満洲事変の口火となった「中村大尉遭難事件」――新聞記者が追及したその真相

満洲事変の口火となった「中村大尉遭難事件」――新聞記者が追及したその真相

「中村大尉遭難事件」は事件発生から2か月経って情報解禁された 1931年8月18日東京朝日新聞の夕刊

■解説:謀略のにおいが付きまとう事変の引き金

 現代史でこの事件は、万宝山事件(「満洲」に入植した朝鮮人と中国人が対立。朝鮮半島に住む中国人100人以上が殺害された)と併せて「満洲事変」の引き金になったとされる。中村震太郎大尉は、対ソ連作戦の兵要地誌作成のため、満洲北部興安嶺方面で偵察任務に従事中、中国「第三屯懇軍」(本文では「屯懇第三団」)に捕まり、部下らとともに銃殺され、遺体は焼かれた。

 これを調査・報告したのは、本文にも出てくる片倉衷大尉だった。発覚が1931(昭和6)年6月27日で、関東軍が公表したのは8月17日。小柴氏の記述はこの間の出来事が中心だ。

 関東軍は攻撃態勢を準備。「軍部の威信を中外に顕揚して国民の期待に答え、満蒙問題の解決の端緒たらしむるため絶好の機会なり」として実力調査の対処方針を上申したが、外務省の難色などで認められなかった。作戦主任参謀の石原莞爾中佐は、かねてから「満蒙(満洲と内モンゴル)領有」が持論。臼井勝美『満州事変』(中公新書)は、「石原らは中村事件を満蒙問題解決の『好機』と認識した」と断定している。

 最近の中国側の研究でも「(事件は日本にとって)情況によっては『永久占領』を行い、『満蒙問題の根本的な解決』をめざすものだった」とされる。

 日本国内では「大尉の敵を討て」と武力行使を求める声が高まった。中国側は当初「事実無根」としていたが、9月18日、初めて殺害を認めた。事態が新たな交渉に移ろうとしていた矢先の同日夜、関東軍は柳条湖(当時は「柳条溝」と呼んでいた)で線路爆破事件を起こし、「日中15年戦争」が始まる。

 この時期の満洲をめぐる動きには謀略のにおいが付きまとう。中村大尉が農業技師を装ったスパイだったことに疑問の余地はないが、攻撃の理由づけのための計画的な挑発行為だった疑いも残る。本文は戦後10年たって書かれた文章だが、小柴氏自身、単なる新聞記者だったのかどうか……。

小池新(ジャーナリスト)

◆◆◆

 満洲事変勃発の導火線ともなった中村大尉一行の遭難事件の真相を追求した新聞記者(小柴壮介氏)が初めて明かす秘めたる特ダネ。

 初出:文藝春秋臨時増刊『昭和の35大事件』(1955年刊)、原題「中村大尉遭難事件」

■太平洋戦争へと続く世紀の大事変の序章

 昭和3年6月2日、張作霖爆破の日を境にして、満洲各地に排日のボヤが燻りはじめたのは当然だが、そうした険悪な状態が、3ヵ年もつづいて、昭和6年6月を迎えた。この月、不幸にして発生したのが、中村震太郎大尉(参謀本部勤務)の遭難事件である。これが満洲事変の口火になって、支那事変、太年洋戦争へとつながる世紀の大事変へと発展して行ったのである。

 中村大尉事件の前にも、今にも大火になりそうな事件が幾つかあり、それらが大火になりそうでいて大火にならなかったのは、いずれも民間の事件だったからで、事実、関東軍の腰は重かった。

 そうした重い腰の関東軍が、別人のように気負いたって、全満に燻っている排日のボヤを一挙に始末しようと決意したのは、中村大尉事件の全貌があきらかにされた時であった。

 榊原農場事件や万宝山事件なぞ、規模から云えば、中村大尉事件とは較べようもない大事件であったが、それらが戦争とならず、中村大尉事件で戦争となったのは、関東軍の言葉をかりれば、「あれとこれとは性質が違う。今度のは、陛下の軍人が殺されたのだ」ただそれだけであった。

■新聞記者が追った「中村大尉遭難事件」のカギを握る人物

 私は、当時、満洲一の発行部数を有つM新聞の嘱託をしていた。

 柳条溝であの火蓋がきられると、私は早速リュックを担いでとび出した。

 南満から北満にかけ、戦雲を縫って駈け廻ったが、これといった目ぼしい取材もなく、少々へこたれ気味で、チチハルに潜入した時だ。ここで、かねて心の隅にひっかかっていた、中村大尉遭難事件の真相を釣り上げることができたのである。昭和6年も押しつまった12月の、外は粉雪の舞い狂う寒い日であったが、私の心は燃えていた。

