陛下のお気持ちを忖度しすぎる人たちに、言いたいこと

陛下のお気持ちを忖度しすぎる人たちに、言いたいこと

©iStock.com

 天皇陛下のお気持ちを忖度するという、不思議な言論がここ数年多く見られるようになっている。

 天皇の政治利用というのは、源流をたどれば明治維新そのものに行き着くが、戦前の「統帥権干犯」はその悪しき典型だ。戦後はこういうことが二度と起きないよう、日本国憲法で天皇は「憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない」と定められ、政治利用を厳しく戒めてきた。当然のことである。

 ところが近年、なぜか右派だけでなく左派が天皇の意思を忖度し、政治利用に踏み込むようになっている。たとえば、左派系メディアとして知られる「リテラ」は、昨年7月の記事で、こう書いている。「宮内庁関係者の間では、今回の『生前退位の意志』報道が、安倍政権の改憲の動きに対し、天皇が身を賭して抵抗の姿勢を示したのではないか、という見方が広がっている」「天皇と皇后がこの数年、安倍政権の改憲、右傾化の動きに危機感をもっていることは、宮内庁関係者の間では、常識となっていた」

 天皇陛下が安倍政権を嫌っているのかどうかは、判断しようがない。いずれ「昭和天皇独白録」のような本が出て、今上陛下の真意がある程度明らかになってくる日が来るかもしれないが、現時点では何とも言いようがないし、勝手に代弁してはならない。

 陛下の護憲的な発言はときおり見られるが、天皇が護憲なのはごく当たり前のことだ。しかしそうはとらない人が少なくないようで、たとえば著名な左派言論人はツイッターで以前こんな発言をしている。「安倍首相にとって、憲法遵守と平和主義の天皇陛下と、自国益第一のアメリカだけはコントロールできないやっかいな存在になりつつある」

 これに対して、仲間の言論人はこう反応。「安倍首相にとって国内最大の政治的ハードルは天皇でしょう。首相の『愛国的ポーズ』に対する嫌悪感を天皇陛下はもう隠していませんから」

 古いところを遡れば、もっとも驚かされたケースとして山本太郎参院議員の「直訴」事件がある。2013年10月のことだ。秋の園遊会に列席した山本議員が、陛下にじかに手紙を手渡し、その後記者団に「原発事故での子どもたちの被曝や事故収束作業員の劣悪な労働環境の現状を知ってほしかった」と説明した。山本議員の公式サイトには、こう書かれている。「この胸の内を、苦悩を、理解してくれるのはこの方しか居ない、との身勝手な敬愛の念と想いが溢れ、お手紙をしたためてしまいました」

 この「直訴」を左派系のジャーナリストは「まさしく平成の田中正造である」とコメントした。明治時代、大日本帝国憲法下での天皇への直訴と同じだと評価したのである。

 この「直訴」について、映画監督の森達也さんは朝日新聞のインタビューでこう語っている。「政治家も官僚も経営者も私利私欲でしか動いてないが、天皇だけは違う。真に国民のことを考えてくれている。そんな国民からの高い好感と信頼が今の天皇の権威になっていると思います。(中略)右だけではなく左も自分たちに都合よく天皇の言動を解釈し、もてはやす。いわば平成の神格化です。天皇は本来、ここまで近しい存在になってはいけなかったのかもしれませんね」

 最近では、毎日新聞の「陛下、公務否定に衝撃」報道についての反応がある。生前譲位をめぐる有識者会議で保守系専門家から「天皇は祈っているだけでよい」という意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」と強い不満を漏らされていた、という報道だ。

 記事には「陛下と個人的にも親しい関係者は『陛下に対して失礼だ』と話す」といった文章もあり、かなり陛下の「お気持ち」に寄った報道になっている。この記事に対して左派系の言論人からは、次のような反応があった。「こういう酷いニュースに怒るまともな保守が今は本当にいなくなったのだな。読めば読むほどに酷い」「この記事を読むと、『保守系』の『有識者』よりも、天皇陛下のお気持ちを応援したい思いが、ますます強くなります」

■過剰な“お気持ち忖度”の行き着く先

 今上陛下は多くの日本人から敬愛されており、お気持ちは大事にしたいと私も思うが、しかしだからといって、陛下のお気持ちを制度変更に直接持ち込んではならない。天皇の意思をもとに制度を変えてしまえば、それは憲法で禁止されている「国政に関する権能」になってしまう。考えてみればあたりまえのことで、インターネットではさすがに批判が多かった。「日本リベラルが皇道派に」なったと評した意見には、失礼ながら少々笑ってしまった。とはいえここで考えるべきなのは揶揄ではなく、左派からこのような忖度、政治利用の方向性が出ていることの不思議さである。

 そもそも左派は護憲であり、もともとは天皇制にも批判的だった。たとえば日本共産党中央委員会は、今でもはっきりと「天皇制のない民主共和制をめざす」としている。

 護憲派であれば、天皇の政治的な発言を肯定的に評価すべきではない。なぜならそのような状況を放置すれば、天皇の発言が政治的な権威になってしまうからだ。しかし護憲派であるはずの左派は、そのことになぜか無頓着である。無自覚なのかもしれない。

 日本の政治的議論には、「清浄と穢れ」「清らかな善と、穢れた悪」のような二分意識が底流にある。55年体制の時代の「市民は善であり、大企業や政府は悪である」というようなメディアのわかりやすい勧善懲悪がそうだ。『「当事者」の時代』(光文社新書)にも書いたが、そこで持て囃されていたのはリアルな市民ではなく、あくまでもメディアの人間が想像の共同体の中で仮構した、自分たちにとって都合の良いカギカッコつきの「市民」である。

 しかし21世紀に入ると、ネトウヨとも揶揄された新しい保守勢力が台頭してきて、必ずしも「市民」が画一的な存在でないことがあからさまになってくる。そういう中で、「市民」を清浄な存在として持て囃すような単純な構図が成り立たなくなってきた。

 そういう混乱の延長線上に、「最終的に信用できるのは、決して穢れることなく、つねに清浄であり続ける天皇陛下である」という感覚が現れてきているのかもしれない。陛下は、人々が求める清浄さを勝手に仮託され、忖度されているのではないか。

 これはまさに、皇道派の考え方そのものだ。昭和初期、「腐敗した政治家や官僚が清らかな天皇の存在を覆い隠している」という皇道派青年将校たちの思想が暴走し、1936年の二・二六事件を引き起こしたのである。

 先日、放送大学教授の原武史さんと月刊誌「潮」で対談した。7月5日発売の2017年8月号に対談の内容は収録されるので、くわしくはそちらを読んでほしいが、この「左派の天皇忖度」問題も話題にのぼり、原さんが儒教の影響を語っていらっしゃったのが非常に興味深かった。徳のある君主がその徳によって民を治めるべきであるという徳治主義が儒教にはあって、日本の政治にはそういう考え方がどこかに内在されている。

 近代化の中でそういう儒教的精神は覆い隠されてきたが、20世紀の近代の枠組みそのものが衰退していく中で、隠れていた儒教的なるものが顕在化してきたのかもしれない。そういう内在的な意識は左右を問わないし、明確に意識もされていない。そこに、無自覚な天皇忖度の秘密が隠されているような気もする。なんのことはない、日本は150年かけて近代化の道を乗り越えてきたと思ったら、再び近代以前の「穢意識」や「儒教精神」に回帰しようとしているのだ。

(佐々木 俊尚)

関連記事(外部サイト)