中国で元SMAPメンバーたちを阻む「3つの壁」

中国で元SMAPメンバーたちを阻む「3つの壁」

©getty

 今年6月20日、稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾の3人が中国進出を検討していることが報じられ、芸能ニュースの話題をさらった。言うまでもなく、SMAPは昨年末に解散、彼ら3人については今年9月8日付けでジャニーズ事務所との契約を終了する意向を示している。

 日本側の芸能報道を総合すれば、3人の中国進出は元マネージャーの飯島女史と、その中国通人脈とされる人々が青写真を描いたという。SMAPは2011年9月16日に北京でコンサートを開いて3万人を動員し、日本人歌手としてはかなり良い発音で「夜空ノムコウ」や「世界に一つだけの花」を披露した実績もある。ゆえに元メンバー3人の再起を賭けた舞台に、中国が選ばれたというわけだ。

 もっとも、私がちょっと考えただけでもこの計画はかなり前途多難に思える。以下、彼らの前途を阻む3つの壁について指摘しておきたい。

■1.中国において日本のアイドルは「オワコン」

 SMAPのみならず、そもそも現代の中国において、日本の大部分の歌手や芸能人の人気は基本的に下火だ。若干の例外は一部の熱狂的なファンを抱えるAKB系や若手ジャニーズ系の数グループと、『名探偵コナン』の主題歌を歌い続ける倉木麻衣くらい。他には一部の有名AV女優がいる程度である(もっとも最近はAV女優ブームも下降気味だ)。

 過去の一時期(1990年代から2000年代前半まで)、中国でジャパニーズカルチャーが国民的な人気を博したことは事実である。娯楽の絶対数が少なく、いっぽうで中国政府による国民管理も官民の著作権意識も弱かった当時、『星の金貨』『ロングバケーション』『GTO』といった日本のドラマは、安価な海賊版の記録媒体を通じて全中国的に消費され、人気を集めた。当時、酒井法子・木村拓哉・反町隆史・松嶋菜々子らの顔と名前は、日本に何の興味もない田舎の人たちの間ですらそれなりに知られていた。

 これは歌手も同様だ。特に浜崎あゆみと宇多田ヒカルの2大巨頭の楽曲はほぼ中国の国内歌謡に近く、タクシーの車内や地方の駄菓子屋の店先でもよくかかっていた。中国のローカル系カラオケでも、歌詞をローマ字表記にした彼女らの曲が多数収録され、日本語がわからない中国人が歌うことも多かったと思われる。むろん、SMAPをはじめとしたジャニーズ系や小室ファミリー、90年代後半のヴィジュアル系バンドなどの曲も、往年の中国の若者の間ではそこそこ聴かれていた。

 だが、JポップやJドラマ業界が2000年代なかばから徐々に斜陽に差し掛かり、これと軌を一にして中国(というよりアジア全体)で日本人気が韓流人気に置き換わったことで、これらは過去の話に変わっている。現在の中国において、日本人の歌手や芸能人の知名度はパッとせず、また従来人気があった人たちもどんどん「過去の人」と化している。これはSMAPも例外ではない。

■2.SMAPは中国で人気がない

 加えてそもそも、日本での知名度や過去の業績というフィルターを取り去ったSMAPが、客観的に見て海外市場で人気を集められるほどの突出した魅力を持つ存在と言えるのかという問題もある。中国にも熱心なジャニーズファンはいるが、彼らが重視するのは1に若々しくて端正な美貌で、2に楽曲のキャッチーさ、言葉の壁も関係して近年のSMAPの売りであるトークや演技はそこまで評価しない。日本国内ではプレミア感がある元SMAPのメンバーも、多くの中国人から見れば「むかし美少年だった40代のおじさん」でしかないと言えば言い過ぎだろうか。

 事実、現在の中国のネット上におけるSMAPの人気度はジャニーズの後輩たちに負け、韓流スターたちとはすでに勝負にもなっていない。その事実は、中国の大手掲示板・バイドゥBBSにおける、それぞれのファンコミュニティのフォロワー数を比較するだけでも明らかだ。

<グループ>
SMAP …… 1万689人
Kis-My-Ft2 …… 1万6886人
Hey! Say! JUMP …… 3万614人
嵐 …… 27万292人
【参考】東方神起(韓流) …… 104万3652人
【参考】SUPER JUNIOR(韓流) …… 132万9544人

