと仏教の関係を教えてください。

メン・タン その質問に答えるためには、「仏教とは何か」というもう一つの重要な質問に答えなければなりません。宗教なのか、哲学なのか。実はそのいずれでもありません。「あなたの教えは何ですか」と訊(き)かれ、ブッダは「私の教えは苦しみについて、そして苦しみからの解放についてのものです」と答えました。ブッダの教えは、それがすべてです。その観点からみると、仏教で苦しみをなくすための主たる実践がマインドフルネスだといえます。マインドフルネスはブッダの実践されたことのあらゆることに入っています。原始仏教の書物で、マインドフルネスは塩に譬(たと)えられています。塩はあらゆる料理に入っているからです。

――それでは、宗教としての仏教というよりも、宗教になる以前の仏教が目指していた目的に到達しようとしているのですか?

メン・タン まったくその通りです。私の目標はこの世にあるすべての苦しみを終わりにすることです。ちっちゃな夢でしょ?

――グーグル、フェイスブックといった最先端企業で、マインドフルネスが求められた理由を教えてください。どのような悩みや問題意識を持った人々がマインドフルネスを求めているのでしょうか?

メン・タン ストレスだらけですから。外の人からは信じがたいとは思いますが。グーグルでも苦しみだらけですよ。グーグルやフェイスブックでは、世界中から選ばれた優秀な人材がしのぎを削っています。子供のときから一番頭が良かったから、ハーバード大学に行き、ハーバードでもそこそこ成績が良かった人が、グーグルに入ったとたん、周りに比べて自分は大したことない、と思わされます。たしかハーバードは50人中1人しか合格できない難関ですが、グーグルは1000人の応募者に対し、1人しか入れないといわれています。その集団に入って、自分の能力に自信をなくすのです。「詐欺師症候群」に苛(さいな)まれる人も大勢います。周りがすごすぎて、自分がここにいるのは何かの間違いなのに、ここにいる資格があるように嘘をついていて、周りにそれがバレてしまうのでは、という不安感に襲われるのです。

――メン・タンさんもそのように感じたのですか?

メン・タン もちろん。いつもそのように感じていました。このような苦しみを感じている人が、マインドフルネスを求める第1のグループです。仕事のことだけでなく、家族を失った、生きがいが見出せない、といった苦しみを抱えた人々も、このグループに含まれます。

 第2のグループは、さらに成功したいと思っている人たちです。このグループの人たちは、私の本を読んだり、友だちから勧められたりして、集中力を高めたい、よりクリエイティブになりたい、人間関係を良くしたいと思い、SIYを受講しにやってきます。

――日本の読者にも、「ああ彼らも同じ人間なんだ」という例を聞かせてください。

メン・タン 日本と同じ状況と思われるのは、長時間労働と無理難題を解決しなくてはならないことです。グーグルでもフェイスブックでも、今まで誰もやったことがないことを仕事として課されます。会社の機密に触れない例でいうと、例えばフェイスブックなどは扱っている情報量や利用者の数がものすごい速さで増加しているので、エンジニアとしてこれに対処しなくてはなりません。「これから3カ月のうちに、これまでの倍の情報に対応できるようなシステムにする」という課題を与えられたら、どうしますか? それでなくとも膨大なシステムを短期間で倍のキャパにしなくてはならない。必死でそれを達成したら、また「よくやった! じゃあ、また次の3カ月で倍にしてくれ」。これが繰り返されるわけです。

――息つく暇もないですね。しかも、大半のチームは少人数ですね。

メン・タン そう、言い換えると、すべての状況が崩壊寸前、というのが当たり前で仕事をすすめなくてはならないんです。ちょっとでも気を抜くとすべてが機能しなくなる、ゆとりのない状態が恒常的に続くわけです。キャパいっぱい、ということに加えて、ものすごく難しい問題に答えを見つけていかなくてはならない。その最たる例が自動運転車です。これはものすごく難しい問題のかたまりです。そういう仕事ばかりなので、うまく行くということは、ほぼ奇跡に近く、しかも奇跡を繰り返すことを期待されます。

■どんな変化が起きるのか?

――マインドフルネスを取り入れた人々には、どのような変化が起きるのでしょうか?

