「ウイスキー界のロックスター」と評される男・肥土伊知郎が「フィールド」を大切にする理由

「ウイスキー界のロックスター」と評される男・肥土伊知郎が「フィールド」を大切にする理由

©榎本善晃

今年、日本の小さな蒸溜所が作ったウイスキーが、世界的なウイスキーのコンペティション「ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)2017」のシングルカスクシングルモルト部門で最高賞を受賞した。同部門で世界最高の評価を得たウイスキーを生み出したのが、ベンチャーウイスキーの創業者、肥土伊知郎。
海外で「ウイスキー界のロックスター」と評される男は、いかにして頂点を極めたのか。

■スウェーデンからの来訪者

 いまから5、6年前のある夏の日。秩父の山間にあるベンチャーウイスキーの蒸溜所に突然、外国人の男が訪ねてきた。スタッフが応対すると、どうしても手に入れたいウイスキーがあって、わざわざスウェーデンから秩父にまでやってきたという。

 男が探していたのは、瓶のラベルにトランプの図柄が描かれた「カードシリーズ54本セット」のうちの2本。ベンチャーウイスキーが2006年から毎年数本ずつ、6000円台から3万円台で世に送り出してきたこのシリーズは国境を越えて人気を博しており、2015年に開催されたオークションでは、コンプリートセットが約5400万円で落札された。

 生産数が少ないベンチャーウイスキーの商品にはコレクターが多く、ときには1本200万円以上で売買されることもあるが、いまならさらに高値が付くかもしれない。

 ベンチャーウイスキーの限定品「イチローズモルト 秩父ウイスキー祭2017」が今年、世界的なウイスキーのコンペティション「ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)2017」のシングルカスクシングルモルト部門で最高賞を獲得したのだ(シングルカスクとは「ひとつの樽から造られたモルトウイスキーを瓶詰めしたもの」を意味する)。

 2004年の創業から14年目、2007年に自社の蒸溜所を作ってから10年目での最高賞の受賞は、前代未聞の快挙。ベンチャーウイスキー創業者の肥土伊知郎(あくといちろう)氏はいまや海外メディアに「日本のウイスキー界のロックスター」と称賛されている。

 たった一人で立ち上げたウイスキーメーカーが、なぜ最速で頂点まで駆け上がることができたのか。肥土の歩みを追った。

■ビールのシェアを伸ばしたサントリーの営業時代

 最初のヒントは、肥土が「フィールド」と言い表す言葉に隠されている。

 1625年創業の造り酒屋をルーツに持つ肥土は、その血を受け継ぐように東京農業大学で醸造を学び、サントリーに入社した。同社では酒造りの部署への配属を希望したが、洋酒の企画営業に配属された。この部署での経験が肥土のベースになっている。

「自分はお客さんとのコミュニケーションが上手くて評価される営業じゃない」と自覚する肥土は、担当していたサントリーのビールが売れるような仕掛けを作り、取引先に提案することが必要だと考えていた。

 なにか良い案はないかと取引先をひたすら巡っていた肥土はある日、スーパーのなかで商品を冷蔵するオープンショーケースを目にして閃いた。当時は冷えていない状態の6本パックのビールを並べて売るのが主流だったが、このショーケースを自社で作り、協賛金を出してサントリー専用の保冷機として店に置かせてもらえば、一気に大きなスペースを確保できるのでは? お客さんも温いビールより、冷えたビールを求めているのでは?

 この読みが当たり、担当地域で自社ビールのシェアが跳ね上がった。社内では、全国で水平展開できる仕組みを考案したとして表彰もされた。

 このとき肥土は、営業先のスーパーでヒントを得たことから「答えはフィールドにある」という手ごたえを得たという。フィールドは、「現場」と言い換えることもできるだろう。

 現場を大切に、答えはフィールドに、という言葉はどの業界でも当然のように言われていることで目新しいことではない。当時の肥土にとっても、特筆すべき気づきではなく、なにげない実感だったのかもしれない。

