豊島将之名人が史上9人目の快挙! 将棋界「三冠王」の歴史を言葉でふりかえる

豊島将之名人が史上9人目の快挙! 将棋界「三冠王」の歴史を言葉でふりかえる

2018年度の「最優秀棋士賞」も受賞した豊島将之名人 ©相崎修司

 2019年5月17日、第77期名人戦で豊島将之二冠(王位・棋聖)が佐藤天彦名人を破り、自身初の名人を獲得するとともに、将棋界史上9人目の三冠王となった。昨年の7月に豊島が自身初のタイトルである棋聖を獲得した時は、八大タイトルの保持者がすべて分かれて「本格的な戦国時代へ突入か」とも言われたが、それから1年も経たずして、戦国時代から豊島が一歩抜け出した形になった。

■打倒木村候補の筆頭格であった升田

 過去の同時三冠達成者8名を達成順に挙げていくと、升田幸三実力制第四代名人、大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖、谷川浩司九段、羽生善治九段、森内俊之九段、渡辺明二冠となる。今更説明する必要もない名棋士ばかりだが、それぞれの三冠達成の周辺状況をみていきたい。

 まずは升田について。戦前に長らく「無敵名人」と称されていたのは木村義雄十四世名人だが、升田は打倒木村の筆頭格であった。また、東京出身・在住の木村と関西所属(広島出身)の升田という対比もあり、「名人の箱根越え」の期待もかかっていた。当時のタイトルが名人一冠しかなかったこともあり、木村を倒しての名人奪取は升田の悲願でもあった。

 そのチャンスがまず訪れたかと思われたのは1947年度の第2期順位戦である。だが、この時は名人挑戦者決定戦で弟弟子の大山に敗れた。「錯覚いけない、よく見るよろし」という言葉が有名な高野山のトン死である。その後も幾度となく名人奪取に挑んだが、ことごとく木村・大山の両者に名をなさしめてしまった。

■「名人に香を引いて勝つ」を実現した

 升田の転機となったのは1955年度の第5期王将戦である。名人と合わせて二冠を持つ大山に挑戦して、3連勝。王将奪取(当時の王将戦は3勝差がつくと番勝負決着とされた)とともに、大山を香落ちに指し込み、これも勝利。少年時代の悲願である「名人に香を引いて勝つ」を実現した瞬間だった。

 その翌年には王将を防衛し、九段(のちの竜王位)を奪取。さらに1957年7月11日、ついに悲願の名人戴冠を果たす。同時に将棋界史上初の三冠王となりタイトルを独占した。そのときに残した言葉が「たどり来て、未だ山麓」である。

 升田三冠の引き立て役となった感がある大山だが、その升田からことごとくタイトルを奪い返したのはさすがである。1958年にはすぐさま王将を奪回し、続けて名人にも挑戦。この時は返り討ちにあったが、年末には九段も奪取し、二冠復帰。

 そして1959年6月12日、升田から名人も奪い返し、史上2人目の三冠王となった。この時の心境について、

「名人位を取り戻し、三冠王にもなった喜びは、言葉にも、文字にも表せないものであった」

「『長く続けてこそ、真の価値がある』と言い放った木村名人の言葉を思い浮かべていた」

 とそれぞれ自著に書いている。

■「これからはノンキに指したいですね」

 最後の砦である名人も失った升田は胃潰瘍の治療のため休場することになり、以降タイトルの地位に返り咲くことは二度となかった。名人戦が終わった直後に行われたインタビューには、

〈――トリプルクラウン(三タイトル)をもう一度狙いますか。

「もう、とらなくたっていいんじゃないですか、そう思いますね。この一年休んで体の回復に努め、よくなれば指します。まあ、これからはノンキに指したいですね」ここでちょっと笑う〉

 とあった。(『将棋世界』昭和34年8月号より)

 ここで、三冠王という言葉がいつ頃から使われたのかを考えてみたい。まず、升田の名人奪取を報じる、将棋世界の昭和32年9月号には、三大タイトル独占という言葉はあっても、三冠王という言葉はない。ただしトリプルクラウンという言葉はあった。

 そして上記のインタビューもそうだが、将棋世界の昭和34年8月号にある写真キャプションには「棋界のトリプルクラウン(三冠王)」と書かれている。

 将棋界では升田の三冠独占以降、三冠王という言葉が使われ始めたと考えることができそうだ。

■「三冠王」の言葉が生まれたのは1950年代後半

 ほかの業界で三冠王という呼称が比較的よく使われるのは、プロ野球の打撃三冠王だろう。野球の三冠王は、戦前の1938年に中島治康選手が初めて達成したが、当時は三冠王という概念はなかったという。

