マクロン圧勝でも消えない、極右勢力の「核」

マクロン圧勝でも消えない、極右勢力の「核」

©getty

■フランスの世論を象徴する小村

 フランスのエマニュエル・マクロン新大統領が率いる「前進する共和国」党は6月11日に行われた第一回投票で、連携する中道政党「民主運動」とあわせて6月18日の第二回投票を残して暫定見込みながら全577議席のうち約7割の415〜455議席という、圧倒的な過半数スコアを挙げた。

 しかし50%を上回る棄権率の高さの中で得られる7割の議席数は、見た目ほどマクロン政権の強さを示すものではない。逆に下院選挙では弱体化したと思われている極右の根強さを、実際に6月11日、ブルゴーニュ地方コート・ドール県の第4区、ブレジー・バという小村の投票所を開票まで取材して、まざまざ見せつけられた。それは、目の前で見た実体が集計され数字として結実するにつれ、身震いさせられる経験だった。

「この村は、大統領選の一発目は極右がトップだったのよ。第二回投票はマクロンが7ポイントちょっとでひっくり返したけどね。まったく下院選はどうなっちゃうのかしら」

 それこそ世間話の調子で、宿のマダムはつらつらと話してくれた。ブレジー・バは人口700人強の小さな村で、州都ディジョンからは25km、ローカル線で片道30分かけて街で働く住民も多い。一方で、周囲の斜面は放牧地で、地縁の農業従事者も少なくない。

 小村とはいえブレジー・バの含まれるコート・ドール県第4区の投票内訳は、大統領が右になっても左になっても「ねじれた」ことはなく、つねにフランス全国の趨勢と軌を同じくしてきた。「指標」といったら大袈裟だが、標準的といえる自治体だ。それが4月末の大統領選の第一回投票は、マリーヌ・ル・ペンが26.9%、2位は極左のジャン=リュック・メランション候補が22.83%と、極右と極左がツートップを占め、大いに荒れた。マクロン現大統領は3番手で得票15%弱に過ぎず、第二回投票で57.38%を獲得し、42.62%のル・ペンを逆転した格好だ。

 大統領選時の情勢が一か月半後の下院選挙にそのまま反映される訳ではないが、2日先立って行われた英国下院選挙の結果は、おそらくフランスの浮動票層にとって反面教師となっただろう。EUの足元が揺れている今、発足して間もないマクロン大統領の政権運営を、議会過半数を与えないで弱体化させるのは得策ではない、と。

■そして和やかに投票は始まった

「投票所は朝一番、8時に開くからクロワッサンとカフェがあるよ」と、前々日に撮影許可を取りにいった村役場で、アラン・ラミー村長はニコニコしていた。ところが土曜が親族の結婚式だったそうで、朝4時に眠ったという彼は、「ごめん、準備できなかった」と一転、平謝り。選挙管理委員として来ていた3人の村会議員は苦笑いしながら、テンションが上がらないと村長を責め立て、「せめてコーヒーを!」と突き上げる。投票日の長い日曜は、かくしてゆるく始まった。

 8時と同時にやってきた最初の投票者は、年配の男性だった。今回の下院選挙でブレジー・バの有権者リストは493人を数え、うち3人は在外公館での投票済み。この日、村役場へ投票に来る可能性のある有権者は490人という訳だ。

 朝方はやはり年配の来場者が多い。「選挙カード」で身元確認が行われた後、各党・各候補者が用意した投票用紙を数葉つかんで、投票者は「イゾロワール」と呼ばれるカーテンの向こうに隠れ、そこで思うところの一枚を封筒に入れる。そして透明な投票箱へ進んで一票を投じると、カーンとゴングのような音が鳴り響く。

 それにしても面白いのは、選管側の村議と住民のほとんどが知り合いで、握手やビズ(頬にする軽いキス)を交わさずに帰る人がほぼいないことだ。裏を返せばそれだけ人間関係が濃密な村の内部で、誰がどの党に入れたかは、とてもデリケートな話だ。

 中には、外国人である筆者が投票所で写真を撮っていることについて、明らかに違和感を抱く投票者も。写真の許可を求めると「フランスの新聞じゃないのか?」とこわばった表情で拒絶する人もいた。村議の中にも「日本のメディアがどういった訳で?」と尋ねてきた人がいたので、「マクロンが多数派を獲れるか否かは世界的に注目されている」と答えると、「あなたもマクロン支持者なのか?」と突っかかってくる。別に、彼が多数派を獲ることを期待しているとは、ついぞいっていないのだが。こうした地域社会で個人の政治信条の話は、匿名性の高い都会よりもずっと微妙な話題のようだ。

