新紙幣にまつわる7つの疑問、財務省に聞いてみた

新紙幣にまつわる7つの疑問、財務省に聞いてみた

戦後に発行された日本銀行券の一覧

 1万円、5000円、1000円の各紙幣を2024年に刷新することが発表されたのは、4月9日のことだった。1万円札に「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一、5000円札に津田塾大の創始者である津田梅子、1000円札には近代医学の基礎を築いた北里柴三郎を採用。紙幣の刷新は2004年以来20年ぶりとなる。

 新元号「令和」が発表された直後のこの発表に対し、様々な意見が出た。なぜこのタイミングなのか、なぜ3人が選ばれたのか、なぜキャッシュレス時代に新紙幣が必要なのか、等々。

 そこで真相を探るべく週刊文春編集局長・新谷学が財務省を訪ね、廣光俊昭・理財局国庫課長に話を聞いた。

?

Q1. 新紙幣、なぜ今だったのですか?
A1. 偽造防止の観点では適切なタイミングです

――なぜ、このタイミングだったのでしょうか。新元号「令和」を発表した直後で、安倍政権や財務大臣の功績づくりではないか、という声も出ました。

「お札が偽造されにくい力、これを“偽造抵抗力”と呼んでいるのですが、民間の印刷技術は日々進歩を遂げているので、相対的にお札の偽造抵抗力は低下していきます。ですから、改刷というものは定期的に、およそ20年に一度ぐらい偽造防止という観点でやっているんです。前回の改刷が2004年でしたから、そこから約15年が経過し、さらに改刷の準備には5年ぐらいかかります。そういったことを考えあわせると、改刷を発表するには適切なタイミングだったと思っています」

――前回の改刷は、偽造紙幣が増えてきたなかで急に行われたので「追い込まれ改刷」と呼ばれていたと聞きました。

「我々の言葉では『追い込まれ』ではなく、『緊急改刷』と呼んでいます(笑)。当時は多くの偽造が見つかり世の中の不安が高まるなか、特にATMを通る偽造が出るといったこともあり、背中を押されるように改刷をしたというのが実態です。緊急改刷のデメリットは、とにかく準備期間を圧縮してやらなくてはいけないこと。そうなりますと、新しいお札が出ても金銭機器が対応できない場合がある。当時、自動販売機は5割ぐらいしか使えないという報道もあり、国民の方々にはかなりのご不便をおかけしたというのが実情なのです。そういった教訓もあるので、今回は計画的に5年の期間をとって改刷をさせていただこうと」

Q2. 5年の準備期間、何をするんですか?
A2. 前半は印刷、後半は民間の対応期間です

――5年の準備期間はどう使うんですか?

「5年のなかで前半の2年半くらいは紙幣のデザインを確定して印刷に至るまでの期間、あとの2年半は民間の方々の対応期間としています。たとえばメーカーが新紙幣に対応する機器を開発するなどの期間です。ちなみにこれはトリビア的な話になりますが、前回の緊急改刷では福沢諭吉を変更しなかったんですよね」

――当時の新聞には「諭吉続投」と書かれていますね。

「とにかく新しいお札にしたい、でも準備期間が少ない、ということで福沢諭吉を続けて起用したと聞いています。今回はそうではないので、準備期間をしっかり取っているということですね」

Q3. なぜ漢数字ではなく算用数字にしたのですか?
A3. いわゆる「ユニバーサルデザイン」です

――なぜこれまでの漢数字ではなく算用数字にしたのですか? 日本のお金っぽくないという声も耳にしました。

「いわゆる『ユニバーサルデザイン』という観点ですね。高齢化社会となるなか、お年寄りにも使いやすいお札にすることが大切になってきています。それは日本だけではなく、世界的にも同じ潮流がありますね。ドル札やユーロ札も金額の数字は大きくなる傾向にあります。また漢字に比べて算用数字の方が画数が少ないので、『券種識別性』が高い。例えば目が不自由な方にとっても、わかりやすいお札にしていくことが大事という考えかたです」