 中村大尉事件の、真相の扉のカギを握っていたのは、佐藤鶴亀人さんである。

 佐藤さんは、満鉄チチハル公社で、農業調査を担当していて、始終、出歩いてるから、ひょっとしたら中村大尉事件について、なにか断片的な資料でも持っていないだろうか、と思ったのがきっかけで社宅に訪れた。

 ところが――である。灯台下暗し、とはよく云ったものだ。私の切り出した用件に応えて、佐藤さんは、心もち顔をくもらせ、苦笑いしながら言ったものだ。

「知ってますとも。中村大尉の一行が殺される現場を見ていた苦力をひっぱって、奉天の特務機関に引渡したのは、私ですから」

 それからの私は、夢中であった。メモとる筆も中絶しがちで、それでもどうやら書き取った。

 以下は佐藤さんの談話であって、私というのは、佐藤さんのことである。

◆◆

■突然の深夜の電報で知らされた妻からの"噂話"

 いやァ、愕きましたよ、あの時は――。

 たしか7月23日(昭和6年)だったと憶えています。出張、そう――私は、安達方面の農業調査に行っていたンですが、夜おそく帰って来ると、いきなり女房がこんなことを云うのです。

「青木さんの奥さんから聴いたンですけど、内蒙の方で、日本人が2人殺されたンですって――」

 どきっとしましたね。全くのはなしが青天に霹靂を聞いた思いです。

「それで、聴いたのは、それだけか?」

 と問いますと、ええ! と簡単な返事です。もう一瞬もじっとしておれません。

「よし、これから青木の処へ行って来る」

 そう去い捨てて、私は、深夜の街へとび出しました。

 青木さんは、やはり満鉄社員で、チチハルの試作農場に籍を置いて、私とは懇意の間柄でした。

 なにしろ深夜ですからネ、むろん寝てましたとも。吃驚りして起きて来ましたよ。こっちは気が立ってるし、挨拶なんか二の次ぎです。いきなり奥さんに、

「奥さん! 内蒙で日本人が2人殺されたというのは本当ですか?」

■「言って下さるまでは、迷惑でも一歩もここは動きませんから」

 すると、奥さんの顔が、さッと変って、

「ええ――」

 と、渋りがちに答えはしたものの、その容子がとても苦しそうです。こっちは夢中ですから、そんなことには頓着なく、畳みかけて訊いたンです。

「誰から聴きました? そんなこと」

 言わない。サザエのように黙りこくッて、じっと下を見つめているばかりです。いくら口を酸っぱくして言っても反応がない。よほど堅く口止めされていることが解ります。で、とうとうしびれを切らした私は、

「奥さん! くどいようですが、外のこととは違います。日本が世界中の笑い者になるかならぬかの瀬戸際です。天皇陛下のお顔に泥を塗って平気でいられますか。ぜひ言って下さい。言って下さるまでは、迷惑でも一歩もここは動きませんから――」

 天皇陛下云々の言葉は、数千語、いや数万語にも勝る絶対的なものでした。重い口がほころびました。

 植松フデ子。これが青木夫人に話を持ちこんだ当人でした。

■犯人と名乗る"王秉義"の告白

 肉の放浪者としての過去をもち、今は、蘇鄂公府の土地顧問をしている王という者の太太(細君)になっている女です。

 フデ子のかつての馴染み客に、王秉義というのがいました。屯墾第三団第四連長の肩書をもち、ちょっと羽振りの利く方ですが、それがある日、飄然とチチハルに現われて、愕くべきニュースをもたらしたのだそうです。

 ――索倫で、日本人を2人殺した。所持金を7人で分けたが、分け前が尠くて不服だったから逃げて来た。見たことのない立派なピストルを持っていたことから推して、きっと身分の高い人物に違いないと思う。しかし、このことは、誰にも口外しないで欲しい。判れば、自分の首はふっ飛ぶから――と。

 それで、最初のうちは、自分だけの胸で始末していたが、そのうち、どうにもやり切れなくなって、秘めよう、隠そうとすればするほど疼き出すので、せめて苦楽をともにした貴女になりと話したら、いくらか心の重荷が下りるのではなかろうか、とそう思うと、一刻もじっとしておれなくなって――。