 しかし、この社内表彰から数年後、父に「経営状態が良くない。手伝ってほしい」と請われ、実家の造り酒屋に転職してから、肥土はフィールドへの想いを強めていく。

■バーを巡って気づいたウイスキーの醍醐味

 東亜酒造は埼玉県羽生市に蒸溜所を持ち、ウイスキーを生産していたが売れ行きが悪く、社員からも「ちょっと個性が強すぎる」と評価が低かった。しかし肥土は一口飲んで「面白い」と感じた。サントリーで飲んでいたウイスキーとは全く違う味がしたからだ。ただ、広く一般に受ける味かどうかはわからない。このユニークな味を客観的に評価してくれる人がいないだろうかと思案した肥土は、ふと思い立った。

「世界のウイスキーの味に精通したバーテンダーに聞こう!」

 肥土は、サンプルをもってウイスキーバーに向かった。そこでバーテンダーと様々な話をし、ある程度打ち解けてから「実は……」と羽生のウイスキーのサンプルを取り出した。バーテンダーは、一口飲むなり「これはおもしろい!」と喜び、ほかのバーも紹介してくれた。

 こうしてウイスキーメーカーにとってのフィールドであるバー巡りが始まったのだが、肥土は「買ってください」という売り込みは一切せず、バーテンダーの評価を聞くことに専念した。すると、行く先々で「これ、どこで買えるの?」と聞かれるようになって、後々にまで影響する重要な気づきを得る。

「水割りとしてスイスイ飲めるタイプのウイスキーを求めているお客様にとって、うちのウイスキーは飲みづらいのかもしれないけど、バーのようにお酒の個性を重んじるチャネルでは評価が高かったんです。ウイスキーってたくさんの種類があるけど、その理由は個性があるから。個性の違いを楽しむのがウイスキーの醍醐味で、お店も個性のある味を求めているとわかりました」

■400樽の原酒を守るために起業

 肥土は、羽生のウイスキーに可能性を感じるようになった。しかし、その頃会社ではペットボトル入りの焼酎や紙パック入りの日本酒を大量に卸す事業を主力にしていたため、夜な夜なバーをはしごする肥土には次第に社内外で「バカ息子は何やってんだ」という声が聞こえてきた。

 その間にも業績の悪化は止まらず、2000年に民事再生法を申請。同年に肥土が35歳で社長に就任して自主再建かスポンサー企業を探すことになり、結局2004年、他社に事業を譲渡することになった。

 譲渡先の企業は、経営再建のために「場所を取る、時間もかかる、売れてない」ウイスキー事業からの撤退を決定。肥土に、設備の撤去と羽生蒸溜所で約20年仕込み続けた400樽のウイスキーの原酒の廃棄を求めた。

 肥土は経営を続けてほしいとオファーされていたが、ここで腹をくくった。

「二十歳目前の子どもたちを見捨てるようなことはできない。なんとかこのウイスキーを世に出すための仕事をしたい」

 肥土の頭には、羽生のウイスキーを評価してくれたバーテンダーや、数多のバーで出会ったウイスキー愛好家の笑顔が浮かんでいた。

――あの人達に喜んでもらえるウイスキーを造れば、自分ひとりぐらい食っていけるだろう。根拠はない。ただ、自分の足でフィールドを見てきたからこその自信があった。

 会社を離れた肥土は2004年9月、ベンチャーウイスキーを設立。400樽のウイスキーの原酒は、顔見知りだった福島県郡山市にある笹の川酒造の山口哲蔵社長が「そんな貴重なものを廃棄してしまうなんて、業界の損失だ」と保管を引き受け、事なきを得た。

 山口社長は、肥土の背中を押した。

「この樽は貴重なものだから預かる。だけれども、ウイスキーが売れなくなっているいま、我々が製品化することはできない。君がちゃんと世に送り出すんだよ」

 この言葉を胸に、肥土のたったひとりのウイスキー造りが始まった。

* * *

後編〈前代未聞のスピードで頂点を極めた男・肥土伊知郎が秩父で挑む究極のウイスキー〉に続く

写真=榎本善晃

(川内 イオ)

関連記事(外部サイト)