メン・タン 仕事上でよく聞くのは、SIYのおかげで昇格したという報告です。より高度な難しい仕事に取り組めるようになった、SIYで学んだスキルを使って、心をクリアにして難解なエンジニアリングの問題が解決できた、という報告も受けます。ある男性はSIYを受けて、自分が働きすぎだとつくづく感じて、週5日から週4日のパートタイムに変更しました。でも、何と彼は働く時間を減らした後で昇格されました。つまり、より短い労働時間で、より効果的に働けるようになった、ということです。上司から昇格を告げられたとき、長時間労働に戻るのはいやなので、断ったのですが、パートタイムのままでいい、という条件で承諾したそうです(笑)。

 家庭生活が変わったという報告も多いですね。奥さんから、夫が別人のように優しくなった、という報告を何度か聞きました。

 また、ある女性はいつも体調が不安定だったのですが、SIYを受けて、その理由が自分の感情を抑圧しているからだと気づき、自分の感情と健全に向き合う方法を学んで、体調が良くなったそうです。

――世界最先端の企業が集中するシリコンバレーがある西海岸から、2500年もの長い歴史を持つ仏教の叡智(えいち)をベースとした「マインドフルネス」が花開き、発信されていることは、非常に興味深いと思いました。なぜそのようなことが起きたのでしょうか?

メン・タン 背景として2つと半分の要素があります。まず、シリコンバレーの成功は一言でいうと「歴史上、誰もやらなかったことを実現する。しかも次から次に」という精神からもたらされました。これは1970年代のメモリーチップ、マイクロプロセッサーの発明から続いています。ここで起こったことは、その前には誰もやらなかったことです。そのため、シリコンバレーの人々は特別なマインドセットを持っています。それは新しいことにトライする、オープンな心です。それが第一の要素です。その心ゆえに、シリコンバレーの人々は、怪しげなもの、ヘンなことに慣れていて、それらを毛嫌いしません。マインドフルネスのような瞑想にしても、初めは怪しげなものだったわけですが、オープンな心の恩恵を受けられました。

 でも、それより以前に第2の要素として、シリコンバレーの結果主義があります。マインドフルネスにしても、効果があれば、こだわらずに実践する。つまり、まずは結果主義があって、そこにオープンな態度が相俟(あいま)って、マインドフルネスは広まっていったのです。

 もう1つの半分の要素は、先ほども述べましたが、ここの人々がストレスいっぱいであることです。かつて達成されなかったことを達成するには、必ず失敗があります。シリコンバレーだけでなく、全米のベンチャーキャピタルの出資による会社で成功するのはわずか9%といわれています。その結果、多くの挫折、ストレス、苦しみがシリコンバレーにはあります。

 1つの例が、私の2冊目の著書『ジョイオンデマンド』(NHK出版)でも紹介した、起業家のユナ・キムです。彼女はクリスチャンで、仏教的なものは避けていたのですが、彼女のセラピストから勧められて、いやいやマインドフルネス瞑想を行ったところ、効果を実感しました。彼女は宗教を超えてオープンマインドに、ストレスを乗り越えるためにマインドフルネスを取り入れたという、典型的なケースですね。

――メン・タンさんは日本に何度か来られています。日本文化とマインドフルネスについて、一言いただけますか?

メン・タン 日本の伝統的遺産を取り戻してください、とお伝えしたい。こういう物語があります。あなたの土地に流れている川があるとします。ピュアな良い水が流れているのですが、特になんとも思わず流れるままにしています。ある日、下流で人々がこの水は素晴らしいと言って飲んでいるのを見ます。それで、自分はもっと上流に住んでいて、もっときれいなピュアな水がすぐそこにあることに気づく。そこでどうするか? 目の前にあるピュアな水を取り戻すのです。これが日本の人々に言いたいことです。アジア全般にも言えますが、日本は特に禅がずっと前から花開いていました。そして、世界的に見ても素晴らしい禅のマスターがいまだに多くいるのも日本です。よりピュアなダルマ(仏教の教義)が日本にはあるのに、それに気づかず使われていない。日本の皆さんには、SIYやマインドフルネスが注目されたことをきっかけにピュアな禅やマインドフルネスの本質を再びどんどん汲み上げて、実践し役立ててもらいたい、と思っています。

チャディー・メン・タン Chade-Meng Tan 1970年シンガポール生まれ。グーグルでSIYを開発。2015年にグーグルを退社し、現在はSIYLI会長として、SIYの普及に努める。著書に『サーチ・インサイド・ユアセルフ』(英治出版)、『ジョイオンデマンド』(NHK出版)がある。

木蔵(ぼくら)シャフェ君子 一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート理事。日本人女性初のSIY認定講師としてSIYを指導。監訳書に『ジョイオンデマンド』(NHK出版)、著書に『シリコンバレー式頭と心を整えるレッスン』(講談社)がある。

(木蔵 シャフェ 君子)

関連記事(外部サイト)