 1953年から58年にかけて、中西太選手が、あと一歩で三冠王を逃すことが4回あった。このころ、トリプルクラウンという用例が多くみられる。そして1958年のシーズンオフには、主要各紙で「三冠王」という言葉が使われ始めたという。将棋界の三冠王とほぼ同時期といえる。

 大山が三冠王になって以降、王位戦、棋聖戦と相次いで新タイトルが誕生したが、そのすべてを大山は奪取した。三冠王になった1959年6月12日から1972年6月8日までの実に13年間、大山が自身の持つタイトルを2つに減らすことはなかったのだ。

■「棋界の太陽」こと中原は史上2人目の五冠王に

 その大山の牙城を破って史上3人目の三冠王となったのが「棋界の太陽」こと中原である。第31期名人戦七番勝負で大山を破り、既に持っていた十段、棋聖と合わせて三冠達成となった。

 中原は名人奪取が報じられた『将棋世界』昭和47年8月号に、第6局の自戦記を寄稿している。その末尾は、

「苦しい将棋だっただけに、精神的にも大きい勝利であった。続く第七局でも勝てて、名人位を獲得できたのは僥倖であり、天運に恵まれた為と思っている」

 と締められている。

 名人を失った大山は王位と王将も立て続けに失い、16年ぶりの無冠に。その後、三冠王へ復帰することはなかったが、1974年には十段と棋聖の同時二冠を達成。最後のタイトルとなった王将を獲得したのが56歳(1980年)で、それを59歳まで防衛した。そして最後のタイトル挑戦は66歳(1990年)の棋王戦。まさに「不世出の大名人」と呼ぶのにふさわしい戦績であった。

 大山の後を継ぐ形で一時代を築いた中原は、名人奪取後も次々とタイトルを重ね、大山に続く史上2人目の五冠王となる。1981年3月12日に米長に敗れ棋王を失冠し、連続三冠は途切れたが、1985年6月4日に谷川を破って名人奪取。王座、王将を合わせての三冠王に復帰した。「三冠王復帰」を果たしたのは中原が史上初である。

■「世界一将棋が強い男」と称された米長だが……

 中原の終生のライバルともいうべき米長が三冠王となったのは1984年1月23日(棋王、王将、棋聖)。さらに1985年1月7日には中原から十段を奪取して史上3人目の四冠王となった。この時は「世界一将棋が強い男」と称された。

 だが、名人にだけは縁がなかった。名人戦の舞台ではことごとく中原に打ち負かされ、「なぜ将棋の神様は俺を名人にしないのか」と嘆息したという。

 それでも1993年、ついに宿敵中原を下し、7度目の挑戦で悲願の名人位に就いた。50歳名人は現在に至るまでの最高齢記録であり、また中原との187対局(米長80勝、中原106勝、持将棋1)は公式戦同一カードの最多記録である。

■「もうひとつ加えて過半数にしたいですね」

 大山と升田、中原と米長はそれぞれそのライバル関係で一時代を築いたといえるが、昭和から平成に時代が移り変わろうとするとき、新時代の覇者となったのが谷川である。1988年6月14日 、中原を破って名人を奪取し、王位と棋王を合わせての三冠となった。

 当時のインタビューを抜粋すると、

〈――史上五人目の三冠について

「もうひとつ加えて過半数にしたいですね」

――ずい分と欲張りですね(笑)。

「こればかりはいいでしょう。それと、20代同士のタイトル戦は全て挑戦者が奪っているので、私の場合はこれを阻止したいですね」〉(『将棋世界』昭和63年8月号より)

 とある。

 この時中原が敗れて無冠となったことで、当時のタイトルは谷川三冠に加えて南芳一二冠(王将、棋聖)、高橋道雄十段、塚田泰明王座と、当時20代の棋士で占められ、世代交代が完了したという意見も見受けられた。

 谷川が自身の言葉通り、四冠を達成したのは1992年の2月28日(竜王、王位、王将、棋聖)だが、世代交代については想像を上回るスピードで下の世代が迫っていた。いうまでもなく羽生世代の面々である。

■世紀の一戦として注目を集めた谷川−羽生対決

 谷川は四冠となった半年後、王位戦で郷田真隆に屈して三冠に後退していた。そして続く防衛戦となったのが竜王戦だが、そこに登場したのが王座と棋王の二冠を持つ羽生である。三冠対二冠の対決となったこの第5期竜王戦七番勝負は、まさに世紀の一戦として大きな注目を集めた。

