「日本で大麻が合法になる日は来る?」大麻OKの米ポートランドで考えた

「日本で大麻が合法になる日は来る?」大麻OKの米ポートランドで考えた

©iStock.com

 昨今、日本では「大麻合法化」の意見が散見されるが、世界を見渡すと合法化に舵を切るところも少なくはない。例えば、アメリカ・オレゴン州ポートランドでは2016年にマリファナが合法化され、街の様子が変わってきているという。

『クレイジージャーニー』でもお馴染みのジャーナリスト、丸山ゴンザレス氏は最新著書 『世界の危険思想 悪いやつらの頭の中』 で世界各国の麻薬・売春・スラム街などを取材した成果をまとめている。この本のなかから、マリファナが解禁された直後のポートランドを丸山氏が訪れ、日本の大麻合法化について思いをめぐらす場面を紹介したい。

◆◆

■世界で巻き起こる「大麻合法化」の流れ

 政府の決定が状況を激変させることもある。それが昨今世界中で起きているマリファナの合法化である。センセーショナルに報じられることもあって、耳にしたことがあるかもしれない。ただ、日本国内での反応に実情とのズレがある。多くの人が事実を誤認しているのだ。それ自体が危険な考えというわけではないが、誤認による理解の生み出す結果はろくなものではない。そこで、私なりに現在起きている大麻合法化というのがいかなるものかを解説してみようと思う。

 まず、アメリカでの合法化の実態だが、マリファナの娯楽を含めた使用を解禁するかどうかを住民投票にかけているのだ。

 ここでポイントになるのは「娯楽」と「解禁」である。合法化の話を持ち出すと、そこかしこで大麻をくわえタバコみたいにできるようになるというイメージが先行するようだ。世紀末の無法状態デストピアでもあるまいし、いきなりそんなことにはならない。

 たとえば2016年11月のアメリカ大統領選挙と同時におこなわれた住民投票で賛成多数で可決したことで、2018年1月から解禁したカリフォルニア州の現状はどうかといえば、すでに路面店でマリファナが販売されている。もっと前から解禁されていた州のうちのひとつ、オレゴン州などはさらに興味深い状況にある。

■ポートランドに大麻の広告が……「合法化」で何が変わったのか

 私が取材した2016年の段階で、オレゴン州のポートランドでは娯楽用のマリファナが解禁されていた。路面店で堂々と販売されているだけではなく、幹線道路に広告看板が設置されていた。

 これは、販売網が整備されていて、生産者から販売までの経路が確保されているということである。完全に市場として成立しており、しかもその市場が一定程度の成熟を迎えているのがわかる。ポイントは広告があること。ライバル店があれば、競争が生まれるので広告も必要になるということなのだ。

 実際にポートランドを歩くと、青い十字の看板が目印になっている店があちこちにある。入り口では身分証を提示しなければならないが、外国人であっても未成年でなければ入ることはできる。店内は高級感と清潔感、そしてオシャレ感が漂っており、怪しげな雰囲気はない。むしろ小汚い格好をしているほうが浮く。

■スーツで「当店はオレゴン産のマリファナを取り扱っております」

 一見するだけでは取り扱っているものがマリファナだとはわからない店内に、ビシッとスーツを着たイケメン店員。

「本日はどのようなものをお求めですか?」

 きちんとした接客。ソムリエですか? と言いたくなる。

「当店はオレゴン産のマリファナを取り扱っております」

 こちらのペースに合わせながら丁寧に効能を説明していく様子は、高級なワインを扱っているかのようだった。

 店内にはタバコ状のジョイントだけでなく、ペンと呼ばれるリキッドをセットした電子タバコ型のマリファナや、クッキーやケーキ、ドリンクに加工されたものまで陳列されていた。すべてが合法で、店に入れた人は誰でも買うことができる。

 これがマリファナが娯楽用として解禁されたポートランドの実態である。

 ここまで自由にマリファナを扱うようになるまで、アメリカ国内でも様々な問題が起きていた。特に取り締まりのねじれは大きな障害であった。

■書店に並ぶ“マリファナ料理本”

 オレゴン州以外にも早くから解禁されていた州や、医療用の許可証を持っている人には販売する店を構えていた州もあった。ところが、州によっては認可されていたのに、連邦政府によって取り締まられるという矛盾が起きていた。これが問題にならないはずもない。これまで批判的だった世論は「賛成」へと大きく傾いていくことになる。