Q4. キャッシュレス時代になぜ新紙幣が必要なのですか?
A4. まだまだキャッシュは増えています

――キャッシュレスの時代に、なぜわざわざ予算を投入して新紙幣を作るのか、という意見がありますがその点についてはいかがでしょう。

「キャッシュレスの時代と言われますが、実は日本はまだキャッシュが増えているのが現状です。もちろん国の施策としてキャッシュレスにはしっかり取り組んでいます。ただ、お札を使い続けている状況のなか、やはり偽造されてはまずいので、改刷は定期的にやっていかなければいけないと。アメリカ、欧州、中国など、キャッシュレスが進んでいると言われる海外でもまだキャッシュは増えている状況で、改刷も行われているのです。

 ちなみにこれはトリビア的な話ですが、大阪に造幣局という硬貨を作るところがありまして。あそこの食堂はいまキャッシュレスなんですよ(笑)」

Q5. なぜ渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎の3人が選ばれたのですか?
A5. 業績が広く認められており、かつ精巧な写真があるからです

――1万円札は渋沢栄一、5000円札は津田梅子、1000円札は北里柴三郎、なぜこの3人だったのですか?

「肖像を選ぶにあたり条件がありまして、ひとつは偽造防止という観点から、精巧な写真が入手できること。もうひとつは国民に広く知られており、かつ業績が広く認められていること。それから前回も前々回の改刷も、明治以降の文化人から選ばれておりまして、今回もその考え方を踏襲しつつ、最終的には財務大臣に選んでいただいたということです」

――どのくらいの候補から選ぶんですか?

「偽造防止という観点から、そこは申し上げにくいのですが……ひとつ参考となるのは日本史の教科書です。日本史の教科書を見て、どれくらいの認知度があるのか、業績がどれくらい認められているのかといったことを検討しています」

――人選にメッセージを込めるということはあるんですか? 例えば経済に力を入れていこうとか、女性に活躍してほしいとか。

「渋沢栄一さんは日本資本主義の父、津田梅子さんは女性活躍の先駆者、北里柴三郎さんは日本細菌学の父ともいわれる業績がありまして、そこにメッセージを感じる感じないは、みなさんそれぞれかもしれませんが、いずれも現代にも通じる課題に取り組んだ方々です」

Q6. 津田梅子の写真が裏焼きという噂の真相は?
A6. 裏焼きではありません

――津田梅子さんの写真が裏焼き(左右が逆)ではないかという指摘もありましたが、真相はどうなんですか?

「裏焼きということはないですね。そもそも特定の写真をそのままお札の肖像にするということはないんです。複数の写真を参考にしながら作成していきます。今回もその点に関してさまざまな報道が出ましたが、実際、津田梅子さんの写真は右向き、左向きが複数ありまして、それらを参考にしながら今回のイメージ図を作ったということになります。そして、いずれにせよ、印刷に使う最終的な原版については、今後工芸官が彫刻を行って作成するものです」

――写真を探すというのはかなり大変な作業ですか?

「業績がある方はだいたい資料館や記念館がありますので、そういったところに問い合わせるケースが多いですね。写真を借りるときに、『お札の候補になっている』という言い方はせず、写真から彫刻にする修練のために貸してくださいという言い方をします。実際、修練はしていますので」

Q7. 誰が彫っているんですか?
A7. 工芸官という職員です

「印刷局に所属している『工芸官』という職員です。印刷局の製品にはお札以外に切手や印紙などもありますので、そういったものも作っています。お札に関してはおよそ20年に一度、晴れの場があるので、そこを目指してずっと鍛錬をしているのです。彼ら工芸官の間で『針研ぎ3年、描き8年、美蘭咲くのは18年』という言葉があります。美蘭(びらん)というのはビュランという特殊な彫刻刀で、美しい蘭の花を彫れるようになるのに18年かかる、という意味です。熟達するのにはそれだけ時間がかかるということですね」

――彫る方はいま何人ぐらいいるんですか?

「たくさんはいないですね。何人いるかということは申し上げらないんですけれど……。誰が彫ったかということは秘匿情報です。私がお札を彫りましたなどと取材を受けるケースも、これまで聞いたことがないですね。偽造されにくいものを作るという目的もあり、明らかにしてしまうとリスクにはなりますので、そこは秘密ということにしてください」

 新紙幣が世に出るのは、2024年。実際どのような紙幣になるのだろうか。

写真=松本輝一/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)