<個人>
木村拓哉 …… 25万2517人
中居正広 …… 3463人
稲垣吾郎 …… 1406人
草なぎ剛 …… 982人
香取慎吾 …… 1768人
【参考】蒼井そら(AV女優) …… 42万6285人
【参考】チャン・グンソク(韓流) …… 156万6710人

 ほか、中国最大の検索エンジン・バイドゥにおける検索度合い(ネット上での注目度)を示す「バイドゥ指数」の2011年以来のデータを見ても、やはりお寒い状況は変わらない。

 SMAPの最大指数が9300点で平常時の平均が1000点前後なのと比べ、例えば韓流のSUPER JUNIORは最大2万4900点で平均5000〜1万点ほど、チャン・グンソクは最大18万9400点で平均が1万点程度と、大きく水を開けられているのである。

 むしろ、2011年のSMAP北京ライブで3万人を動員したのは、彼らの現代中国における知名度からすればかなり健闘した結果だったとすら言えるだろう(もっとも、会場である北京工人体育場の最大収容人数は7万人なのだが)。

 往年の人気がまだ残る木村拓哉がピンでやるならばともかく、稲垣・草なぎ・香取の3人だけで中国進出というのは、よほどの強力な中国ナイズを徹底させる(3人揃って北京の下町言葉がペラペラになるなど)か、極端に話題性のある行動(南京事件の悪玉日本軍将校役を徹底して演じ切るとか?)でもしない限り、相当に前途多難であることは想像に難くない。

■3.日中間の政治状況の変化

 そもそも、2011年に「成功」したSMAPの北京ライブの性質も考えなくてはいけない。このライブは、翌年に日中国交正常化40周年を控えた両国が友好ムードを演出するために実施した外交的なセレモニーの一環であり、ライブ前には中国元国務委員の唐家センがメンバーを人民大会堂に呼んで会見するなど、かなりの政治的な意味合いを持っていた。

 ややきつい指摘をすれば、SMAPは中国側での人気はさておき、日本国内におけるパブリック・イメージが良好で芸能事務所の力も強いグループなので、日本の芸能・広告業界が外務省のお役人にプレゼンしやすい対象だった。ゆえに彼らは政府の日中友好外交政策に組み込まれて北京に行った――。これが日本側の事情なのだ。

 いっぽう、2011年当時の中国の指導者・胡錦濤は、日中友好に積極的だった彼の師匠格の胡耀邦とその派閥(共青団派)の影響もあり、基本的には日本に融和的な政治家だった。日本側ではあまり実感がなかったが、特に北京五輪があった2008年前後には中国国内の対日感情がかなり良好だった事実もある。2010年の尖閣諸島沖漁船衝突問題で日中関係は一時冷却化していたが、SMAPの北京ライブはこの緊張を解くための、対日融和ムードを示すイベントのひとつとして位置づけられていた。

 SMAPの北京ライブの「成功」は、日本側の広告会社や芸能事務所のパワーと、当時の中国側の指導部の意向を反映してもたらされたものだ。一般の中国人の支持とはほぼ無関係であり、中国国内の市場原理を純粋に反映した結果でもなかったのである。

 現在は習近平の時代となって久しい。中国の対日姿勢は基本的に厳しく、今後も習近平が権力を行使し続ける限り、胡錦濤時代までのような理想主義的で甘ったるい対日友好ムードが盛り上がる可能性はゼロに近い。政治状況が大きく変わった以上、SMAP元メンバーの3人がいまさら中国に行ったところで、往年のような当局からの優しいバックアップを期待しても望み薄であろう。言うまでもなく、中国において庶民層の人気がイマイチな有名人は、政治的に特別な引き立てでも受けない限りは決して成功できない。

 ……とまあ、第二の芸能人生のスタートを図る元メンバーたちには、ちょっと気の毒な話を並べてしまった。逆境を打ち破って新天地を切り開いてほしいと言いたいところだが、やはり元SMAPの3人は明らかに無理のある中国進出でわざわざ土をつけるより、従来の知名度を活かして日本での活動に専念したほうがより無難とも思える。日本の国民的アイドルグループは、良くも悪くもドメスティックな環境でこそ輝く人たちのはずなのだ。

(安田 峰俊)

関連記事(外部サイト)