 その第1局で谷川は終盤で、まさに光速流の代名詞ともいうべき寄せを披露し圧倒、後輩へ貫禄を見せつけた。だが、2勝1敗で迎えた第4局、勝ち急ぎから谷川は好局を落としてしまう。名文家で知られた河口俊彦八段はこの一戦について、「谷川のこんなまずい将棋は、四段になって以来見たことがない」と書いている。結果的にはこの一戦が大きく、七番勝負は4勝3敗で羽生が制した。

 最終第7局が決着したのは1993年1月6日だが、この結果を報じる『将棋マガジン』の平成5年3月号には、

〈この日の大盤解説会は、ちょうど皇太子妃内定のニュースが流れた午後9時頃、幕を閉じた〉

 と書かれている。

■「三冠王になったのにすぐに取られては意味がない」

 そして三冠王となった羽生は、『将棋世界』の平成5年3月号にあるインタビューで、

「棋王戦(筆者注・竜王奪取の1月後に始まった)が非常に重要な勝負だと思っています。せっかく三冠王になったのにすぐに取られては意味がないと思うので、全力で頑張ります」

 と語っている。

 羽生にとって初の三冠防衛戦となる棋王戦に挑戦してきたのは谷川だった。五番勝負の結果は3勝2敗で羽生の防衛。谷川は自戦記(『将棋世界』平成5年6月号)にて以下のように振り返っている。

〈大きな勝負だった。

 ここで棋王を取り返せば、竜王を取られた借りの、半分を返すことができたのだが――。

 今期、羽生竜王との対戦成績は6勝8敗だったのだが、負け越しての差がそのまま、二つのタイトル戦の結果につながってしまった〉

 谷川に代わって棋界の頂点に立った羽生は、それ以降、前人未到の七冠ロードをひた走る。それが結実したのが1996年2月14日だ。さすがに七冠を維持した期間は半年足らずだったが、それでもタイトルの過半数をずっと保持し続けていた。

■羽生に先んじて十八世名人の称号を得る

 その羽生から次々とタイトルを奪ったのが森内である。2003年11月27日に羽生から竜王を奪う(対羽生のタイトル戦初勝利)と、翌年の3月16日には王将を奪取し(羽生が11年ぶりに三冠から二冠へ転落)、さらには2004年6月11日に名人も羽生から奪って、三冠王に輝いた。

 だが羽生も負けてはいない。森内が四冠を目指して挑戦してきた王座戦で跳ね返すと、2005年の2月に王将を奪回し、またその同月には棋王戦で谷川を破って、あっという間に四冠(王位、王座、棋王、王将))に復帰した。

 そして森内は竜王を渡辺に奪われ、最後の一冠となった名人も羽生の挑戦を受ける。だが、ここでは底力で羽生の挑戦を跳ね返し、以降は名人を連覇。羽生に先んじて十八世名人の称号を得ることになった。

■将棋界史上初の三冠王対決となった

 2004年に初タイトルの竜王を獲得した渡辺は、その後も竜王戦で連覇を続けたものの、他棋戦ではそれほどの実績を残せていなかった。だが、2012年の竜王戦で9連覇を達成すると、翌年には王将と棋王を相次いで奪取。2013年3月24日に、史上8人目の三冠王に輝く。

 そして2013年に行われた第84期棋聖戦は羽生棋聖(王位・王座)に渡辺が挑戦するという、将棋界史上初の三冠王対決となった。ここでは羽生が防衛するが、翌年の王将戦では羽生の挑戦を渡辺が退けた。

 羽生の三冠(以上)時代は前述の1993年1月6日〜2004年3月16日のあとは、2005年2月10日〜2007年9月26日、2008年6月17日〜2011年6月22日、2011年9月13日〜9月27日、2012年10月4日〜2017年8月30日となる。

 羽生の天下が長く続いた何よりの指標ともいえるが、2017年には王位を失冠のあと、王座も失った(棋聖のみの一冠となる)。直後の竜王戦で渡辺を下して永世七冠を達成するも、この時点での複数冠保持者は二冠の羽生がただ一人ということもあり、棋界戦国時代の到来を予兆させるものであった。

■まさに現代の頂上決戦ともいえるシリーズ

 そして2018年。豊島が棋聖、王位を相次いで奪取し二冠達成。羽生は棋聖に続いて竜王も失い27年ぶりの無冠となった。年が明けた2019年は渡辺が王将奪取と棋王防衛で豊島に続き二冠となる。

 そして冒頭で触れたとおり、豊島は名人も奪取して三冠となった。間もなく始まる第90期棋聖戦五番勝負には自身初のタイトル防衛がかかるが、その相手が二冠の渡辺である。まさに現代の頂上決戦ともいえるシリーズだ。

 充実の両者が三冠を懸けてどのような戦いを見せるか、実に楽しみである。

(相崎 修司)

関連記事(外部サイト)