 息詰まる思いで耳をかたむけていた私は、話の中に割切れぬものがあるのを発見しました。

■なぜか屯墾第三団の追及から逃れ続ける王の潜伏先

 が、それは兎も角、殺された日本人は、多額の金子と立派なピストルをもっていたという。中村大尉の一行なら、金は充分に持っていたであろうし、立派なピストルというのは、近頃評判の、南部式ピストルに違いありません。

 とすると、殺された日本人を中村、井杉と断定しても間違いあるまい。

 私は、チチハルで待っている宮崎少佐に宛てて直ちに打電しました。

 ソウサタイノシュッパツミアワセ スグユク サトウ

 それからいくらも経たぬ頃でした。旱天の慈雨にも似た情報が、だれからともなく私の処に舞いこんだのです。

 それは、例の植松フデ子の主人、印ち蘇鄂公府の土地顧問だという王が、どうしたわけか屯墾第三団の追及をのがれて、目下、チチハルに潜伏中――という、意外な情報です。

■ようやくたどり着いた「事件のカギを握る」人物と事実

 潜伏している、この言葉を聞いた時、私は思わず、しめた! と心の中で叫びました。屯墾第三団に追われている。そのことだけでも容易ならぬものを感じさせるし、その上、潜伏というのですから、ただごとじゃない。私は直感で、この事件のカギを握っているのは、おそらく王に違いない、と思いました。

 とうとう捜しだしました。

 私は疑問の焦点に突進しました。

「殺されたのは、幾人だ?」

「なんでも日本人が2人に、露西亜人と蒙古人がそれぞれ1人、都合4人だということです」

「殺された場所は、どこだ?」

「蘇鄂公府の附近で、屯墾第三団の兵に殺されたそうです」

「君は、それを誰から聞いた?」

「確かな人から聴いたので、間違いはありません」

 と、まァこのようなわけで、婉曲な言葉といい、垣を設けた態度といい、全体にもやもやしたものがありますが、それ以上のことは我慢しなければなりません。

 しかし、これで、中村大尉一行の遭難は、もう動かしようのない事実となりました。

■フデ子が語った"馴染み客・王秉義"のウソ

 以上の話でもうお解りのことかと思いますが、フデ子が、馴染み客の王秉義から聴いた、と云ったのは?で、実は、主人の王から聴いたのち、同胞としての感情と、夫に対する愛情と、そうした2つの相剋が、彼女を一個の狂言作者に仕立てたのです。つまり、日本人としての誇りを傷けぬと同時に、累を夫に及ぼさないよう努めた結果が、王秉義の告白という形式になったのでしょう。

 私は、直ちにこの旨を宮崎少佐に報告すると、今度は、証拠の蒐集に着手しました。

 捜査本部を鎮東に設けて、大勢の蒙古人を目的地へとばせました。というのは、蘇鄂公府と屯墾団とはソリが合わず、すべての蒙古人が、屯墾団に反感を壊いていることが判ったからで――

 蒙古人は、勇躍してそれぞれ任務に就きました。ある者は、兎狩りに化け、またある者は牧夫を装い、終日終夜、涯しない草原を泳ぎ廻ったのです。それには、民族的確執もあるにはあったが、証拠品に賭けられた賞金の魅力も、確かに大きな役割りを果したように思っています。

■遂に目撃者を探す

 日本人側の活躍がどこからとなく漏れると、奉天政権もまた多数の調査員を送って、事件の究明につとめました。

 しかし、それは、調査でなくて、証拠の湮滅であったことが後になって判明したのですが――。

 もうその頃になると、事件は、特務機関の手を離れて関東軍に移っていたし、軍からは片倉大尉(本庄大将の女婿、中村大尉とは、陸士、陸大を通じて親友)が烈々の闘志を包んで現場に姿を現わしていました。

