「陰部」を襲う鈍い痛み ストレス性「慢性前立腺炎」なら"うつ病"一歩手前かも

「陰部」を襲う鈍い痛み ストレス性「慢性前立腺炎」なら"うつ病"一歩手前かも

©iStock.com

 精神的なストレスというものは、人間の体のどこにでも自由にダメージを及ぼすことができるらしい。頭痛や肩こり、胃痛や下痢などはよく知られているが、他にも意外なところで症状を引き起こすことがある。

 今回のテーマは「陰部痛」。

 前立腺という、男性にだけある臓器に起きる慢性的な炎症によるものと考えられているこの症状、その背景にストレスが見え隠れすることが多いのです。

■長時間座っていると感じる、重く鈍い陰部の痛み

 Kさん(48)は半年ほど前、ある症状に悩んでいた。

 陰部の奥のほうから湧き出てくる弱い痛み――。

 場所が場所だけに、中々人には相談しにくい問題だ。はっきりとした強い痛みではないけれど、でも正常ではない、不快な症状があることは確かだ。特に長時間座っていると、股間の奥のほうに重く鈍い痛みを感じる。

 同様の痛みは「排尿時」にも感じることがある。排尿中や終わった後も、しばらくは鈍痛が持続する。我慢しようと思えば我慢できなくもない違和感だが、不快であり不愉快だ。

 症状が出る数カ月前から、Kさんはストレスを抱えていた。会社では人間関係に悩み、家に帰れば妻との不仲。たった一人の娘は妻側に付き、家での会話はほぼなかった。どこにも心休まる場所がない彼は、心身ともに疲れ果てていた。食欲もなく体重は激減し、アルコールの量だけが増えていた。

 そんな時に襲ってきたこの不快な症状に、彼はイライラを募らせた。

 数週間悩んだ末に、思い切って泌尿器科の門を叩いた。問診と血液検査、そして尿検査を受けたが、特に異常は見当たらない。MRI(磁気共鳴画像法)による画像診断を受けたところ、「やや肥大気味」という結果が得られた。しかしそれは年相応の肥大であって、鈍痛とは直接関係は無さそうだ。前立腺がんの腫瘍マーカーである「PSA」というタンパクの値も正常だった。

 泌尿器科医は言った。

「しばらく薬を試してみましょう。とりあえずの診断名は『慢性前立腺炎』です」

■薬を飲み続けて4か月で治まった症状だが……

 前立腺とは膀胱に接して尿道を取り囲むように存在する男性特有の生殖器官。精巣で作られた精子を保護する前立腺液を分泌し、これによって精液が完成する。「栗の実」に似た形で、「クルミ大」が一般的なサイズだが、40歳を過ぎる頃から徐々に大きくなっていくことが多い(前立腺肥大症)。Kさんの前立腺が「年相応の肥大」とされたのもそのためだ。

 彼が処方された薬は「セルニルトン」という生薬系の薬。これを1回2錠、1日3回飲むように言われた。また、「ロキソニン」(非ステロイド系抗炎症鎮痛薬)も処方されたが、こちらは「痛みが強い時だけ飲むように」と指示されていた。

 Kさんは医師の言いつけを守り、月に1度の受診も続けていた。

 薬を飲み始めてからも症状は「出たり出なかったり」を繰り返していたが、次第に「出ない」ことのほうが多くなってきた。服用から4カ月が経過するころには、「ほぼ出ない」という状況にまで改善していた。その間ロキソニンを飲むことは一度もなかった。

 初診から半年が過ぎた泌尿器科受診日――。

「具合はいかがですか」

「おかげさまで、ほとんど痛みを感じることはなくなりました」

「よかったですね。ということは、当初申し上げた通り『慢性前立腺炎』である可能性が高いということになります」

■"とりあえずの診断"から確定する『慢性前立腺炎』とは

 症状が消えたことで診断が確定する――。そんなことってあるのだろうか。

「あります」

 と即答するのは、東海大学医学部付属病院泌尿器科准教授の小路直医師。詳しく解説してもらおう。

「Kさんの陰部痛は主治医の診立て通り、慢性前立腺炎による症状だったものと思われます。ただ、この病気は検査結果だけで特定することが非常に難しい場合があるのです」

 小路医師によると、慢性前立腺炎にはクラミジアなどの細菌に感染して起きるものと非感染性のものとがあり、検査で感染症ではないことが分かった時は、まず内服薬を使ってみて、効果が出るようなら慢性前立腺炎である――という「後ろ向きの診断」をすることがあるというのだ。

 しかもセルニルトンは決して強い作用の薬ではないので、効果が表れるのに数カ月かかることも多い。「気が付いたら治っていた」というのが典型的なケースなのだ。

■心療内科への受診も……ストレスと慢性前立腺炎の関係性

 長時間座り続ける仕事や、長く自転車に乗るなどして前立腺に刺激が加わる機会の多い人はハイリスクとされるが、小路医師が指摘するのが「ストレスとの関連」だ。

「感染症ではない慢性前立腺炎の多くが精神的なストレスによって起きている――というのは、泌尿器科医の間では昔から言われていることです。ストレスがどのような機序で前立腺に炎症を起こすのかは分かっていません。自律神経の乱れなどが関係していることは考えられますが、はっきりしたことは解明されていないのです。ただ、患者に詳しく話を聞いていくと、強いストレスを持っていることが多いのも事実。ストレスが無くなると症状も軽快していく人もいます」

 逆に言えば、ストレスが解消されないと症状も長期にわたって持続することがある。年単位で薬を飲み続けている患者も少なくない。

「ストレスを上手に回避できるか否かが、この病気の治療を大きく左右することは確かです」(小路医師)

 ちなみに泌尿器科領域には、同様にストレスに起因する症状として「ED(勃起不全)」もあるが、これは慢性前立腺炎とはまったく別物。ただし、強いストレスを背負い込むことで、陰部痛とEDの両方の症状を併せ持つことは普通にあるという。

「ストレス性の慢性前立腺炎の人には、すでに“うつ症状”を持っている人もいます。そんな場合にはトフラニールという弱い抗うつ剤を処方することもあるし、場合によっては心療内科の受診を勧めることもある。それほど精神的な側面が強く関与する病気ということができるのです」(小路医師)

■外来には「30〜40人に1人」陰部への痛みを抱える患者が

 この記事を読んだことで、「精神的なものなのか」と安心しないでいただきたい。同じような症状でも、調べてみると感染による前立腺炎であることもあるのだ。

 小路医師によると、泌尿器科の外来には「30〜40人に1人」のペースでストレス性の慢性前立腺炎による陰部痛患者が訪れるという。泌尿器科医にとっては非常にメジャーな病気なのだ。

 陰部に痛みや違和感があり、しかも精神的な抑圧を感じている――。思い当たる男性は、恥ずかしがらずに泌尿器科医に相談することをお勧めします。

(長田 昭二)

関連記事(外部サイト)