 投票者全員を写真に収めても仕方ないので、夕方に出直すことにした。投票終了となる18時まで30分を残して17時半に来てみると、朝方とは逆に30代とおぼしき若い家族連れの姿が多い。車の中で一人が子供をあやす間に、もう一人が投票を済ませる、そんな動きだ。

 そうこうしていると、ラミー村長が朝よりも明らかにしゃっきりした様子で現れた。2時間ごとに交替で必ず3名で投票受付を遂行する、その決まり通りに選管業務を維持してきた村議たちが、痺れを切らしたのか、あと何分? もう閉めていいのか? と時計を気にしだす。まだ2分前ある、と村長。最後の投票者は短パンのお兄さんで、全仏オープンでナダルの優勝インタビューを観ていたらギリギリになったとか。ちなみに18時02分に、もう終わっちゃったかしら? と現れた女性に対しては、「残念でしたね、駄目です、マダム。また来週の第二回投票で!」そうきっぱり断って、村長は投票所を閉めた。

 最初の話題は、投票者は何人来たか? というものだ。有権者490人に対して投票者は267人。「悪くないね」という声があちこちで上がる。後に分かったことだが、今回の下院選挙は全国的には過去最高となる棄権率51.29%を記録したほどで、暫定の数字で半数超えは好感触なのだ。

 とはいえフランスは二回投票制。

「大統領選から数えて2か月ちょっとの間に4回も日曜を費やすわけだからね。旅行や結婚式の季節柄だし、なかなか投票率が上向くのは難しいと思う」と、村議の一人がいっていた。

■村長自ら開票を手伝う

 村長が透明な投票箱をひっくり返して、薄青の投票用紙の入った封筒を机の上に出す。すると朝方のゆるい空気とはうってかわって、村議たちが無言で封筒を小さな山ごとに集め、100枚ずつ大きな封筒に入れ封をする。こうして開票作業の間、誰も手が入れられないことを保証するのだ。

■マクロン新党か、国民戦線か

 二人が開票し、一人がそれを流しながら候補者の姓を読み上げ、机の向かい側ではさらに二人が別々に票数を数える。読み上げられた票は、書かれているものと相違ないか、もう一人が確認して、村長の手元に集められる。開票を聞いている限りは、やはりマクロンの「前進する共和国」とFN(国民戦線)が目立って多く感じた。

 ひとつの大封筒を終えたら、次を開封。こうした作業が45分ほど続いただろうか。後に知って驚いたことだが、開票に加わっていた村議の一人は、共産党から立候補し、他の候補者の名前同様に開票作業で名を読み上げられた一人だった。だから開票作業の透明性を確保するプロセスが必要なのだ。

 投票267票のうち無効が8票で、有効票は259票。ブレジー・バで最大の票を得たのはマクロン新党の候補者で68票。続く第2位は極右FNの候補者で45票だった。

■第二回投票は「デスマッチ」

 フランスの選挙は第一回投票がバトルロイヤルで、第二回投票が一対一デスマッチ、そう考えれば分かりやすい。この村で極右の候補者は2位につけたものの、第4区全体の他の自治体を含む結果では、第二回の決選投票に進むのはマクロン新党と、右派・共和党の候補者となった。

 が、驚くべきは、493分の68票=13.79%という、最大得票数のマクロン新党が有権者全体に占める割合の少なさだろう。ブレジー・バでのFNの493分の45票の得票率は9.13%に過ぎないが、この村で1位と2位の差は頭数で20人ちょっとでしかない。

 フランスの下院選挙では、有権者数の1/4の票を獲得した候補者は第一回投票でも当選となる。誰も達しなかったら、有権者数の12.5%以上の票を集めた候補者が第二回投票にかけられる。12.5%を満たす候補者が複数いなければ、自動的にトップ2名の決選投票、という仕組みだ。

 マクロン新党への支持を票で表明する人が意外と少ないことも、下院で7割超えの議席数という、報じられているような勢いとは一致しない。2002年から大統領の任期が5年になって大統領選とほぼ同時に下院選挙が行われるようになって以来、シラクもサルコジもオランドも前任大統領が率いる党は、つねに下院多数派を手にしてきた。よってマクロン新党の勝利は、じつは驚くにあたらない。

 小選挙区制の難点は死票が多くなることだが、フランスの問題は棄権率が高まり浮動票も多い地合いの中で、その難点にブーストがかかっていること、さらには変化への期待がバラバラに極端な形となって表れていることだ。

 第一回投票後、マクロン新党の7割は圧倒的過ぎ、偏り過ぎという声がフランスでは多く聞かれた。過半数議席の獲得は動かないだろうが、6月18日の第二回投票でどんな揺り戻しがあるか、まだ気になるところだ。

写真=南陽一浩

(南陽 一浩)

関連記事(外部サイト)