 片倉大尉は、証拠物件の蒐集よりは証人の捜査、つまり日撃者を探しだすことに全力を傾けました。これは、案外はやく見つかったのです。

 目撃者は、その頃、蘇鄂公府の壁修理に来ていた苦力頭でした。郭という男ですが、この男が、中村大尉一行の殺害現場から死体の状況まで具さに目撃した、というのです。

 が、郭は、

「自分には妻子がある。妻子を犠牲にしてまで日本に尽す意志は毛頭ない」

 と頑張り通しましたが、

「じゃ、自分の配下に、崔という親も子もない独り者がおるから、これを自分の代わりにやろう」

 というところまで漕ぎつけました。

■「頭の後に鉄砲を当てがって、ズドン」

 見ると、崔は蓬頭垢面、眼のぎょろりとした、緞帳芝居そのままの山男です。さっそく床屋に連れて行き、風呂に入れ、さっぱりした衣服に新しい靴を買い与えると、相好を崩しての歓びようでした。

「お前は、日本人が2人殺されたのを知ってるそうだが――」

「アア、知ってるとも。日本人だけじやないぞ! 露西亜人も蒙古人も殺されてる。1人ずつだが――」

 と、鼻うごめかして言う。

「どういう風に殺されたのだ?」

「それはな、深い穴を掘ってよ、その前に坐らして、頭の後に鉄砲を当てがって、ズドンとやったよ」

「そうか! じゃ、お前は、屯墾第三団の連中は大抵知ってるだろうな?」

「当たり前だ。毎日顔をみて暮らしてるンだから――」

 郭と寸分もたがわぬ陳述でした。魚はすでに鈎にかかったのです。残る問題は、どのような方法を用いて、奉天まで誘き出せるか、ということです。まず、彼等に対する常識から云えば、第一が金銭、第二に女ということになりましょうか。で、第一の好餌をつきつけたのです。

「どうだ、崔! すばらしい金儲けがあるンだが、俺と一緒に奉天へ行かないか。今お前が云ったことをそのままはなせば、途方もない大金がお前の懐へ転げこむぞ」

「本当か、そらア――」

 目がぴかっ! と光ります。

 御意の変らぬうちに――と、支度もそこそこに、その日の夜行で出発しました。忘れもせぬ9月13日の夜でした。

■証人・崔を奉天に連れていくために買い与えた「小さな靴」

 翌14日、ハルピンに着いて、宮崎少佐に引き合せがすむと、疲れたからここで泊ろう、という崔をせき立てて、再び夜行に乗る慌しさでした。その代り、指環だの時計だの眼鏡など、かずかずの装飾品を購い与えて、歓心の吸収に百方つとめねばなりませんでした。

 奴さん、すこぶる恐悦の態で、その日いらい余り足の苦情を訴えなくなりました。言い忘れましたが、足の苦情というのは、チチハルで買ってやった靴に起因しているのです。それは、足よりは幾分小さな靴で、これには魂胆があった。履いて痛がるやつを無理やりに、

「冗談じゃない。これがいま大流行の靴なんだ。奉天じゃこれでなくちゃ幅が利かんことになっている」

 とかなんとかうまく誤魔化して、彼の歩行をそれとなく束縛したのです。もし途中で逃げ出すようなことがあっても、自由に走れぬように仕組んだものでした。

 ハルピンからは憲兵が2人、私服でこっそりと護衛につきました。隣り合せに席を占めて、油断なく見張ったわけです。

■「中村大尉遭難事件」に続く柳条湖事件へ

 奉天に着いたのは、15日の夕刻でした。奉天では、初巡視の本庄繁軍司令官を迎えて、市街演習が行われていました。窒息しそうな雰囲気を縫って、一行は、土肥原特務機関へと車を駆りました。

 室に入った崔は、同席の花谷少佐と目が合うと、途端にがたがたと顫えだし、逃げ腰になりました。

 無理もありません。花谷少佐の面貌は、超特製のしろものです。簡単に言えば、鐘馗様を現代化したようなものと思えば間違いありません。

 これでは訊問はうまく行かない、と思った私はとっさの気転で崔の肩を軽くたたいて、

「オイ、オイ、心配しなくたっていいよ。あれは、星(肩章)がたった1つしかないじゃないか。俺は、3つもあるから俺の方がずっと偉いのだ」

 と、威張ってそう言うと、崔の表情が幾分か和いだようでした。その夜から崔は、特務機関室で起伏するようになりました。

 2ヵ月に垂んとする苦闘から解放されて、わが家での団欒を瞼に描いた私が、夜汽車に揺られて、帰途に就いたのは、17日の深更でした。

 その翌晩、奉天西南方の柳条溝に、ぶきみな閃光がひらめいたのです――。

(小柴 壮介,小池 新/文藝春秋 増刊号 昭和の35大事件)

関連記事(外部サイト)