FBI捜査官が明かした「世界最大の闇サイト摘発をめぐる攻防戦」

FBI捜査官が明かした「世界最大の闇サイト摘発をめぐる攻防戦」

写真はイメージ ©iStock.com

 犯罪者とハッカーだけが立ち入りを許されていたはずの“悪の楽園”が、欧米などの捜査当局によって壊滅させられた。米国とドイツの捜査当局は5月3日、違法品売買サイト「ウォールストリート・マーケット(WSM)」を運営したなどとして、ドイツとブラジルの4人を告発し、サイトを閉鎖したと発表した。

 摘発された「WSM」は、一般の目には届かない「ダークウェブ」の奥底に潜み、麻薬、偽ブランドからコンピューターウイルスまで、違法と名のつくもの全てを揃える通称“裏アマゾン”。欧米当局は盗聴、潜入・おとり捜査、そして国際連携を駆使し、ハリウッド映画さながらの追跡劇を繰り広げた。

 ダークウェブとは、一般のパソコン利用者では閲覧すらできない、インターネットの一部の領域のこと。それは、人里離れた洞窟の中でひっそりと営まれる、ならず者のアジトのようなものだ。閲覧には特別な技術が必要で、さまざまな違法行為が当局の目を盗んで行われている。

 捜査にあたってきた米連邦捜査局(FBI)の特別捜査官は宣誓供述書のなかで「ウォールストリート・マーケット」の概略を、こう説明している。

「サイトはアマゾンなどの通販サイトと大差ないが、機能が違法品販売に特化されていた点が違う。販売業者は売りたい商品をサイトで宣伝。消費者は商品を検索し、仮想通貨を払えば、商品が発送される」

■商品は麻薬、偽造品、ウイルス、詐欺……

 WSMは2016年に設立された。違法取引サイトの中でも世界最大級の顧客を擁することで知られる。

「WSMはダークウェブ内にあるマーケットで、麻薬、コンピューターウイルス、クレジットカード情報、偽造品などが取引されていた。2019年時点では最大級の違法市場。販売業者は5400業者、顧客はのべ115万人。最後には閉店して顧客の口座の仮想通貨をすべて(1100万ドル=約12億円相当)盗んでしまった」(同前)

 商品の分類は《麻薬》《偽造品》《ウイルス》《詐欺》……。例えば、合成麻薬MDMAの説明欄には「世界中出荷可能」と明記され、商品、出品者ともに五ツ星中、平均四ツ星の高評価が消費者からつけられている。消費者が安心して購入できる工夫が随所に施されているのだ。

 もちろん、犯罪者にとっての楽園は捜査当局にとっては屈辱以外の何物でもない。米国ではFBIだけでなく、麻薬取締局、国土安全省など複数の当局が立ち上がり、ドイツ、オランダなどの捜査当局も捜査を始めた。

 ダークウェブは閲覧が困難なだけでなく、通常のインターネットと違い、いつ、誰がアクセスしたかすら痕跡がほとんど残らない。いわば泥棒が犯行後に丁寧に指紋をぬぐい、足跡を拭き取るようなもので、捜査は当然、困難を極める。望みは、そうした犯罪者たちの一瞬の気の緩みで生じたミスにだけ託される。

■犯人の正体はなぜ暴かれたのか

 FBI特別捜査官の供述書によれば、2年に及ぶ捜査の末、関与が突き止められたのは23〜31歳のドイツ人の男3人組と、その下で働くブラジル人だった。ひとりはインターネットの契約名義が母親のままのスネかじりで、いずれもマフィアとは縁遠いITオタク。正体が暴かれたきっかけもゲームだったというから、日本のオタクのイメージとあまり変わらない。

 ミスをしたのは3人組の1人としてWSMの管理運営を手がけ、「The One(あいつ)」の通称で知られたフロストだ。WSMが開設される直前の2016年、趣味のゲームを購入する際に、後年WSMで使うことになる仮想通貨の関連口座から送金してしまっていたのだ。

 米国当局はWSMの仮想通貨の関連口座の入出金を洗ううちに、この送金記録を発見。しかもこの取引の際、フロストは実名が記載されたメールアドレスを使ってしまっていたことも見逃さなかった。

 ほかの2人も、ドイツ警察のインターネットの盗聴技術などによって特定された。もっとも間が悪かったのは、WSMの広報担当で、取引でトラブルが起きた際のトラブル・シューターとして3人組のもとで活躍していた、ブラジル人でITオタクのマルコスだったかもしれない。

 始まりは2017年。WSMで自信をつけたであろうマルコスは、同類サイトである「ハンザ」にも自分を広報担当として売り込んだ。

 だが、それは考え得る限り最悪のタイミングだった。ちょうどそのとき、ハンザは密かに捜査を進めていたオランダ警察に乗っ取られ、大規模なおとり捜査の拠点となっていたのだ。自分を売り込んだ先は運営者を装うオランダ警察だったわけだ。

■「本人確認をするための装置を送るから住所をおしえてくれないか」

 オランダ警察もさるもの。早速、マルコスに返信を送る。

「本人確認をするための装置を送るから住所をおしえてくれないか」

 最初は戸惑ったマルコスだが、根は優しい人柄なのかもしれない。最終的にマルコスは住所を教えてしまった。「警察なんかに教えないでよ!笑。なんてね」とのメッセージを添えつつ。

 身元さえ分かれば、あとは刑事達のお手の物。ドイツ警察は3人組の自宅を、ブラジル警察はマルコスの自宅を急襲。ひ弱なオタク達は、頑強な警察官に身柄を取り押さえられ、追跡劇は幕を閉じた。

「我々はずっと追跡を続けてきた。どんなに小さなかけらでも。ダークウェブに潜む犯罪者を突き止めるためならね」

 担当した米国の検事は声明でそう振り返る。

「今回の起訴が明らかにしたのは、我々がどんなに小さいミスからでも、サイバー犯罪者の正体を暴き出すことができるということだ」(同前)

 盗聴、潜入・おとり捜査。リアルの現場で培われてきた捜査当局の知恵にサイバー犯罪の知識を加え、国際連携がようやく、先進国の捜査の手を犯罪者の尻尾に追いつかせつつある。一国をのぞいて。そう、日本だ。

 マンガの無許可読み放題サイト「漫画村」事件ではいちハッカーがとっくに容疑者を特定しているにもかかわらず、いまだに摘発の報を聞かない日本。「やりたいことは沢山あるが、日本の警察はあまりに手足を縛られすぎている」。警察関係者の嘆きは、そのままサイバー犯罪者をいい気にさせるだけのものだ。

(末家 覚三)

関連記事(外部サイト)