 住民投票で解禁されるということは、突如として店ができるのではなく、医療用や個人的な使用など、もともと市場として存在していたものを合法と認めるということなのだ。そこに娯楽性が加わるとどうなるか。料理やドリンクの材料にするような加工をしての販売が許されるわけだ。実際、ポートランドの書店ではマリファナ料理の本が販売されていて、思わず購入してしまった。日本に戻ったら使いみちがないのだが。

 ちなみにホテルの部屋で吸引すると、入り口のドアの隙間に「室内で吸ったら罰金取るからな!」という紙が差し込まれる。私が泊まっていた宿では、ほかの宿泊客が吸っているらしく、廊下を伝ってフロア全体に匂いが充満していた。そのせいで、本来見ることのない注意の紙を受け取ることになってしまったのである。

■「無農薬のマリファナのどこが体に悪いんだい?」

 さて、このようなアメリカの現状を受けて、日本における合法化はありえるのかを考えてみたい。

 結論から言ってしまうと私は難しいと思う。マリファナの是非をどうこういうつもりではない。かつて、ジャマイカの大麻農家取材の際に農園主から、「大地が育んだ無農薬で太陽の光を浴びた農作物であるマリファナに火をつけて吸うだけだ。これのどこに体に悪いことがあるんだ?」と、問いかけられてすぐに返事ができなかった。彼の論理は間違っていないし、健康に年をとっている彼を前にして何を言っても無駄だと悟った。それ以来というわけでもないが、私は大麻そのものを「悪」とはしないようにしている。

 この前提から私は日本における大麻の問題点というのは、現在、大麻を扱っている人、使用している人が「非合法」な存在であることにあると思っている。

■日本で大麻を入手できる人は、犯罪者にアクセスできる人

 時折、有名人が大麻の所持で逮捕されたというニュースを見かける。そのときに多くの人が思うことは、逮捕された人が裏社会と接点がある悪い人であるということではないだろうか。そのイメージは現在の日本では、間違ってはいない。

 他国がどのように大麻を扱おうと、日本国内では違法品である。非合法であるものを取り扱える人の心持ちがいかに善良であっても犯罪者であり、日本の国内にいる限り、その行為は許されない。

 大麻を入手できる人は、そんな犯罪者にアクセスできる人なのである。だから、今の日本では悪い人と見られてしまうし、「その通り、悪い人です」と言わざるをえない。

 日本では合法化論議をする際に大麻自体の効能や副作用の少なさを取り上げがちだが、本来はこの違法とされるルートを回避して、法律の範囲内で、どのように生産して流通させることができるのかを検討する必要がある。

 もし、本当に合法化させるとしたら、まずは大麻を違法に扱う人たちを排除して、医療用のみに使えるように徹底することが不可欠である。

 流通ルートの確保と同時に、医療的に本当に必要な人がいるのだという考えを共有するような広告や教育をする啓蒙活動も足並みを揃えていかねばならない。そして、実現するためには、大麻は必要なのだと国が認める決定をしないといけない。

■「草を吸うとハッピーになれる」だと合法化は無理

 自分でまとめていても、これは無理だなと思う。どうやって実現するかではなく、現状でそんなことを議論できる土壌すらないのだからだ。

 そうなると日本における大麻の合法化など「あるわけない」という筆者の意見もわかっていただけるのではないだろうか。

 これはまったくの私見ではあるが、日本で大麻合法化論が根づかない理由は、そもそも合法化を唱える人たちの主張が、「草(マリファナ)を吸うとハッピーになれる」とか「ストレスの解消に効果がある」「ほかのハードドラッグにいくぐらいならマリファナでいい」などなど、重点が置かれているのが、使用の先にある快楽だと透けて見えるからだと思うのだ。

 そして、彼らは身内的なグループで楽しむことまでしか考えていないので、政治的なアプローチとして合法化のためのロビー活動をすることもない。それどころか下手をすれば所持や販売をしていて逮捕されてしまうこともある。すでに何人もの有名人の顔が浮かんでいる人もいることだろう。逮捕されてしまうと、彼らが何を言おうとネガティブキャンペーンになるだけだ。

 結局、合法化論者は大麻に投影する思想に快楽しかないのだ。その一方で合法化論を推進する運動の足並みには統一感がない。特に合法化となると、そこにはあまりに多くの思惑が絡みすぎる。この絡みまくった糸(意図)をほぐして整理するところからスタートしないと、誤解が誤解を生んで、きっとろくな結末を迎えないんだろうなと思う。そんな最低な状況に至るような考えは、間違いなく危険なものといえるだろう。

(丸山 ゴンザレス)

関連記事(外部サイト)